お片付けプリンスブログ

ホーム > お片付けプリンスブログ > コラム > 生前整理と遺品整理はどう違う?生前整理を業者に依頼するメリットを詳しく解説
コラム 2021.01.28 10:00

生前整理と遺品整理はどう違う?生前整理を業者に依頼するメリットを詳しく解説

お片付けプリンス お片付けプリンス
1+

終活という考え方が浸透しつつある昨今、亡くなったあとの家族への負担を軽減するために、生前整理を行う方が増加傾向にあります。

しかし、生前整理をなんとなく検討していても、実際に行うにはどのように進めればいいのかわからない方もいるかと思います。

この記事では、生前整理とはそもそもどのようなことを指すのか、遺品整理との違いや生前整理を行っておくことのメリットについて見ていきましょう。

プリンスくん笑顔の横顔
遺品整理と生前整理にはどんな違いがあるのか、専門の業者に依頼した方がいいのか、プリンスくんと一緒に生前整理と遺品整理について知っていきましょう

生前整理とは?

生前整理とは、生きているうちに自分の身辺のさまざまなことを整理し、分配や処分を行う終活の一例です。
亡くなってから家族に任せるよりも、自分のものは自分の手で取捨選択したいという方にも支持されています。

生前整理よりも早い段階で整理を行う「老前整理」という考え方もあり、元気なうちに自分の手で整理を行う趣旨としては同じものといえるでしょう。

生前整理では、資産の整理と荷物・持ち物の断捨離を行うことが一般的とされています。

財産の配分について意思表示しておく資産の整理

生前整理の一環として財産の配分について意思表示を行い、遺書として残しておくことができます。

預貯金だけではなく株や土地などの資産から、借金などのマイナスの資産についても整理しておくことが大切です。

老後に必要な資産をすべて配分してしまうのではなく、亡くなったあとの配分をスムーズにすることを意識して整理を行う必要があります。

住んでいる家の荷物や持ち物を整理する断捨離

資産の整理以外で重要になるのが、荷物・持ち物の整理です。
長年溜め込んでしまったものや思い入れのあるものなどを必要に応じて処分し、できるだけ量を少なくしておくことを生前整理といいます。

「生前整理は人生の整理」と言われるほどなので、思い入れのあるものを取捨選択する作業が一番大変な部分です。
可能であれば家族と一緒に行うなど、自分の死後に家族へと引き継ぐものとそうでないものに分けて考える必要があります。

生前整理と遺品整理の違い

生前整理と遺品整理は、断捨離や整理整頓を行うという趣旨において、違いはありません。

具体的にどのような部分が異なるのか、遺品整理はどのように行うのか、という点について確認していきます。

整理を行う人やタイミングの違い

生前整理と遺品整理の一番の違いは、整理を行う人が異なるという点です。
生前整理は所有者本人の手で行いますが、遺品整理は所有者が亡くなったあとに家族などの親族が行います。

整理を行う人や所有者の生存時・死去後でタイミングが異なるため、遺品整理の負担が大きいと見込まれるときは生前整理をしておくと安心です。

大きな家具など、自力で搬出するのが困難なものの場合や、分別作業に人手が必要なケースでは不用品回収業者などに依頼することもできます。

遺品整理は遺言状などを元に行うことも

生前整理は所有者本人の意思を確認しながら、取捨選択や配分を行うことが可能です。
一方で遺品整理の場合、取捨選択できる本人が亡くなっている状況になるため、遺言状などを元に譲り先や処分について確認しながら作業を行う特徴があります。

引き取る家族がいない単身者や生前整理ができていない突然死などのケースでは、生活ごみなども処分する必要がでてきます。
そのような場合も業者に依頼することで、短時間のうちに処分ができるようになるでしょう。

生前整理を行うメリット

生前整理を行うメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、生前整理を行っておくことの利点や効果、業者に依頼するメリットについて紹介します。

家族の遺品整理負担を軽減できる

生前整理をまったく行っていないまま亡くなると、家族に遺品整理の負担が重くのしかかります。
量が多かったり、遺言の確認が必要になるなど、整理作業に必要以上の時間を要するためです。

また、単身生活者の場合は、家まるごと不用品の処分や引き払う作業が必要になると考えられます。

整理を行う家族の人数が少ない場合や整理すべきものの量が多いケースでは、家族にかかる負担も大きくなってしまいます。
アルバム整理や衣類の断捨離、必要のない家具の処分など、少しずつ生前整理を進めておけば、家族の負担を大幅に軽減できる利点があります。

遺産などの配分で揉めずに済む

生前整理によって遺産などの配分方法についても、明確に意思表示して遺言を残せていれば、遺産の配分で家族がもめることを防ぐことができます。

預貯金のみであれば人数で割ることもできますが、不動産などはそのまま住み続けるのか、売却するのか希望が割れてしまう可能性があります。
そのため、物の整理と同時に遺産の配分について検討し、公的な遺言書として残しておくことが重要だと考えられます。

老後の転倒リスクを下げられる

長く住み続けている家や溜め込み癖がある人などは、荷物や物が家の中に溢れかえっていることがあります。

老後になって体が不自由になってくると、物につまづいて転倒する例も少なくありません。
転倒による骨折から筋力が落ち、寝たきりになってしまうケースもあるため、生前整理によって荷物を減らしておくことはこのようなリスク回避にも役立ちます。

業者に依頼すれば搬出や分別作業も任せられる

生前整理のメリットについて触れてきましたが、生前整理を業者に依頼することにも多くの利点があります。

大きな家具や家電などの搬出作業を業者に任せられる、分別作業のサポートが受けられるなど、よりスムーズに作業を進めることが可能になります。
また、弊社「お片付けプリンス」であれば、化学塗料や発火物以外のどんなものでもまとめて回収可能です。

粗大ごみとして出さなければならないような家具や、リサイクルの依頼が必要な家電、分別が必要な資源ごみなど、どんなものでもまとめて処分できます。
量が多く、人手が必要な場面や大型の処分物がある場合には、ぜひご相談いただければと思います。

遺品整理・生前整理のご相談はお片付けプリンスまでお気軽にお問い合わせください

遺品整理や生前整理では、不要になるものの種類が多く、自力で分別・搬出・処分までを行うのは難しい場合があります。
予期せぬタイミングで処分が必要になった場合など、心構えがないまま作業を行おうとすると判断力や決断力が欠乏し、思わぬ被害や怪我を招いてしまうかもしれません。

遺品整理・生前整理の作業にかかる負担を専門業者への依頼によって軽減しながら、元気なうちに身の回りの整理整頓を始めてみてはいかがでしょうか。
お片付けプリンスでは、遺品整理・生前整理のプロが直接伺うので、安心してお任せいただくことができます。

不用品の搬出や分別作業はもちろん、運び出せないような大型家具を2階から吊り下げて搬出することも可能です。
また、大量の不用品を処分したい場合に便利な、軽トラ・2tトラックに積み放題のパックなど、積載量に合わせた柔軟なプランもご用意しています。

遺品整理・生前整理でお悩みの方、ぜひお気軽にお片付けプリンスまでお問い合わせください。
経験豊富なプロの担当者が責任を持ってご相談をお受けいたします。

プリンスくん笑顔の横顔
遺品整理も生前整理も、自分たちだけでやり切るのは大変です。
どうすればいいのかお悩みの方、ぜひお気軽にお片付けプリンスまでお問い合わせください。
不用品・粗大ゴミ処分回収のお片付けプリンス 対応エリアはこちら

出張見積無料・最短即日30分

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 軽トラ詰め放題12,000円から

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

お片付けプリンスのパックプランはまとめて処分が断然お得。
軽トラ詰め放題パックなら軽トラに詰めるだけ詰んで12,000円〜から。
不用品の一括処分はもちろん、引越しや遺品整理、生前整理もお気軽にご相談ください。

1+

最新の投稿

タグ一覧

月別アーカイブ