お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > ピアノの処分方法を解説!処分時に知っておきたい豆知識とポイントとは
コラム 更新日:2022年7月7日
公開日:2022年3月26日

ピアノの処分方法を解説!処分時に知っておきたい豆知識とポイントとは

お片付けプリンス
古いピアノのイメージ写真

ピアノは大きく重たいため素人が搬出することは難しく、処分方法にお困りの方も多いのではないでしょうか。多忙などの理由でなかなか処分手配に時間を割けない方も多いでしょう。

ピアノの処分方法を考える際、一体どのような判断基準で検討すれば良いのでしょうか?

この記事では、とくにアップライトピアノやグランドピアノの処分方法を選ぶ際のポイントや、一般的な処分方法、注意点について紹介します。

なお、電子ピアノの処分方法は以下の記事にて詳しく解説しています。電子ピアノの処分にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

電子ピアノ・エレクトーンのおすすめ処分方法

プリンスくん笑顔の横顔
ピアノは大きいことはもちろん200kgを超える重量があり、とても素人だけで処分できるものではありません。
プリンスくんがピアノの処分方法の選び方や注意点を解説します!

ピアノの処分方法

処分したいアップライトピアノのイメージ写真

まずは、ピアノの適切な処分方法と、それぞれの特徴について解説します。

買取専門店に売却する

ピアノを処分したい場合、売却して手放すことがスタンダードな方法の一つです。とくにピアノの買取専門店であれば、自宅まで引き取りに来てもらえるため、自力で搬出する負担もありません。

基本的にアップライトピアノやグランドピアノに限られますが、有名な楽器メーカーの製品や、比較的新しいもの、破損しておらず状態の良いものであれば、まずは売却を検討してみるといいでしょう。

友人知人に譲渡する

弾かなくなったピアノを友人や知人に譲渡するのも、スタンダードな手放し方の1つです。「まだまだ使えるのにもったいない」と感じるのであれば、友人や知人に欲しい人がいないか聞いてみると良いでしょう。

ただし前述の通り、ピアノを運び出す際には大がかりな搬出や運搬作業が必要になります。譲渡するのであれば、友人や知人宅までの運搬費をどちらが負担するか等、しっかりと相談と取り決めをしておくことが大切です。

ネットオークションやフリマアプリで売却する

不要なピアノをネットオークションやフリマアプリで売却するのも、処分方法の1つです。製品の状態やメーカーによっては、ピアノ専門業者に売却するよりも高値がつくことがあります。

ただし譲渡と同様、搬出や運搬、運送にかかる費用の負担が発生する点に、よく注意しなければなりません。運搬作業などにかかる費用が売却額を上回らないように上乗せするか、購入者に負担してもらうなどの対策が必要になります。

不用品回収業者に依頼して処分する

不要になったピアノは、不用品回収業者に処分を依頼することも可能です。

ピアノを処分したいという理由の中には、古すぎたり状態が悪く使い物にならないとか、引っ越しや退去の事情で処分せざるを得ないというものも少なくありません。そういった状況の場合、売却や譲渡といった手段の利用は難しくなります。

しかし不用品回収業者であれば、種類や状態を問わず回収してもらえます。自宅まで回収に来てくれるだけでなく、解体や搬出も全て依頼できます。

ピアノと一緒に、他の不用品をまとめて処分してもらうことができる点もメリットです。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

ピアノの処分方法を選ぶ際に知っておきたいこと

グランドピアノのイメージ写真

ピアノの処分方法を選ぶ際には、事前に確認しておきたいポイントがいくつかあります。

そこでここからは、処分を予定しているピアノの種類や状態の確認方法など、処分方法を検討する際に確認したいポイントを解説します。

処分したいピアノの種類を理解しておこう

ピアノの処分を考える際は、まずご自身のピアノの種類を理解しておくことが大切です。処分方法によっては、ピアノの種類ごとに扱いが異なっていたり、処分費用に差が出たりするためです。

ピアノは、大きくわけて3種類あります。

  • グランドピアノ
  • アップライトピアノ
  • 電子ピアノ(エレクトリックピアノ)

グランドピアノはコンサートホールなどでも見られるようなタイプのもので、水平方向に響板があるのが特徴です。サイズも大型になるため、処分時には大がかりな搬出作業が必要になります。

アップライトピアノは家庭でも良く見られるタイプのピアノで、地面に対して垂直方向に弦が張ってあるものです。グランドピアノと比べてサイズが小さいことから、設置スペースも抑えられます。

電子ピアノは、電力を必要とするタイプの製品です。デジタル化された音色が特徴で、製品によってはさまざまな楽曲を再生できるものや、楽曲に合わせて鍵盤が光るものなどもあります。アップライトピアノに近い形状のものだけでなく、キーボードタイプの製品があることも特徴です。

なお、シンセサイザーやエレクトーンなども大枠では電子ピアノ(もしくは電子オルガン)に分類されます。

ピアノの設置場所によっては解体が必要な場合も

ピアノは電子ピアノを除くと基本的に大型で重量もあるため、設置場所によっては処分時に解体が必要になることもあります。

搬出作業時に部屋や玄関のドアを通らなければ、解体しなければ運び出しは困難です。ただし、部屋の作りによっては、窓から吊り下げて搬出できる場合もあります。

なお、専門業者にピアノの処分を依頼する場合、解体や搬出以外にピアノ運送費が必要になることもあります。

200kgを超える重量があり自力での運搬は困難

一般的に、電子ピアノを除くグランドピアノやアップライトピアノなどは、重量が200kg以上になるため自力での運搬はほぼ困難です。グランドピアノの中には、400kgを超えるようなものもあります。

また、搬出中に家の壁や床に傷をつけてしまったり、場合によっては搬出作業を行う人が怪我をする恐れもあるでしょう。

そのため、ピアノを処分する際には、基本的に自力で搬出しようとせず、専門業者に依頼することを前提に検討することをおすすめします。

ピアノの処分方法を考える際のポイント

不用品のピアノを運び出すイメージ写真

ピアノの処分方法を考える際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

「予定していた処分方法で手放すことができなかった」という事態を回避するためにも、処分方法を決定する前に注意点を確認しておきましょう。

基本的に自治体ではピアノの収集を受け付けていない

ピアノの処分は、基本的に自治体の粗大ごみ収集サービスを利用することが困難です。

粗大ごみは原則として、回収場所まで自力で搬出することが求められます。しかし、アップライトピアノやグランドピアノなどの場合、重量もあるため搬出できないことが多いでしょう。

また、ピアノは多くの自治体で「処理困難物」に含まれており、収集の対象外品目に指定されています。自治体の収集で処分しようと考える場合は、まず自治体のサイトや広報で事前に確認しておくことが大切です。

ただし、キーボードなどの電子ピアノであれば、粗大ごみとして処分できる場合もあります。処分したいピアノの種類や、自治体のごみ処理場等の事情によって、取り扱いが大きく異なる点によく注意しましょう。

古すぎたり音が鳴らない等完全に壊れていると値がつかないことも

ピアノの売却を検討している場合、きちんとピアノの鍵盤すべての音が鳴るかを確認することが大切です。

鍵盤の音が数個程度鳴らないという場合でも、売却できる可能性はあります。しかし、完全に音が鳴らないものや古すぎるものは、買取時に値段が付かないかもしれません

「売却を予定していたのに買い取ってもらえず、急に処分手配が必要になった」ということにならないためにも、状態はきちんとチェックしておきましょう。

買取業者によっては値がつかないピアノでも引き取ってくれる

買取業者の中には、値が付かないピアノでも引き取ってくれるところがあります。

ただし、ピアノに値段がつかなければ処分時にかかる諸費用が発生する可能性があるため、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

場合によっては、買取業者に処分を依頼するよりも不用品業者の方が安く済むかもしれません。そのため、売却時に値段がつかないのであれば、処分方法を再度検討し直すことも大切です。

すぐに処分したいなら不用品回収も選択肢、解体や搬出も依頼できる

ピアノをすぐに処分したい、他の不用品もまとめて引き取ってもらいたい、という場合には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

処分時の解体や搬出も依頼できるため、作業に対応できる人手や時間、日数が限られている場合にも適しています

業者によっては解体や吊り下げに対応できないところもあるので、依頼の際に対応可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

ピアノの処分方法と注意点まとめ

ピアノは、基本的に自治体のごみ回収サービスなどを利用して引き取ってもらうことができません。そのため、専門業者に解体や搬出作業を含めて引き取りを依頼する必要があります。

サイズが大きく数百kgあるピアノを自力で運び出して処分することは、困難です。ピアノの状態によっては買取専門店に売却し、引き取ってもらうと良いでしょう。買取専門店の中には、買取価格がつかなかった古いものや破損しているピアノでも引き取ってもらえることがあります。

ピアノの解体処分や搬出作業は不用品回収業者にも依頼できるため、売却できなかった場合や急ぎで処分をしたい場合には、不用品回収の利用も検討しましょう。

プリンスくん笑顔の横顔
ピアノの処分といえばまずは売却を思い浮かべますが、不用品として処分できることも覚えておいて損はありません。
お片付けプリンスではピアノの回収処分のご相談も大歓迎です、お気軽にお問い合わせください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・神奈川エリア

  • 東京都
  • 神奈川県

■埼玉エリア

  • 埼玉県

■千葉エリア

  • 千葉県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■福岡エリア

  • 福岡県

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
粗大ゴミの最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら