お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 石油ファンヒーターの処分方法を解説!残った灯油はどうすべき?
コラム 2022.04.02 08:00

石油ファンヒーターの処分方法を解説!残った灯油はどうすべき?

お片付けプリンス
石油ファンヒーターのイメージ写真

寒い季節に活躍する石油ファンヒーターも、故障したり古くなったりすると処分に困りがちです。使用中に動かなくなれば、灯油の処分も考えなければなりません。

本記事では、石油ファンヒーターの処分方法と処分時に知っておきたいポイントを解説します。石油ファンヒーターをどう処分するか迷っている人は、参考にしてください。

プリンスくん笑顔の横顔
北国を中心に根強い人気のある石油ファンヒーターですが、本体だけでなく残った灯油の処分に困る方が少なくありません。
プリンスくんと一緒に石油ファンヒーターの処分方法や残った灯油の取り扱いの注意点を見ていきましょう!

石油ファンヒーターの処分方法

不要になった石油ファンヒーターのイメージ写真

まずは、石油ファンヒーターの処分方法を具体的にみていきましょう。

自治体の粗大ごみ収集で処分する

石油ファンヒーターは、自治体の粗大ごみ収集に出して処分することができます。粗大ごみ収集は日本全国どの地域にもあるため、最も一般的な処分方法です。

通常は、数百円~1,000円程度で処分できます。なかには、粗大ごみの排出が無料の自治体もあり、いずれにしてもリーズナブルな金額で処分できる点が特徴です。

ただし、中の灯油は抜いたうえで、収集場所まで自力で運ぶ必要があります。抜いた灯油は別途処分しなければなりません。

家電量販店等の引取り・下取りサービスを利用する

家電量販店やホームセンターの引取りや下取りサービスを利用して、石油ファンヒーターを処分してもらうこともできます。

一部の家電量販店やホームセンターに限られますが、不要になった家電や家具の回収・処分代行を行っているところがあります。その対象品目に、石油ファンヒーターが含まれている場合があります。

家電量販店やホームセンターのサービスを利用する場合、処分料は2,000円程度が一般的。新しい商品の購入と引き換えに、処分料が無料になるところもあります。

店舗によって出張引取りの有無などサービス内容が異なるため、利用する店舗はよく調べてから決めましょう。

リサイクルショップ等に売却する

石油ファンヒーターは、リサイクルショップに売却することもできます。製造から5年以内の石油ファンヒーターであれば、値が付く可能性が十分にあります。

ダイニチ工業株式会社・株式会社コロナ・株式会社トヨトミといった人気メーカーのものは中古でもニーズがあるため、不要になったら早めに査定に出しましょう。一方、汚れや傷など状態の悪いものや無名メーカーのものは、売れにくい傾向にあります。

なお、自分で店舗に持ち込む場合、灯油が入ったままだと運搬時に危険なので、必ず事前に灯油を抜き取ってから運びましょう。

フリマアプリやオークションサイトを活用して売却する

リサイクルショップのほかにも、フリマアプリやオークションサイトを活用して石油ファンヒーターを売却する方法があります。暖房器具は寒い季節に欠かせないアイテムなので、中古品でも常に一定の需要があります。

ただし、石油を使う石油ファンヒーターは危険物として扱われており、通常の荷物と同様には送ることができません。ヤマト運輸・郵便局では配送そのものを受け付けておらず、大手では佐川急便しか利用することができません。

佐川急便を利用する場合も、中の灯油は事前に抜いておく必要があります

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼して、石油ファンヒーターを処分することもできます。不用品回収業者は、要らないものを自宅まで引き取りに来てくれるサービスです。

他の処分方法では必ず中の灯油を抜き取って別々に処分を進める必要がありますが、不用品回収業者なら灯油が入ったままの石油ファンヒーターでも処分を依頼できる場合があります。

不用品回収であればその他の不用品も種類を問わずまとめて処分できるため、引越しや断捨離など処分したいものが複数ある際にもおすすめです。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

石油ファンヒーターの知っておきたい豆知識

石油ファンヒーターから灯油を抜くイメージ写真

ここで、石油ファンヒーターの処分に迷った際に知っておきたい豆知識を紹介します。

石油ファンヒーターの寿命は6〜8年が目安

製品や使用状況にもよりますが、石油ファンヒーターの寿命は6~8年が一般的です。

製品には、標準使用期間として記載されています。石油ファンヒーターを処分するか迷ったら、この標準使用期間(寿命)を1つの目安にしてみましょう。

石油ファンヒーターの場合、標準使用期間を超えて使用すると、経年劣化によって発火や怪我などの事故につながるリスクがあるとされています。

こんな症状が出てきたら早めに処分の検討を

石油ファンヒーターに下記のような症状が出たら故障している、または使い方が間違っている可能性があります。

  • 異音・異臭がする
  • 点火できない
  • 灯油のにおいが強くする
  • ヒーターが温まらない

故障や劣化が原因と思える場合には、早めの修理もしくは処分を検討しましょう。

石油ファンヒーターを処分する際に大切なポイント

石油ファンヒーターの灯油を廃棄するイメージ写真

最後は、石油ファンヒーターを処分するときに重要なポイントをまとめて確認しておきましょう。

中の灯油は処分の前に使い切るか抜いておく

石油ファンヒーターが故障したり古くなったりと処分を考えたら、まずは中に入っている灯油を抜きましょう。

石油ファンヒーター内の灯油はスポイトで抜き取ることができますが、本体の構造上外から見えない部分に灯油が残っている可能性があります。

最後に、タンクを傾けて灯油がすべて抜けているか確認しましょう。

灯油は劣化するため置いておかずに廃棄が安全

石油ファンヒーターから抜き取った灯油は、劣化する前に使い切るか、廃棄するようにしましょう。

灯油は長期保管したり、保管方法を誤ったりすると劣化して使えなくなってしまいます。劣化した灯油は、異常燃焼を起こしたり、一酸化炭素が発生したりする危険性があるため絶対に使わないようにしてください。

灯油を保管するときは、紫外線を通しにくい色が付いた灯油用ポリタンクに入れて、火気・雨水・日光を避けた屋内に置きます。灯油の変質を防ぐために、ポリタンク用カバーの使用もおすすめです。

売却するならシーズン前の秋がおすすめ

石油ファンヒーターの売却を考えている場合は、シーズンに配慮することでより高値で売れる可能性があります。

石油ファンヒーターは冬に重宝されるアイテムなので、本格的に寒くなる前に購入したいと考える人が多くいます。

そのため、一般消費者の購入ニーズが高まる前の「秋」に売れやすい傾向があります。

石油ファンヒーターの処分方法まとめ

石油ファンヒーターの処分方法は、自治体の収集や家電量販店などの下取り・引取りサービスの利用、売却などさまざまあります。ただしいずれも、石油ファンヒーターの灯油を抜いてから、処分を進める必要がある点に注意しましょう。

抜いた灯油に火気が近づけば引火するリスクがあるため、適切に保管しなければなりません。また、灯油は経年劣化するため、抜き取った灯油は早めに使い切るか、廃棄するようにしましょう。

一方、できるだけ簡単に石油ファンヒーターを処分したいという場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。灯油が残ったままの石油ファンヒーターでもそのまま引き渡すことができるため、灯油を抜き取ったり別途処分したりする手間を省けます。

プリンスくん笑顔の横顔
灯油が残ったままの石油ファンヒーターはどうしても処分が難しくなります。
お片付けプリンスでは灯油が残った石油ファンヒーターも回収可能です、お困りの際はぜひご相談ください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)
  • 和歌山県北西部(一部地域除く)

※滋賀県からのご依頼・ご相談は「東海・滋賀エリア」窓口にてお受けいたします。

■関東エリア

  • 東京都
  • 千葉県(一部地域除く)
  • 埼玉県(一部地域除く)
  • 神奈川県(一部地域除く)

■北関東エリア

  • 栃木県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 福島県

■東海・滋賀エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 滋賀県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら

最新の投稿

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

月別アーカイブ

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら