お片付けプリンスブログ

ホーム > お片付けプリンスブログ > コラム > 布団はこうして処分しよう!適切な処分方法と買い替え処分時期の目安を解説
コラム 2021.11.22 12:00

布団はこうして処分しよう!適切な処分方法と買い替え処分時期の目安を解説

お片付けプリンス お片付けプリンス
畳んだ布団のイメージ写真
1+

ボリュームが落ちてペラペラになってきた、引っ越しに伴って買い替えることになったなど、布団を処分する機会は意外に身近なものです。

いざ布団を処分することになった時、どのような方法で廃棄もしくは譲渡売却すれば良いのでしょうか?

この記事では、布団の一般的な処分方法や廃棄せずに手放す方法、買い替えを判断する目安についてご紹介します。

プリンスくん笑顔の横顔
不要になった布団、処分に困って押入れの中にしまいっぱなしにしていませんか?
プリンスくんが布団のおすすめ処分方法や布団の寿命、買い替え時期の目安を解説します!

布団の一般的な処分方法

使い古した布団のイメージ写真

まずは、布団の一般的な処分方法をご紹介します。

処分する布団のサイズや枚数など、状況に合わせて処分方法を選択しましょう。

自治体の粗大ごみ収集で処分

もっともスタンダードな方法として、布団は自治体の粗大ごみ収集で処分できます。
収集料金は自治体によって異なるので、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

敷布団、掛け布団、毛布など、個別に処分費用が必要になるところもあれば、複数枚まとめて一律料金内で回収してもらえる自治体もあります。
たとえば、大阪市では4枚まで200円、兵庫県明石市では2枚まで300円となっています。

布団を粗大ごみとして処分する場合は、電話やホームページ等で申し込みを行います。
料金の支払い方法は自治体によりますが、多くの自治体では粗大ゴミ処理券を購入する形で支払います。

指定された回収日に合わせて処理券を布団に張り付け、回収場所に出しておきましょう。

小さく切って可燃ごみとして廃棄

布団を粗大ごみとして出す手間や費用を抑えたい場合には、小さくカットして可燃ごみとして処分する方法があります。
やはり自治体によって条件は異なりますが、指定ゴミ袋に収まるサイズや一辺の長さが30cm以下のものは、可燃ごみとして処分できる場合があります。

注意点として、布団をカットすると中身の綿からホコリが舞い上がり、作業中に吸い込んでしまう恐れがあります。
マスクやゴーグルなどを着用して作業を行う、綿やホコリが舞っても問題ない場所で作業するなど、作業環境には注意してください。

舞い上がるホコリの中にはダニやハウスダストが多く含まれているため、それらにアレルギーがある方にはこの処分方法はオススメできません。

買い替えの際お店に引き取りを依頼

布団を買い替える際、お店に引き取りを依頼して処分することができる場合もあります。

特定の商品を購入すれば、古い布団の引き取りが無料になることも多く、買い替えを検討しているのであれば検討してみると良いでしょう。

しかし、買い替えせずに処分だけを行う場合には、引き取ってもらえなかったり、別途引き取り費用が必要になったりすることがあります。
そのような場合には、処分に掛かる費用などを比較検討しながら処分方法を選択しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼

布団の処分は、不用品回収業者に依頼することも可能です。
不用品回収業者であれば、布団と同時に枕、布団袋、シーツなどの付属品、さらには他の家具や家電等の不用品もまとめて回収してもらうことができます。

処分したい布団の数が多い場合や、引越し等の事情で布団の処分を急いでいる方にもオススメです。

ただし、不用品回収業者に依頼する時は、業者選びに注意しなければなりません。
不法投棄を行っていたり、見積り額以上の金額を請求したりするような悪質な業者に依頼しないよう、十分注意してください。

布団を廃棄せずに手放す方法

袋に入った布団のイメージ写真

購入してから比較的間のない布団や、購入したもののずっと押し入れにしまい込んでいた布団は、「処分するにはもったいない」と感じる方もいるでしょう。

そのような場合には、布団を廃棄せずに手放す方法もオススメです。

ここからは、布団を廃棄せずに手放す方法として、売却や譲渡する際のポイントを紹介します。

リサイクルショップやフリマアプリを活用して売却

状態の良いものや未使用でしまい込んでいた布団であれば、リサイクルショップやフリマアプリを活用して売却できます。

ただし、汚れや破損などで状態の悪い布団は買い取ってもらえないことが多く、可能な限り綺麗にしておく必要があります。

フリマアプリで売却する場合は、配送料が出品者負担になることが多いため、圧縮して発送するなどコンパクトにして送料を抑えましょう。
また、売却時には布団の汚れや破損個所をしっかりと提示し、購入者が把握できるように配慮することも大切です。

寄付を募る団体に譲る

布団は、寄付を募っている団体に譲渡する形で手放すこともできます。
発展途上国や動物愛護団体への寄付など、布団を必要としている団体がないか確認してみると良いでしょう。

寄付する際の注意点は、布団の寄付を募っているか確認した上で譲渡することです。
寄付を求めていない団体に、一方的に送りつけてはいけません。

また、サイズや汚損状態、量などを含め、募集に沿う布団だけを譲渡に出す必要があります。
明らかに廃棄すべき状態だと判断できるような、古い布団を送ったりしないように注意しましょう。

布団の処分や買い替えを検討すべき目安

布団を広げているイメージ写真

布団は長く使えるものが多いですが、寿命を迎えたものはやはり買い替える必要があります。

寿命かどうか、性能が劣化しているかどうかの目安は布団の種類によっても異なるので、一度使っている布団の状態をチェックしてみてはいかがでしょうか?

一般的な寿命は掛布団5年、敷布団3年、羽毛布団10年

一般的には、布団の寿命は掛け布団が「5年」、敷布団が「3年」といわれています。
また、羽毛布団の寿命も「10年~15年程度」といわれており、長く使い続けたい場合は定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

羽毛布団は、羽毛の洗浄を行って除塵(ホコリや皮脂を取り除く)し、打ち直してもらうリフォームを活用することもできます。
布団に使用されている素材はさまざまあり、羽毛以外には羊毛、綿や化学繊維などが一般的です。

材質や使い方、洗濯の頻度、価格帯などによっても寿命は異なりますが、数年経ったものは一度買い替えを検討してみましょう。

掛けても寒い、寝ていて痛いと感じたら買い替えのサイン

布団は、期間だけでなく使用感で買い替えるべきか判断することもできます。

掛け布団は、掛けても寒く何枚も掛け布団が必要になってしまうようになったら、買い替えを検討すると良いでしょう。
敷布団は、いわゆる「せんべい布団」と呼ばれるような、弾力や厚みを失って平らになった状態が買い替えの目安です。

「寝ていて痛い」「朝起きると体に痛みを感じる」ようなときは、敷布団の買い替え時期と判断しても良いかもしれません。

ウレタンや低反発布団の寿命も3~5年程度

ウレタンや低反発布団は、マットレス代わりにして使用している方も多いと思います。
これらの寿命も約3~5年といわれており、掛け布団や敷布団と同様に買い替えが必要になるものです。

ウレタンや低反発布団は、凹みが生じてもゆっくりと元に戻る特性がありますが、同じ場所に圧力が掛かり続けると戻らなくなります。
長く使い続けたい場合は、裏表を入れ替えて使用したり同じ場所で寝続けないよう分散させるなどして、寿命を伸ばしましょう。

一度凹んでしまったものは、自然に元に戻ることはありません。性能の低下が感じられた時は、買い替えをオススメします。

布団の処分は可燃ごみか粗大ごみで!不用品回収業者もうまく活用を

布団の処分は、可燃ごみもしくは粗大ごみとして処分する方法が一般的です。
ただし、小さくカットする際には、中身が飛び散ることを想定して作業する必要があります。

買い替えなら引き取りサービスを、状態の良いものであれば寄付を受け付けている団体に提供するのもオススメです。

「急ぎで処分したい」「まとめて処分して欲しい」という場合には、不用品回収業者もうまく活用しましょう。

布団は、枕やシーツ、保管しておく布団袋、冬用・夏用布団など、まとめて処分しようと思うと意外に量があるものです。
処分したい布団の量や付属品の有無などを踏まえ、処分方法を検討してみてはいかがでしょうか。

プリンスくん笑顔の横顔
布団を処分するとなると、大抵枕やシーツ、袋などもまとめて処分することになります。
お片付けプリンスなら布団はもちろん枕やシーツ、布団袋、布団乾燥機等も全部まとめて回収可能です、お困りの際はご相談ください!

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

お片付けプリンス対応エリア一覧

■京阪神エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■関東エリア

  • 東京都
  • 千葉県(一部地域除く)
  • 埼玉県(一部地域除く)
  • 神奈川県(一部地域除く)

お片付けプリンスと提携するあなたの街の優良不用品回収業者がお見積り・回収を担当します。
単品回収から詰め放題パックプラン、家一軒丸ごとの回収まで、不用品・粗大ゴミ回収のお悩みはお片付けプリンスにお任せください!

※各種パックプランおよび回収処分の料金は地域・回収量によって異なります。不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
1+

最新の投稿

タグ一覧

月別アーカイブ

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら