お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 石膏ボードの処分方法を解説!ごみに出せない理由と知っておくべき注意点とは
コラム 更新日:2022年8月25日
公開日:2022年1月13日

石膏ボードの処分方法を解説!ごみに出せない理由と知っておくべき注意点とは

お片付けプリンス
廃棄する石膏ボードのイメージ写真

石膏ボードといえば、建物の壁や天井の下地に広く使われ、耐熱性と遮音性に優れていることもありDIYにも大活躍の資材です。

大掛かりなDIYをするときに困りがちなのが、石膏ボードの処分方法です。実際、どう処分すればいいの?とお悩みの方は少なくありません。

そこで今回は、石膏ボードの適切な処分方法についてご紹介します。他のごみと一緒に捨てられるのか、できるだけ簡単に処分する方法がないか等、詳しく解説します。

プリンスくん笑顔の横顔
昨今はDIYで使用する人も多い石膏ボード、実は処分にすごく困る代物です…。
プリンスくんが困った時のおすすめ石膏ボード処分方法をご紹介します!

石膏ボードを処分する際に知っておきたいこと

積み上げられた石膏ボードのイメージ写真

まずは、石膏ボードを処分するときに、必ず知っておきたい3つのポイントを確認しておきます。

DIYで使った石膏ボードも「産廃」扱い

石膏ボードを処分するとき、最初に覚えておきたいのが、石膏ボードは普通のごみ収集に出すことができないという点です。

一般的に家庭から出た廃棄物は自治体に収集してもらうことができますが、石膏ボードは「産業廃棄物」に分類されており、自治体では収集・処分していません。

小さくしたらわからないだろうからと、分解して普通ごみに混ぜて出すことももちろんNGです。

直接処理場に持ち込む場合はマニフェストが必要

自分で最終処分場まで持ち込んで、石膏ボードを処分することは可能です。ただし、処分場に持ち込む際は「マニフェスト」の作成が必要です。

マニフェストとは、産業廃棄物を処分するときに廃棄物の流れや処分の状態を明確にするための書類です。「産業廃棄物管理票」とも呼ばれ、現在は電子化も進んでいます。

法律によって作成すること、また記入事項が義務付けられていることから、処理場に持ち込む場合は必ず必要になるため、高いハードルとなります。

濡れた石膏ボードは処理費用が値上がりしてしまう

濡れた石膏ボードはリサイクルできず処分の手間がかかるため、処分費用が値上がりする傾向にあります。

石膏ボードの状態にもよりますが、取り外したあとに屋外へ置きっぱなしにしていたり、雨の中をむき出しのまま運搬したりしないよう注意が必要です。

乾いていても、一度濡れたことでカビが生えてしまっていれば、やはり処理にかかる費用は高くなります。

石膏ボードの正しい処分方法

クロスが破れて剥き出しの石膏ボードのイメージ写真

すでに解説した通り、石膏ボードは一般ごみで処分できないため、処分方法は自ずと限られます。

ここからは、石膏ボードの一般的な処分方法3つをご紹介します。

産業廃棄物処理業者に処分を依頼する

もっとも基本的な処分方法は、産業廃棄物収集運搬業者に処分を依頼する方法です。

産業廃棄物収集運搬業者とは、自治体から産業廃棄物収集運搬業許可を受け、法律を遵守したうえで適切に運ぶことができる専門業者です。業者に任せれば、マニフェストの作成から適切に対応してくれます。

注意点として、処理費用の他に運搬費用がかかるため、トータルの処分費用が高くなりがち。石膏ボードの購入費用より高くつく場合もあり、それなりの出費を覚悟しなければいけません。

最終処分場に直接持ち込む

石膏ボードは最終処分場に自分で持ち込んで処分を依頼することもできます。持ち込みであるため運搬費用がかからず、産業廃棄物処理業者に依頼をするよりは安く処分できます。

ただしすでに解説した通り、処分場に持ち込むにはマニフェストの作成等事務手続きが必要です。作成にかかるコストを考えると、必ずしも安上がりになるとは限りません。

また、石膏ボードの状態や数によっては持ち込みそのものが困難な場合もあります。

不用品回収業者に処分を依頼する

石膏ボードの処分方法の中でもとくに簡単かつ手軽なのは、不用品回収業者に処分を依頼することです。不用品回収業者の多くは産廃収集運搬の許可を持っているため、石膏ボードの処分も依頼できます。

不用品回収であれば、搬出から積み込み、処分まですべて代行してもらえ、面倒な手続きも不要です。注意点として、産廃処理費用は基本的に業者によって差はありませんが、作業費や運搬費といったところで料金に大きな差がつく場合があります。

不用品回収を利用する場合は、事前に見積もりを取って料金を確認しておくのがオススメです。また、産業処理が可能かどうかも、依頼の際に必ず確認しておきましょう。

石膏ボードの回収処分ご依頼・ご相談はこちら>>

石膏ボードを処分する際の注意点

紐で縛った廃棄する石膏ボードのイメージ写真

石膏ボードは処分方法が限られるだけでなく、その取り扱いにも十分な注意が必要です。

そこで最後に、石膏ボードを処分する際の注意点を3つご紹介します。

絶対に一般ごみとして排出しないこと

石膏ボードを処分するときに「細かく粉砕していればいいのでは?」「量が少ないから大丈夫でしょう」と考えて、可燃ごみ・不燃ごみなどと混ぜて排出することは違法行為です。

石膏ボードは取り扱いを間違えると、有毒な硫化水素を発生することがあります。それだけでなく、石膏ボードのなかには毒性の強いヒ素が含まれていることも。

厳重管理のもと処分しなければならない理由があるから、石膏ボードは産業廃棄物に指定されています。そのことをよく理解し、絶対に一般ごみと混ぜて排出しないようにしてください。

濡れると硫化水素が発生する恐れがあり放置は危険

石膏ボードは濡れることで硫化水素を発生させる恐れがあります。

石膏ボードが濡れる要因はさまざまですが、DIYの場合にありがちなのが使わなかった石膏ボードを屋外に放置してしまうこと。雨水に濡れたことが原因で、硫化水素が発生してしまうケースもあり得ます。

硫化水素の量によっては死に至ることもあり、子どもやペットがいる場合はとくに危険。不要になった石膏ボードは、放置せず速やかに処分しましょう。

粉々だったり他のごみと混ざっていると処理費用が上がる場合も

石膏ボードが粉々に砕けている場合、リサイクルができないことから処理費用が上がります。

また、木くず・紙くず・廃プラスチックなど他のごみが混ざっている場合、処分の際分別する必要があり、手間がかかることからやはり処理費用が高くなります。

処分にかかる費用を抑えたい場合は、石膏ボードをできるだけ砕かず、ほかのごみと混ぜないように気をつけましょう。

石膏ボードの処分方法まとめ

石膏ボードは、扱いによっては健康被害につながる大変危険な廃材です。DIYで石膏ボードを処分する場合は、できるだけ早く専門知識を持った業者へ引き渡すようにしましょう。

石膏ボードの処分方法として実はもっとも手軽なのが、不用品回収業者の利用です。都合のいい日時に自宅まで石膏ボードを引き取りに来てくれ、運び出しから代行してもらえるためスムーズな処分が可能。

DIYでは石膏ボード以外にも廃材がでがちですが、不用品回収ならそれらもすべてまとめて回収してもらえます。マニフェスト等の煩雑な手続きもいりません。

石膏ボードの処分に困った時は、産業廃棄物収集運搬業の許可を受けた不用品回収業者に相談してみましょう。

プリンスくん笑顔の横顔
石膏ボードを手軽に処分するなら産廃処理に対応する不用品回収の利用がもっともお手軽です。
お片付けプリンスでも石膏ボードの処分を受け付けております、お困りの際はぜひご相談ください!

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・神奈川エリア

  • 東京都
  • 神奈川県

■埼玉エリア

  • 埼玉県

■千葉エリア

  • 千葉県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■福岡エリア

  • 福岡県

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
処理困難物等その他の最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら