お片付けマッハくん > お片付けマッハくんブログ > コラム > マッサージチェア6つの処分方法と注意点 売却の判断ポイントも解説

マッサージチェア6つの処分方法と注意点 売却の判断ポイントも解説

更新日:2024.1.18|公開日:2023.12.21

マッサージチェアは大きく重いものが多いため、捨てるだけでも簡単ではありません。場合によっては売却も可能なので、不要になった際の扱いについてはよく検討したいところです。

本記事では、マッサージチェアの処分方法と処分時の注意点をまとめてお伝えします。

マッハくん笑顔の横顔
マッサージチェアは重量によって処分方法が異なります。
マッハくんがマッサージチェアのおすすめ処分方法や注意点を詳しく解説します!

この記事で分かること

  • マッサージチェアは粗大ごみに分類される
  • 重量制限によって自治体では引き取ってもらえない場合がある
  • 大型のマッサージチェアは自力での運び出しが困難
  • 運び出しから任せられる不用品回収がおすすめ

マッサージチェアを自治体の収集で処分するには

マッサージチェアを自治体のごみ収集を利用して処分するときのポイントを確認しましょう。

  1. 粗大ごみに出す
  2. 多くの自治体で収集には「重量制限」がある
  3. 収集場所までの運び出しは自力で行う

粗大ごみに出す

マッサージチェアは、粗大ごみとして自治体のごみ収集に出すことができます。

粗大ごみの定義は自治体によりさまざまですが、1辺の長さが30cm以上あれば粗大ごみに該当するのが一般的です。

そのため、全身マッサージチェアから、通常の椅子の上に置いて使用する小型タイプまで粗大ごみに含まれます。

多くの自治体で収集には「重量制限」がある

マッサージチェアは粗大ごみに含まれますが、重たすぎるものは収集対象外となる可能性があります。

多くの自治体は大きすぎるもの・重たすぎるものを収集の対象外としています。100kgを超えるような高機能マッサージチェアの場合、制限を受けて粗大ごみとして処分できないことも考えられるため要注意です。

収集場所までの運び出しは自力で行う

粗大ごみとして収集できるマッサージチェアでも、自治体に回収を依頼する場合は収集場所までの運び出しは自力で行わなければなりません。

大きく重たいマッサージチェアであれば、階段を持って降りたり数百メートル運んだりするのは簡単ではありません。

少し間違えれば、大けがをするリスクもあります。自治体のごみ収集に出すときは、安全に運び出しができるよう配慮が必要です。

マッサージチェアの自治体以外の処分方法

マッサージチェアを自治体以外のサービスを使って処分したい場合は、以下の5つの方法があります。

  1. リサイクルショップや買取業者に売却する
  2. 家電量販店の回収サービスを利用する
  3. ネットオークションに出品する
  4. マッチングサービスを利用して譲渡先を探す
  5. 不用品回収業者に回収してもらう

リサイクルショップや買取業者に売却する

マッサージチェアはリサイクルショップや家電買取業者に売却処分することができます。

メーカーや年式、状態によって買取の可否は変わるものの、出張査定・買取がある業者であれば自宅まで引き取りにきてくれるので運び出しに対する心配はありません。

家電量販店の回収サービスを利用する

家電量販店によっては処分家電の回収サービスを提供している場合があります。

家電量販店の場合、新しく同等程度の商品を購入すれば、処分料の割引があったり、配送料を節約できたりする可能性があります。

ただし、サービスの有無やサービス内容はお店によってそれぞれ異なるため注意しましょう。

ネットオークションに出品する

ネットオークションを使えばマッサージチェアを売却できるかもしれません。

買取業者などに売れなかったものでも買い手が付く可能性があります。

ただし、サービスによっては医療機器扱いになり、出品が不可になる場合がある点には十分注意しましょう。

オークションサイトの規約違反を行うとアカウント停止になるなどのリスクもあるため、規約をよく読み、ルールは守って出品しましょう。

マッチングサービスを利用して譲渡先を探す

ジモティーなどのマッチングサービスを利用して、譲渡先を探すという手もあります。

売却できるかはわかりませんが、たとえ無償で譲渡することになっても処分料をかけずに手放せる可能性はあります。

譲り先を決めるときは、運び出しや運搬の方法や費用についても考慮しましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に依頼すれば運び出しから対応してもらえるため、マッサージチェアを処分したいときは、不用品回収業者に回収を依頼するのも選択肢の1つです。

都合の良いタイミングで作業をお願いできるため、引っ越しなどで急いでいる場合でも労力をかけずに短時間で処分を完了させられます。

マッサージチェア以外の不用品についても一緒に回収してもらえる点も魅力です。

マッサージチェアの回収ご依頼・ご相談はこちら>>

マッサージチェアを処分する際の注意点

マッサージチェアを処分するには、いくつか注意点も存在します。

  • マッサージチェアの売買は届出が必要
  • 重量があるため無理な運び出しは禁物
  • 自力での解体は難易度が高い

マッサージチェアの売買は届出が必要

マッサージチェアの多くは管理医療機器に該当します。

実は、管理医療機器を販売する場合、販売業の届出が必要です。家庭用マッサージ機は管理医療機器に該当します。

そのため、メルカリは「管理医療機器」出品不可、モバオクは「管理医療機器であるかによらず」出品不可です。

出品ができるフリマサイト・ネットオークションを利用したとしても、届出を出さずに販売すれば医薬品医療機器等法第39条の3第1項に違反する恐れがあります。

重量があるため無理な運び出しは禁物

大型のマッサージチェアは50~90kg程度とかなりの重量があります。

これだけの重量の場合、持ち上げるだけでも足腰を痛めたり落としてけがをしたりするリスクが高くなります。落下したり引きずったりすれば、家が傷つくこともあるでしょう。

重たいマッサージチェアの場合は、無理に自分で運び出そうとせず、プロに任せることをおすすめします。

自力での解体は難易度が高い

重たいからと解体して排出しようと考える人もいるでしょう。

しかし、素人が解体するには構造が複雑で、使用されているパーツの数もかなりのもの。さらにヒーターやもみ玉もあり、多様な工具が必要になることが予想されます。

普段から電子機器を解体しているという人でない限り、自力での解体は難しいと考えましょう。

マッサージチェアは売れる?売れない?判断するポイント

マッサージチェアは、販売価格が高いこともあり、できれば売却したいと考える人は多いでしょう。

ここでは、マッサージチェアが売れる・売れないかを判断するポイントをお伝えします。

  1. 動作に問題のない大手メーカー品は売れる可能性大
  2. 販売価格が高いものや多機能モデルは高額査定を期待できる
  3. 故障や傷・汚れのあるものは値がつきにくい
  4. 製造から5年〜10年経過したものはほぼ売れない
  5. 事業で使用したマッサージチェアは事業系ごみ

動作に問題のない大手メーカー品は売れる可能性大

動作に問題なくきれいな状態を保っている、大手メーカーの品であれば値が付く可能性が高いです。

マッサージチェアの大手メーカーには、パナソニック・フジ医療器・ファミリーイナダ・アテックスなどがあります。

年式・状態をクリアしているのであれば、一度は査定に出しておきたいところです。

販売価格が高いものや多機能モデルは高額査定を期待できる

一般的に、新品の販売価格が高いもの・多機能モデルは、中古でも高く売りやすいため、買取価格も高くなる傾向があります。

マッサージチェアには100万円以上するものもあるため、高級なモデルであればそれだけ高価買取が期待できます。

故障や傷・汚れのあるものは値がつきにくい

ただし、故障しているものや傷・汚れが取れないものに関しては、値がつきにくくなります。

一方、修理できる程度であれば、故障していても買い取ってもらえる可能性はあります。

故障の原因や程度、業者によって買取の判断が変わってくるため、とくに高級なマッサージチェアの場合は一度査定に出しておくほうが安心でしょう。

製造から5年〜10年経過したものはほぼ売れない

マッサージチェアは古くなればなるほど性能が劣る、修理のための部品が手に入らなくなるなどの理由から売れにくくなります。

目安は製造から5~10年程度です。期間に開きがあるのは、メーカーによって修理の対応や備品、オプション品の販売期間が異なるためです。

たとえ状態が良くても、古くなったマッサージ器は売れにくいと覚えておきましょう。

事業で使用したマッサージチェアは事業系ごみ

事業用として使用したマッサージチェアは、種類を問わず事業系ごみに分類されます。

事業ごみとしてマッサージチェアを処分する場合、産業廃棄物となるため粗大ごみや一般ごみとして処分することはできません。

そのため、産業廃棄物収集運搬業の認可を受けている業者に依頼して回収してもらいましょう。
不用品回収業者に依頼する場合、産業廃棄物の収集に対応している業者か確認することが大切です。

家庭用・医療用ともに回収可能、産業廃棄物収集運搬業の許可を受けている、など依頼する業者が対応しているごみの種類を事前にチェックしておきましょう。

マッサージチェアの処分まとめ

最後に、マッサージチェアの処分方法や処分時の注意点などをまとめてみましょう。

  • マッサージチェアは粗大ごみに分類される
  • 重量制限によって自治体では引き取ってもらえない場合がある
  • 大型のマッサージチェアは自力での運び出しが困難
  • 運び出しから任せられる不用品回収がおすすめ

マッサージチェアは基本的には自治体の粗大ごみ収集に出すことができますが、重量制限によって引き取ってもらえない場合があります。

重量がある場合、自力での搬出はほぼ困難です。床や壁を傷つけたり、ケガをする恐れがあるため、運び出しの時点から業者への依頼をオススメします。

また、マッサージチェアは高価な家電なので、売却を考えている人も多いでしょう。

しかし、家庭用マッサージ器の販売には届出が必要な点に留意が必要です。医療機器の取り扱いは法律によって厳しい規制があるため、法律違反をしないよう十分に注意しましょう。

マッサージチェアの処分にお困りならお片付けマッハくんにおまかせください

不用品回収のお片付けマッハくんでは、マッサージチェアの回収処分を最短当日から承ります。訪問お見積りは完全無料、電話・メール・LINEから手軽にご依頼いただけます。マッサージチェアの処分にお困りの際は、ぜひご相談ください。

マッサージチェアの回収ご依頼・ご相談はこちら>>

マッハくん笑顔の横顔
マッサージチェアは重量によっては自治体で処分できない場合があります。お片付けマッハくんではマッサージチェアの回収処分も最短即日から承ります、お気軽にご相談ください!

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けマッハくん 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けマッハくんなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

お片付けマッハくん > お片付けマッハくんブログ > コラム > マッサージチェア6つの処分方法と注意点 売却の判断ポイントも解説

【大型家具・寝具】カテゴリ新着記事

最新の記事

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら