お片付けプリンスブログ

ホーム > お片付けプリンスブログ > コラム > 扇風機のおすすめ処分方法と処分時の注意点を詳しく解説
コラム 2021.08.23 11:00

扇風機のおすすめ処分方法と処分時の注意点を詳しく解説

お片付けプリンス お片付けプリンス
処分したい扇風機のイメージ写真
0

夏になると大活躍する、家電の代表格「扇風機」。
手ごろな価格で購入でき、電気代もリーズナブルなため、多くの家庭で使用されています。

近年は羽のない扇風機も登場した他、携帯型の小型扇風機も多数販売されており、改めて人気が高まっている家電製品です。

そんな扇風機ですが、適切な処分方法はご存知でしょうか?
シンプルな構造のためか頻繁に壊れる家電ではなく、「適切な処分方法がわからない」という方も少なくありません。

そこで今回は、扇風機の一般的な処分方法や処分時の注意点をご紹介します。
処分方法を選ぶ際のポイントも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

プリンスくん笑顔の横顔
羽のない扇風機は発表時話題になりましたね、エアコンとセットで使うという方も珍しくありません。
プリンスくんが扇風機のおすすめ処分方法や注意点を解説します!

扇風機の一般的な処分方法

不要になった扇風機のイメージ写真

扇風機の一般的な処分方法には、以下の4つが挙げられます。

  1. 自治体の粗大ごみ収集を利用して処分
  2. 家電量販店の下取りや引取りサービスを利用
  3. リサイクルショップやフリマアプリを活用して売却
  4. 不用品回収業者に処分を依頼

一つずつ解説していきます。

自治体の粗大ごみ収集を利用して処分

扇風機のもっとも一般的な処分方法は、自治体の粗大ごみ収集を利用することです。

自治体の粗大ごみ回収は、費用に一部税金が使われているので、料金が安いことが大きなメリット。
自治体が処分を行うので、不法投棄されない安心感もあります。

注意点として、自治体によって粗大ごみの定義や排出ルールは大きく異なります。
扇風機のサイズによっては小型家電に分類され、収集ではなくリサイクルボックスでの回収となる場合も。

自治体の広報やホームページを確認し、それでも分からない場合は直接電話で処分方法を確認しましょう。

家電量販店の下取りや引取りサービスを利用

扇風機を新しく購入する場合、家電量販店や一部のお店やネットショップで下取りサービスを利用できる場合があります。

下取りなら、古い扇風機を処分できる上に新しい扇風機を安く購入できるので、一石二鳥です。
また、買い替えなしで引取りだけを受け付けてくれるお店もあります。

注意点として、サービスを利用するにはほとんどの場合一定の条件があります。
事前にホームページを確認したり直接問い合わせをして、サービスの利用条件を確認しておきましょう。

リサイクルショップやフリマアプリを活用して売却

扇風機をリサイクルショップやフリマアプリで売却することで、費用をかけずに処分することも可能です。
最新モデルや人気ブランドの扇風機であれば、高値での売却も期待できます。

注意点として、売却できる扇風機は状態がよいものが大前提。
将来的に売却したいと考えている場合は、普段から綺麗に使うことを心掛けていきましょう。

またフリマアプリ等を利用する際は、すぐに買い手が見つからない場合があることにも注意しましょう。
梱包や配送も必要になるほか、取引の中でトラブルが発生するリスクも十分に認識しておく必要があります。

不用品回収業者に処分を依頼

扇風機の処分は、不用品回収業者を利用することでも可能。

不用品回収とは、不用品の梱包解体から搬出まで、処分にかかる作業を一括で行ってくれるサービスを指します。
電話やネットから簡単に申し込みができる、土日祝日も回収に対応してくれる、即日の回収も可能等、自治体の収集と比較すると時間のない場合や急を要する場合に大変便利です。

他の処分方法と比べて処分費や運搬費、出張費等がかかる場合が多く、かかる費用は若干高くなりがちです。
その代わり、当日不用品が増えても対応してもらえる他、利用するプランによっては不用品の数が多ければ多いほどお得に処分が可能です。

複数の扇風機があり自力での処分が難しい場合、ほかの不用品もまとめて処分したい人にはおすすめの方法です。

扇風機を処分する際の注意点

携帯小型扇風機を使う人のイメージ写真

扇風機は家電製品の中では小型で作りもシンプルですが、処分の際にはいくつかの注意点があります。

具体的には、以下の点に気を付ける必要があります。

  1. 分解して不燃ごみで出せるかは自治体次第
  2. バッテリー内蔵の携帯用扇風機は一般ごみで捨てると危険
  3. 売却したい場合は状態やブランド、売りに出す季節に要注意
  4. 事業で使用した扇風機は産業廃棄物扱い

一つずつ解説していきます。

分解して不燃ごみで出せるかは自治体次第

比較的小型の扇風機であれば、分解して小さくすれば不燃ごみで排出できる場合があります。

ここで注意したいのが、自治体によって一般ごみの処分ルールが全く異なる点。
ある自治体では不燃ごみとして排出できても、別の自治体では「分解しても粗大ごみ扱い」という場合もあります。

扇風機を分解して不燃ごみとして廃棄できるかどうかは、広報やホームページをチェックしたり、直接自治体に問い合わせて確認しましょう。

バッテリー内蔵の携帯用扇風機は一般ごみで捨てると危険

昨今、歩きながら使える携帯用扇風機が人気です。
電池を入れて使用するものもあれば、バッテリー式で充電して繰り返し使えるものもあります。

ここで注意したいのが、バッテリーは適切な処分方法を行わないと大変危険です。
小さいからとバッテリー式の携帯用扇風機を一般ごみとして出してしまうと、爆発などの事故に繋がる恐れや、環境破壊につながるリスクがあります。

バッテリーが取り外しできないタイプの携帯用扇風機は、分解して別々に廃棄するか、まとめて処分が可能な業者に廃棄を依頼しましょう。
また、自治体によっては小型家電のリサイクルボックスで処分できる場合もあります。

売却したい場合は状態やブランド、売りに出す季節に要注意

扇風機を売却するなら、状態が良いものであることが大前提です。
汚れがひどかったり破損している場合は、例え有名ブランドの製品でも、大幅に査定額が下がったり買取を断られる可能性があります。

また、扇風機は必要となるシーズンが限られているため、‎売る時期にも注意が必要です。
冬に売却しようとしても需要がなく、とくにフリマアプリ等の個人取引では買い手がつかない可能性があります。

早めに買い手を見つけたい、できるだけ高値で売りたい場合は、夏場がおすすめです。

事業で使用した扇風機は産業廃棄物扱い

事務所やオフィス、工場などで使用した扇風機は、家庭用であっても「産業廃棄物」となります。
産業廃棄物扱いの扇風機は、原則一般ごみとして排出はできません。

どのように廃棄すればいいのか分からない場合は、自治体に問い合わせれば業者を紹介してもらえます。
また、不用品回収業者でも回収してくれる場合がありますので、急ぎの場合は問い合わせてみることをおすすめします。

扇風機の処分方法を検討する際のポイント

扇風機を廃棄処分するイメージ写真

扇風機の処分方法はここまでご紹介してきた通りですが、状況や事情により適した処分方法は異なります。

扇風機の処分方法を選ぶ際は、以下のポイントを踏まえて検討するといいでしょう。

  1. 扇風機1つだけを廃棄するなら自治体の粗大ごみ収集が安上がり
  2. 買い替えなら家電量販店の下取りサービスを活用
  3. 急ぎで処分したい、他の不用品とまとめて処分したいなら不用品回収が便利

一つずつ解説していきます。

扇風機1つだけを廃棄するなら自治体の粗大ごみ収集が安上がり

処分したい扇風機が1つだけであれば、自治体の粗大ごみ収集が最も安上がりです。

扇風機1台程度なら、収集場所まで運ぶのも難しくありません
小型家電としてリサイクルボックスに持ち込むなら、無料での処分も可能です。

数が多くなく運搬も容易、急を要せず多少手間をかけても大丈夫なのであれば、まずは粗大ごみとしての処分を検討してみましょう。

買い替えなら家電量販店の下取りサービスを活用

扇風機を買い替えるために古い扇風機を処分したいという場合には、家電量販店等の下取りサービスがおすすめです。

古かったり壊れていても下取りしてもらえる他、お店によっては新しい扇風機の値段から値引きしてもらえる場合もあります。

ただし、サービスを受けられる条件は、購入前に必ず確認しておきましょう。

急ぎで処分したい、他の不用品とまとめて処分したいなら不用品回収が便利

急な引っ越し等の事情ですぐに処分したい、何台かの扇風機をまとめて廃棄したい、といった場合は不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収業者であれば、即日回収も可能な他、日時指定も受け付けてくれます。
搬出からすべて代行してくれるため、梱包や運び出しといった手間もありません。

手間なしに今すぐ扇風機を処分したい、他の不用品もまとめて処分したい方は、不用品回収業者の利用を検討しましょう。

扇風機の処分方法まとめ

扇風機を1台だけ処分したい場合には、粗大ごみとしての処分が一般的。
自治体によっては収集までに時間がかかりますが、コストは安上がりです。
運ぶ手間がかかってもいいなら、直接持ち込みやリサイクルボックスの利用も選択肢の一つです。

買い替えの場合は、量販店などの下取り・引き取りサービスを活用できるとお得です。
利用には一定の条件がある場合がほとんどのため、事前に必ず確認しておきましょう。

人気ブランドかつ状態がよければ、売却も視野に入れましょう。
ただしネットオークションやフリマアプリを活用する場合は、梱包や配送の手間がかかる点に注意が必要です。

複数の扇風機をまとめて処分したい、他にも処分したい不用品がある、事業で使ったもので自治体の収集を利用できないといった場合には、不用品回収の利用が便利です。
他の処分方法と比較すると料金はかかりますが、運び出し等の手間もなく即日の処分も可能です。

扇風機は小さな家電で処分も難しくなさそうですが、処分に困る状況も全くないとは限りません。
状態や台数、処分までの期限等も考慮の上、ベストな処分方法をしっかりと検討しましょう。

プリンスくん笑顔の横顔
事業で使用した扇風機や、昨今よく見かける携帯型扇風機の処分は要注意です!
台数が多い、事業で使用していた、まとめて急ぎで処分したいといった場合には不用品回収の利用もご検討ください!
   不用品・粗大ゴミ処分回収のお片付けプリンス 対応エリアはこちら

出張見積無料・最短即日30分

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

お片付けプリンスのパックプランはまとめて処分が断然お得。
軽トラ詰め放題パックなら軽トラに詰めるだけ詰んで12,000円〜から。※パックプランおよび回収料金は地域・回収量によって異なります。不用品の一括処分はもちろん、引越しや遺品整理、生前整理もお気軽にご相談ください。

0

最新の投稿

タグ一覧

月別アーカイブ