お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 豊島区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順・メリット&デメリットまとめ

豊島区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順・メリット&デメリットまとめ

更新日:2022.6.21|公開日:2020.4.1
東京都豊島区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順をまとめました

粗大ごみっていつどうやって回収してくれるの?
粗大ごみを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ごみの処分方法って、意外とわからないもの。自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ごみの種類は異なります。

今回は、東京都豊島区の粗大ごみの出し方を詳しくご紹介。申し込み方法から出し方、回収にかかる料金、豊島区に申し込んだ場合のメリットとデメリットまで、徹底解説いたします。

豊島区で粗大ごみや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

プリンスくん笑顔の横顔
不用品回収のお片付けプリンスです!
プロの目線から東京都豊島区の粗大ごみ収集ルールやメリット・デメリットを解説します!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

※本記事は2022年4月時点の情報を元に作成・更新しています。最新の情報は自治体の公式Webサイトにてご確認ください。

東京都豊島区の粗大ごみ回収

はじめに、豊島区のごみ分別方法と、粗大ごみの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ごみとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

豊島区のごみ分別方法

豊島区では、ごみを5種類に分けています。

燃やすごみ

生ごみ、皮革類、ゴム類、紙おむつ・生理用品、少量の木の枝・草花、食用油(廃食油)、クッション、ぬいぐるみ(30cm以下のもの)、汚れた紙類や布類が、燃やすごみに該当します。

燃やすごみを出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 生ごみは水きりを十分にして新聞紙などに包んで出す
  • 靴、かばん、ベルトなど、金具はできるだけ取り外して出す
  • ホースは50cm未満の長さに切ってから出す
  • 木の枝は長さ50cm未満、太さ10cm未満に切って出す

資源(びん・かん・ペットボトル類)

食品用・飲料用のびん、かん、ペットボトル、プラスチック容器・トレーなどが、資源(びん・かん・ペットボトル類)に該当します。

資源(びん・かん・ペットボトル類)を出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 金属のふたは「金属・陶器・ガラスごみ」、プラスチックのふたは「燃やすごみ」へ出す
  • 中身をよくすすいでから出す
  • 汚れのついたびん・缶や食品・飲料用以外のびん・缶、割れたびんは「金属・陶器・ガラスごみ」へ出す
  • プラスチック容器は中身をすすいでキャップを外して出す

資源(紙・布類)

新聞(折込チラシも含む)・雑誌・本、牛乳やジュースの紙パック、段ボール・厚紙製の箱・包装紙、古布が、資源(紙・布類)に該当します。

資源(紙・布類)を出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 新聞、雑誌、本は十字にしばって出す
  • 紙パックは中身をすすぎ、開いて乾かしてから出す
  • 段ボールは粘着テープは取り除き、開いてから十字にしばって出す
  • 古布のボタンやファスナーはそのままで、透明または半透明の袋に入れて「古布」と書いて出す

金属・陶器・ガラスごみ
金属類、陶器・ガラス類、刃物類、化粧品・薬品のびん、金属製のふた、汚れているびん・缶、スプレー缶・カセットボンベ・ライターなど、水銀を含む製品・電球・蛍光灯などが、金属・陶器・ガラスごみに該当します。

金属・陶器・ガラスごみを出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 陶器・ガラス類、刃物類は新聞などに包んで「キケン」と表示して出す
  • スプレー缶・カセットボンベ・ライターはなるべく使いきって、別の袋に入れ「カセットボンベ」等わかるように大きく書いて出す
  • 水銀を含むごみは他のごみと別の袋に入れ「水銀体温計」等中身がわかるように大きく書いて出す
  • 電球・蛍光灯を出す場合は取り替えた空ケースなどに入れて出す

粗大ごみ

ここまでご紹介した4種類に含まれないごみが、豊島区では粗大ごみとして扱われます。

豊島区の粗大ごみの定義

豊島区では、粗大ごみを以下のように定義づけています。

  • 一辺が30cmを超えるもの

主な品目例として、自転車、カーペット、タンスなどが挙げられます。

豊島区では回収してもらえないもの

豊島区では、以下のようなものは回収してもらえません。

  • 家電リサイクル法の対象品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機など)
  • パソコン
  • 事業者が事業活動に伴って生じた廃棄物
  • ピアノ、耐火用金庫、消火器、コンクリートブロック、ガスボンベ類、自動車やオートバイのタイヤ・バッテリー等の適正処理困難物
  • 長さがおおむね210cmを超えるもの

直接持ち込みたい場合の方法

豊島区では、粗大ごみの持ち込み処分は行われていません。

どうしても戸別収集を利用できない場合は、不用品回収等他の処分方法を利用しましょう。

東京都豊島区の粗大ごみ回収申し込み

豊島区の粗大ごみ回収の概要がわかったところで、次は具体的な申し込み方法について見ていきましょう。

申し込み方法

他の自治体同様、豊島区でも粗大ごみの回収には事前申し込みが必要です。

粗大ごみ回収の申し込みの流れは、以下の通りです。

  1. 申込専用電話またはインターネットから申し込む
  2. 粗大ごみの品目を伝え、収集日・有料粗大ごみ処理券の枚数などを確認する
  3. 必要枚数分の有料粗大ごみ処理券を購入する
  4. 有料粗大ごみ処理券に収集日と受付番号または氏名を記入して粗大ごみに貼り付ける

申込専用電話の受付時間は、月〜土(年末年始を除く)の午前8時から午後7時までです。インターネットからは、24時間申し込み可能です。

申し込み前に確認しておきたいこと

申し込み時には以下の情報が必要になるので、事前に調べておきましょう。

  • 依頼者の住所、氏名、電話番号
  • 粗大ごみの種類、数、大きさ
  • 収集車が家の前まで入れるかどうか

なお、インターネット受付の場合、申し込める数は1回につき10点までです。

収集は最短でいつ?収集日の指定はできる?

豊島区の粗大ごみ収集は、申し込み時に提示される「収集可能日」から希望日を選択する形式です。

そのため、収集日が最短でいつになるかや、希望の日を指定できるかは、申し込むまでわかりません。

申し込み後に変更または取り消したいときは?

インターネットで申し込んだ場合は、収集予定日の2日前(日曜除く)までならインターネットから変更、取り消しが可能です。

予定日直前の変更や電話で申し込んだ場合は、粗大ごみ受付センターに直接連絡する必要があります。

東京都豊島区の粗大ごみ処理手数料

豊島区の粗大ごみ処理には、所定の手数料がかかります。

豊島区の場合は、「有料粗大ごみ処理券」を事前に購入することで、手数料を支払います。

有料粗大ごみ処理券の価格と種類

豊島区の有料粗大ごみ処理券は、以下の2種類です。

  • A券(200円)
  • B券(300円)

申し込みの際に何枚買えばいいか教えてもらえますから、必ずメモを取っておきましょう。

なお、豊島区の発行する処理券は豊島区内での使用に限定されます。他の区で購入した処理券を豊島区で使用することもできないため、注意しましょう。

有料粗大ごみ処理券が買えるところ

豊島区の有料粗大ごみ処理券は、区内の「粗大ごみ処理券取扱所」またはコンビニエンスストアで購入できます。

  • 酒店・商店
  • 家電量販店
  • スーパーマーケット

コンビニでは、以下のコンビニ各店で購入が可能です。

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン

有料粗大ごみ処理券を購入したら

有料粗大ごみ処理券を購入したら、収集日と受付番号または氏名を券に記入して、粗大ごみに直接貼り付けます。

収集時に貼り付けた券がよく見えるように、粗大ごみの目立つところに貼りましょう。

また、有料粗大ごみ処理券領収書は収集が終わるまで必ず保管しておきましょう。

豊島区に粗大ごみ収集を依頼するメリット・デメリット

豊島区に粗大ごみの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 収集料金が安い
  • 行政サービスなのでトラブルのリスクが低い

豊島区の粗大ごみ収集は行政サービスの一つなので、処分にかかる費用を抑えられるのが大きなメリットです。

また、行政サービスということでトラブルに巻き込まれるリスクが低く、安心して利用しやすい点もメリットといえます。

デメリット

  • 事前予約が必要
  • 回収までに数日〜数週間かかる場合がある
  • 申し込める回数や点数に制限がある
  • 収集場所まで自力で運び出す必要がある

豊島区の粗大ごみ収集は事前予約式で、当日の回収依頼はできません。さらに、時期によっては申し込みから回収まで数日から数週間かかるため、急ぎで粗大ごみを処分したい場合には不向きです。

また、インターネット受付では一度に処分できるのが10点までと申し込める数に制限がある点や、収集場所まで自力で運び出す必要がある点もデメリットといえます。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、不用品回収業者に回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 申し込み当日に回収してもらえる
  • 土日祝日も申し込み、回収依頼ができる
  • 回収品目や数量に制限がない
  • 運び出しや解体も依頼できる

不用品回収業者の最大のメリットは、申し込み当日に回収に来てもらえる点です。自治体では対応できない土日祝日や夜間早朝の回収も依頼できます。

また、回収品目や数量に制限がない点や、家からの運び出し、部屋から出せない家具の解体等を依頼できる点も、豊島区の粗大ごみ収集にはないメリットといえます。

デメリット

  • 自治体の収集と比較すると料金が高い
  • 悪質な業者に依頼しないよう注意が必要

不用品回収業者のデメリットは、豊島区の粗大ごみ収集と比較すると、サービスが手厚い分料金も割高となる点。軽くて小さな粗大ごみを少量だけ処分したいというような場合は、急ぎでなければ自治体の収集を利用する方が安く済みます。

また、民間の不用品回収業者は無数にあるため、業者選びにも注意が必要です。とくに「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回る業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて一方的に回収しようとする業者には注意が必要です。

まとめ

東京都豊島区の粗大ごみ収集は、こんな方に適しています。

  • 時間と手間をかけてでも安く粗大ごみを捨てたい
  • 民間サービスはちょっと不安なので行政に依頼したい

一方、以下のような方には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

  • できるだけ早く粗大ごみや不用品を処分したい
  • 運び出しや解体から依頼したい
  • 処分したい粗大ごみや不用品の量が多い
  • 自治体で回収していない不用品を処分したい

粗大ごみを処分する際は、粗大ごみの品目はもちろんのこと、数量や回収してほしいタイミング、予算を踏まえて、自治体と不用品回収業者それぞれのメリット・デメリットをよく比較検討し、処分方法を選ぶことが大切です。

プリンスくん横顔
粗大ごみの運び出しが困難、数が多い、すぐに回収に来てほしい、まとめて処分したい…。
そんな時には不用品回収が便利でおすすめです!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・埼玉エリア

  • 東京都
  • 埼玉県

■神奈川・山梨エリア

  • 神奈川県
  • 山梨県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■広島・岡山エリア

  • 広島県
  • 岡山県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■九州エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • その他九州の県内一部地域

※九州エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
東京23区の最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら