作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 姿見や鏡台など鏡のおすすめ処分方法を紹介、割れた鏡の前処理も解説
コラム 2020.08.27 10:00

姿見や鏡台など鏡のおすすめ処分方法を紹介、割れた鏡の前処理も解説

お片付けプリンス お片付けプリンス
0

引っ越しや断捨離などで、「鏡」を処分したいときに困るのが分別と排出の方法です。
姿見や、鏡台など大きな物になれば、なおさらその処分方法に悩むでしょう。

そこで、今回は鏡を処分するときに知っておきたい豆知識や、処分時の注意点について解説します。
大きかったり重かったりで自力での運び出しが難しい場合や、割れていて運搬に危険が伴う時のおすすめ処分方法も紹介しているので、参考にしてください。

プリンスくん笑顔の横顔
姿見などの大きな鏡、処分できずに家に置きっぱなしな方も意外と多いのではないでしょうか。
この記事では鏡のおすすめ処分方法もご紹介していますので、ぜひご覧ください!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム

鏡は何ごみ扱いになる?自治体によって大きく異なります

まずは、鏡を自治体の収集に出す際に、何ごみとして扱えばいいのかを確認しましょう。

ただし、ごみの分別・排出ルールは自治体や地域ごとに異なります。
何ごみとして排出したらいいのかはっきりわからない場合は、役場の事業課や、清掃課、業務課など担当部署に問い合わせてみましょう。

市区町村によっては、分別ガイドブックが作成されており、鏡の分類が確認できる場合もあります。

小さな鏡の分類

鏡は、銀の薄い膜とガラス板が合わさってできています。
ほとんどがガラスなので、通常の回収では「燃えないごみ」や「資源」に分類されます。

ただし、ごみの分別は、自治体によって異なるため、名称が違う場合もある点には注意が必要です。
卓上ミラーや手持ち鏡など小さな鏡であれば、自治体の分別ルールに従って、燃えないごみ、または資源として排出してください。

大きな鏡の分類

鏡のなかには、姿見・鏡台・パネルミラー・三面鏡など、大型の物もあります。

大型の鏡を排出する場合、多くの地域では「粗大ごみ」に分類しています。
粗大ごみの定義も自治体によって異なるため、何cmの物から粗大ごみに該当するのか確認が必要です。

粗大ごみの収集方法は、自治体によってさまざまですが、有料かつ予約制を導入しているところが多い傾向にあります。
一方で、対象の日付や曜日に排出しておけば無料で収集してくれる地域もあれば、自ら処理場への持ち込みが必要な地域もあります。

引っ越しなど処分までの期限が決まっている場合は、早めにお住まいの地域の収集ルールを確認しておきましょう。

割れてしまった鏡を取り扱う際の注意点


割れた鏡を処分したい場合は、細心の注意が必要です。

割れた鏡は、要は割れたガラスなので、少し触れるだけでも切ったり破片が刺さったりする可能性があります。
そのため、割れた鏡を処分する時は、必ず前処理を行いましょう。
その際、厚手のゴム手袋を身に付け、破片を吸い込まないように必ずマスクを着用してください。

割れた鏡の前処理手順

まず、割れた鏡を紙や布で包みます。
破片が飛び散ったり、うっかり触ったりしないように包み込んでください。

大きな鏡の場合は、それ以上割れないように、ヒビが入っている部分にテープなどを貼りましょう。
これは、排出する側の安全を守るのはもちろん、収集してくれる業者の安全を守ることにつながります。

自治体によっては、「品物名」や”危険”などの「注意書き」、”ワレモノ”などの「割れていること」を明記するよう指定されていることがあります。
また、通常の鏡は「資源」、割れている鏡は「燃えないごみ」など、割れの有無で分別する品目が異なる自治体もあります。

割れた鏡を出すときは、安全と排出ルールの両方に配慮してください。

再利用できそうな鏡は売れることも!

鏡の状態によっては、リサイクルショップ・フリマアプリ・オークションサイト・フリーマーケットなどで買い取ってもらえる可能性があります。
再利用できる品であれば、使ってくれる人の手元に届けるほうが、環境に優しく、使えるものを捨てる罪悪感も小さくなります。

また、下記のような鏡であれば、高額な値段が付く場合もあります。

  • ブランドの物の鏡
  • 人気のデザイン
  • 限定デザインの鏡
  • アンティークの鏡

上記以外の鏡でも、新品同様の状態であれば、それなりの値が付く可能性もあります。
時間に余裕がある場合は、買取査定に出してみましょう。

運び出しが困難・不用品が他にあるなら不用品回収業者がおすすめ


「自分で運び出すのが難しい」「他にも不用品がある」という場合には、不用品回収業者に回収を依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者がおすすめの理由は?

鏡を自治体の収集に出して処分する場合、運び出しは自分で行うことが原則です。
そのため、大きな鏡を処分する場合は、途中で割ってしまったり、重い鏡の運び出しで腰や腕を痛めてしまったりするリスクがあります。

しかし、不用品回収業者に頼めば、運び出す手間や労力、時間が一切必要ありません。
業者に依頼して、運び出しから処分まで任せることができます。

引っ越しや断捨離、結婚などで他にも不用品がある場合は、あわせて引き取ってもらうことも可能です。
スムーズに、安全に鏡を処分したい場合は、不用品回収業者を検討してみましょう。

業者を選ぶときの注意点

不用品回収業者の中には、搬出後に法外な金額を請求してきたり、押し買い行為を行うような悪質な業者も存在します。
回収した不用品を不法投棄される恐れもあり、そういった業者に依頼しないよう注意が必要です。

不用品回収業者を選ぶ時は、インターネット等で実績や料金プランを明示しているかを確認し、必ず事前に見積もりを取るようにしましょう。
見積もり後の回収を約束している、追加料金なしを明記しているかも大事なチェックポイントです。

鏡を処分するときは安全に配慮を、不安な時はお片付けプリンスにご相談ください

鏡を自治体の収集に出す場合、地域によって分別・収集ルールが大きく異なります。
安全と決められたルールに十分配慮して、処分するようにしましょう。

もし運び出しが困難であったり、割れてしまっていて自力での搬出に不安がある場合は、お片付けプリンスにご相談ください。
お片付けプリンスなら、安全に最大限の配慮を行った上で、鏡や姿見、鏡台などサイズや状態を問わず回収を承ります。
分別解体・梱包から運び出しまで全て代行するから、怪我などの心配もありません。

対応エリアなら当日中に見積もり・回収に伺いますので、引っ越しや急な事情による処分にも対応可能。
お得な定額プランなら、同時に他の不用品を回収してもお値段変わらずで大変お得です。

鏡や姿見、鏡台の処分にお困りの方は、ぜひお片付けプリンスまでお問い合わせください。

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

プリンスくん笑顔の横顔
お片付けプリンスなら種類、状態を問わずどんな鏡も即日回収可能!
割れた鏡もしっかり養生した上で回収するから安全です、お気軽にお問い合わせください。
  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム
0