作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 土の捨て方が分からない…!一般ごみで捨てられない理由やおすすめ処分方法を解説します!
コラム 2020.10.28 04:00

土の捨て方が分からない…!一般ごみで捨てられない理由やおすすめ処分方法を解説します!

お片付けプリンス お片付けプリンス
0

家庭菜園などで出た、植木鉢やプランターの土を処分する方法をご存知でしょうか?

実は、土は自治体によって処分方法が異なり、地域によっては自治体のゴミ回収で処分できないケースもあるため、注意が必要です。

この記事では、家庭で出た土を処分する方法や、一般ゴミで土を処分することができない理由についてご紹介しています。
各処分方法ごとのメリット・デメリットについても触れていますので、処分方法を検討する際にぜひお役立てください。

プリンスくん笑顔の横顔
土はごみとして捨てられないこと、ご存知でしたか?
なぜ捨てられないのか、その理由やおすすめの処分方法をプリンスくんが解説します!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム

家庭で出た土を処分できる方法について

家庭で出た不要な土を処分できる方法は、いくつかあります。

お住まいの自治体によって対応が異なる場合があるため、必ず処分方法を事前に確認しておきましょう。

ここでは、土の一般的な捨て方について紹介します。

庭にまく・リサイクルする

戸建てに住んでいる場合は、庭にまく方法が最も手軽な処分方法です。

庭がない家庭の場合は、使用した土を再生材などで調整して、再度プランターなどで使い回す方法もおすすめです。

しかし、完全に土を手放したいという場合にはこの方法は適していないため、他の方法で処分する必要があります。

購入した店舗に引き取ってもらう

家庭向けの園芸用土を販売している店舗によっては、土の回収を行っているところがあります。
そういったお店に処分を依頼するのも、有効な処分方法です。

しかし、買い替えと同量でなければ引き取らない、購入時のレシートが必要など、店舗によって条件が異なる点には注意が必要です。

お店によっては購入時に土を入れていた袋が必要になる場合もあるため、購入の際に引き取ってもらえるかを聞いておくと安心ですね。

ホームセンターの引き取りサービスに出す

ホームセンターの中には、園芸用土の引き取りサービスを行っているところがあり、このサービスを利用して処分するのも方法の1つです。

ただし、すべてのホームセンターで土の引き取りを行ってはいないため、対応しているかを事前にチェックしておきましょう。

また、新たに購入した量と同量までの引き取りに限定されたり、専用のコンテナまで持ち込む必要があるなど、引き取りには条件がある場合もあります。

不用品回収業者に依頼する

土の回収処分は、不用品回収業者に依頼することも可能です。
費用はかかりますが、自宅や保管場所まで回収に来てくれるので、量が多い場合や運搬が難しい場合には便利な方法です。

土以外にも回収して欲しいものをまとめて引き取ってもらえるなど、処分したいものが複数ある場合にも有効です。

業者によっては土の引き取りに対応していない場合もあるため、土の回収をしてもらえるかどうか事前に確認しておくことをおすすめします。

土を一般ゴミで処分できないのはなぜ?

園芸や家庭菜園などで出た土を一般ごみとして処分できないのには、理由があります。

これは、土が「自然物」だと判断されているためで、廃棄物として扱われないために処分ができない、ということです。
また、土は焼却して処分することができない、という点も理由の一つです。

自治体によっては、園芸などで出た土は「廃棄物」の対象としているところもあるため、この判断基準は自治体によって異なります。
しかし、基本的にはほとんどの自治体で自然物として分類されています。

処分する際は、お住まいの自治体が定める処分方法を確認した上で、安易に一般ごみとして処分しないように注意しましょう。

家庭で不要な土が出るシチュエーションについて

家庭において、不要な土が出るタイミングにあどのようなシチュエーションがあるでしょうか?

ここからは、不要な土が出やすいタイミングや用途について、見ていきましょう。

ガーデニング・家庭菜園・観葉植物などの植え替えや処分をするとき

家庭から出る土を処分する機会が最も多いのは、ガーデニングや家庭菜園などで出た土ではないでしょうか。

植え替えや収穫、咲き終えた花などのプランターを整理する際に、古くなった土を処分する方は多いかと思います。
とくに家庭菜園では、同じ土を使いまわし続けていると、収穫量の減少や病気にかかりやすくなる連作障害が発生する恐れも。

また、室内の観葉植物なども大型の鉢が多く、処分する際には相当量の土が出るため、処分方法は事前に確認しておく必要があります。

庭づくりの際に余った土

戸建てを購入した際に庭づくりを行うと、余った土が出ることがあります。

防犯用の玉砂利や、スペースを区切るために設置した石・レンガブロックなど、土以外のものも余りがちです。

補修用として残しておくこともできますが、保管場所の都合で処分したいと考えた場合には、それぞれ適切に処分する必要があります。

台風などに備えて用意した土嚢

台風の接近に備えて屋外のものを固定したり、シャッターの重しや浸水を防いだりするために、土嚢を使用する方も多いと思います。
この土嚢も、不要になった場合には適切に処分する必要が出てきます。

範囲が広いほど量が多くなるため、自力での処分手配が難しくなるケースもあるでしょう。
あまりに量が多い場合には、回収業社を利用するのがおすすめです。

家庭で出た土の各処分方法におけるメリット・デメリット

家庭で出た土を処分する際、どのような方法で処分すべきか悩んでしまう方も多いかと思います。

処分方法を選択する際には、処分方法ごとのメリット・デメリットをしっかりと比較検討することが大切です。

ここからは、冒頭でご紹介した土の処分方法それぞれのメリット・デメリットを、詳しくご紹介していきます。

庭にまく・リサイクルする場合のメリット・デメリット

不要になった土を庭にまいたりリサイクルしたりするメリットは、処分費用がかからず手間がかからない点にあります。
自分の自宅内で完結するため、回収サービスへの持ち込みなども必要ありません。

しかし、マンション住まいなどでそもそも庭がない場合には、この処分方法は使えません。
不要になった土を完全な形で手放したい場合にも、不向きな方法です。

購入した店舗に引き取ってもらうメリット・デメリット

購入した店舗に引き取ってもらう場合、新たに購入するのと引き換えに処分できるため、買い替えと同時に手放せるというメリットがあります。

一方で、引き取りを行っていない店舗も多く、近隣に引き取ってもらえるところがない場合も。
基本的に自力で店舗まで運ぶ必要がある点も、デメリットといえるでしょう。

ホームセンターの引き取りサービスに出すメリット・デメリット

ホームセンターの引き取りサービスも購入店舗同様、近隣に回収を行っているホームセンターがある場合、自力で搬出すれば費用を抑えられる点が大きなメリットです。

一方で、自力での運搬持ち込みができない場合、利用しづらいという点がデメリットです。
運搬できたとしても、量が多い場合には何往復もしなければならず、大量の処分にはどうしても手間がかかります。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、自宅まで引き取りに来てもらえるため搬出の手間がかからない点にあります。

また、土以外の不用品がある場合にもまとめて回収してもらえるので、処分したいものが多い方にはおすすめです。
プランターや植木鉢、ブロックなどを一緒に処分したい場合などには、特に便利な処分方法です。

一方で、回収費用がかかるため、他の処分方法と比べるとお金がかかる点がデメリットになります。
少量の土だけを処分したい場合などは、他の処分方法の方が手軽に済む可能性が高いでしょう。

お片付けプリンスで土と一緒に不用品もまとめて処分しませんか?

土の処分が必要になる場面では、プランターやブロック材などの不用品も一緒に出ることが多いのではないかと思います。

そんな時は、ぜひお片付けプリンスにご相談ください。
不用品回収・粗大ゴミ処分のお片付けプリンスでは、土の回収処分も喜んで承ります。
プランターやブロック、レンガ、石、砂利など、土と一緒に不要になりがちなものも、全部まとめて回収可能です!

お片付けプリンスなら家具や家電などもまとめて処分できるため、不要なものをまとめて断捨離しようかな?という時にも大変便利。
重量があって搬出が難しい場合でも、ご自宅まで回収に伺い運び出しから全て代行しますのでご安心ください。

対応エリアなら当日最短30分でお見積もりに伺います。
お見積もりは完全無料、お見積もり後にキャンセルされてももちろん無料です。

土の処分をご検討中の方、大量の土をどう捨てればいいのかとお困りの方は、ぜひお片付けプリンスまでお気軽にご相談ください!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

プリンスくん笑顔の横顔
土と一緒に出がちな不用品も、お片付けプリンスなら全部まとめて回収します!
土の処分にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム
0