作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > エアコンの回収取り外しは業者に依頼!自力で外すと危険な理由を解説
コラム 2020.08.31 10:00

エアコンの回収取り外しは業者に依頼!自力で外すと危険な理由を解説

お片付けプリンス お片付けプリンス
0

今や一家に一台どころか、一部屋に一台あるのも珍しくない家電が、エアコンです。

設置台数が多くなればなるだけ、とくに室外機などは設置場所に悩むことになり、取り外し作業が難しい場合に設置せざるを得ないケースもよくあります。
買い替えや引っ越しに伴う処分など取り外す必要が出た際に、自力で行うか業者に依頼するか迷う方も多いことでしょう。

そこで今回は、エアコンの取り外しや回収に追加費用がかかる設置場所の例、自力で行う際の危険性やデメリットについてご紹介します。
エアコンの処分や取り外しを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

プリンスくん笑顔の横顔
エアコンの取り外しは業者に依頼するのが一番です!
その理由やお得な処分方法なども紹介していますので、ぜひご覧ください。

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム

一般家庭によくあるエアコンや室外機の設置場所

エアコンの設置場所は、機種や家の間取りによって大きく異なります。
設置スペースが狭い、部屋が広く大型のエアコンを設置しているなど、理由はさまざまです。

ここでは、一般家庭によくあるエアコンの室内機・室外機の設置場所について見ていきましょう。

室内機は壁掛けや天井埋め込み型も

室内機は基本的に、窓際の天井に近い壁に取り付けられている形が一般的です。
電源やホース用の壁穴の位置によって、決定しているケースがほとんどでしょう。

また、事務所や店舗などで見かけることの多い、天井に埋め込むタイプのエアコンもあります。

室外機はベランダ・庭などの屋外が多い

室外機の設置場所は、ベランダ置き・大地置きと呼ばれるように、ベランダや庭の地面に直接置く形で設置される方法が一般的です。
エアコンと室外機はドレンホースで接続されているため、ホースを短くするために壁を挟んだ外側の下部に設置することが多いのではないでしょうか。

エアコンの標準設置と特殊設置の違いについて

エアコンを購入した際に「標準取付工事費込み」「標準設置無料」などの言葉を耳にしたことのある方もいるかと思います。
この標準設置は、室内機の取り付けや壁面の穴にドレンホースを通し、室外機の設置を行うという工程までが含まれています。

穴の無い壁に穴を開ける工事が必要な場合や、ホースの延長が必要な場合は追加費用がかかります。
また、特殊設置と呼ばれるものの多くは室外機の位置に関係しており、標準設置に該当するのはベランダ置き・大地置きのみです。

その他の特殊設置方法で室外機を設置する場合、取り付けだけでなく取り外しの際にも追加費用が必要になります。

自力で取り外しが難しい室外機の設置場所は?業者依頼の追加費用はどれくらい必要?

ここでは、上述した「特殊設置」と呼ばれる設置場所について紹介します。
取り外しの際に標準設置の取り外し無料と記載されていても、追加費用が必要になることが多い設置方法です。

天吊り

天井から吊り下げて設置するタイプのもので、上の階のベランダなどに金具やアンカーを打ち込んで設置します。
マンションなどでは共用部にあたるため、管理組合などの許可が必要になることから比較的少ない事例です。

業務用のエアコンでは、室内機の天吊りタイプのものもありますが、一般家庭では室外機の方が多く見られます。
取り外しにかかる追加費用は、約2,000円~6,000円ほどです。

屋根置き

屋根置きは、室外機を屋根の上に設置する方法です。
一戸建ての2階にエアコンを設置する際に取られることのある方法で、1階の屋根部分に置く形です。

マンションなどで見られることは無く、一戸建ての場合も1階の屋根がなければ壁面置きなどの別の設置方法になります。
屋根置きの取り外しにかかる追加費用は、約2,000円~6,000円ほどです。

二段置き

二段置きは複数台の室外機を設置する際に、室外機の上にもう1台の室外機を乗せる形で設置する方法です。
直接乗せるのではなく、架台と呼ばれる枠組みを設置して取り付けを行います。

マンションのベランダなど、一戸建て以外にも比較的多く見られます。
二段置きの取り外しにかかる追加費用は、約4,000円~6,000円ほどです。
下のみ取り外す場合、上の室外機を大地置きに設置し直すための設置工事費が必要になるケースがあります。

壁面置き

壁面置きは、壁面に架台を取り付けて室外機を設置する方法です。
ベランダの設置スペースのないマンションや戸建て、ビルの壁面などでも活用されています。
高所作業が必要になる場合には、追加費用が高くなるケースもあるため注意が必要です。

取り外しにかかる追加費用は、設置場所によって大きく異なりますが基本的には約3,000円~6,000円程度が主流となっています。

立ち下ろし

室内機と違う階に室外機が設置されている方法で、2階以上の階から大地置きした室外機にホースを延ばして設置する形状になります。
ホースの延長は必要になるものの、壁や屋根、天井部分に穴を開ける必要がないのは利点の一つです。

取り外しにかかる追加費用は、高所作業が必要になるため状況によって変動しますが、約4,000円~8,000円ほど必要になります。

エアコンを自力で取り外すと危険?デメリットについて紹介

エアコンを自力で取り外す方法は多く取り上げられていますが、取り外し作業には危険が伴う場合があります。
ここでは、自力でエアコンの取り外しを行う危険性やデメリットについて見ていきましょう。

高所作業による事故やエアコンが破損する危険性がある

立ち下ろしや壁面置き、屋根置きなど、特殊設置を行っている場合、自力で取り外しを行うと転落事故などが発生する危険性があります。

また、取り外す際にはホース内を通っているガス(冷媒)を抜く「ポンプダウン」という作業が必要になります。
このポンプダウンに失敗して破裂事故などが発生した事例もあるため、非常に危険を伴う作業であることを認識しておかなければなりません。

エアコンが破損するだけでなく、作業している人の怪我にも繋がるリスクがあるため、プロの業者に依頼した方が安心です。

再設置工事を依頼できなくなる可能性も

プロの手で取り外しを行っていないものは、引越し後などに再設置を行う際、設置工事を業者に依頼できなくなる可能性があります。
設置に必要なパーツが知らず知らずのうちに破損していると、正しく設置できずに落下する恐れもあるでしょう。
リスクがあることから、業者の責任になるのを避けようとするため受け付けないような例です。

正しく取り外しが行える自信がないのであれば、業者に依頼することをおすすめします。

エアコンの回収・取り外しまとめて依頼するなら、お片付けプリンスにお任せ!

エアコンの取り外し工事は、設置場所によって追加費用がかかるほか、処分の際にはリサイクル費用も必要になります。
他にも処分したいと考えているものが多いほど、費用の把握が難しくなるでしょう。

不用品回収・粗大ゴミ処分のお片付けプリンスなら、エアコンの取り外しから回収までワンストップで対応いたします。
特殊設置された室外機や、業務用のエアコンでも種類をと合わず取り外し可能。
その他の不用品回収と同時にご依頼可能な他、取り外し後のハウスクリーニングや清掃もお任せください。

対応エリアなら当日中にお見積もりから取り外し、回収まで完了可能。
退去や機器の入れ替え等急ぎの場合でも迅速に対応いたします。

エアコンの回収・取り外しは、プロに任せるのが安全かつ確実です。
エアコン取り外しと回収に多数の実績を持つ、お片付けプリンスにお任せください

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

プリンスくん笑顔の横顔
お片付けプリンスはどんなエアコンでも取り外しから回収まで完全対応!
クリーニングや解体等も可能ですから、お気軽にお問い合わせください。
  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム
0