お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 香水の正しい捨て方伝授します!間違った廃棄方法や処分を考える際のポイントを解説
コラム 2022.02.18 08:00

香水の正しい捨て方伝授します!間違った廃棄方法や処分を考える際のポイントを解説

お片付けプリンス
様々なボトルの香水のイメージ写真

「買ってみたら好みの香りではなかった」、「以前使っていたものが捨てられずに置いてある」など、扱いに困る香水があるという人も多いのではないでしょうか。大掃除や断捨離、引越しを機に、まとめて処分しようと考える方も少なくありません。

しかし、香水にも正しい捨て方、間違った捨て方があります。正しい方法で処分しないと、損するばかりか大きなトラブルにつながる恐れも。

今回は、香水のNGの捨て方と、正しい捨て方について解説します。捨てる目安・売却する目安や、手っ取り早く捨てたい人向けにオススメの処分方法についてもまとめて紹介します。

プリンスくん笑顔の横顔
香水は瓶や容器にも様々な種類があり、数があればあるほど処分が面倒になりがちです。
プリンスくんと香水のやってはいけない捨て方と正しい処分方法を見ていきましょう。

やってはいけない香水の間違った捨て方

傾けた香水ボトルのイメージ写真

まずは、やってはいけない香水の捨て方について紹介します。

中身をトイレや洗面台に流す

香水は基本的に液体ですが、トイレや洗面台に中身を流してはいけません。

香水は少量でも長時間香りが続くよう設計されています。トイレや洗面台に流すと、シンクや排水管に香りが染み付いて、水を流しても香りが取れず、部屋中に香りが充満してしまいます。

トイレなど狭い空間に香水のキツイ香りがついてしまうと、体調が悪くなる可能性もあるため要注意です。

中身が入ったままのボトルをそのまま捨てる

中身が入ったままのボトルを、ごみとしてそのまま捨てるのもNGです。

自治体の廃棄物回収はごみの分別・排出ルールが明確に決められており、香水のボトルのような液体が入っていた容器は、原則として中の液体を全部捨ててから出さなければいけません。

中身のん捨て方が分からないからといって、液体をボトルの中に入れたままごみとして捨てないようにしましょう。

ボトルを分別せずにごみに出す

香水はアルコール分が含まれていることもあり、香水のボトルの多くはガラスや陶器でできています。その一方、キャップやスプレー、チューブなどは、ほとんどがプラスチックや金属でできています。

香水の中身を捨てた後は、ボトル部分も素材ごとに分別し、定められたルールにしたがって排出しましょう。

とくにプラスチックは、地域によって分別ルールが大きく異なります。可燃ごみなのか不燃ごみなのか、それとも資源ごみやプラスチックごみになるのか……。自治体の分別ルールをよく確認してからごみ出しするようにしましょう。

中身の入った香水を処分する方法

大量の香水ボトルのイメージ写真

続いて、ここからは中身の入った香水の具体的な処分方法をご紹介します。

中身は紙に染み込ませて、ボトルは分別して廃棄

香水を捨てるときは、香水を紙に染み込ませ、液体や香りが周辺に漏れないようにジッパー付きのビニール袋に入れましょう。香りが強い場合は、ビニール袋を二重にしておくのがオススメです。

香水を吸い込ませた紙が入ったビニールは、そのまま可燃ごみとして捨てます。香水はアルコール分を含むため引火性液体に分類されることから、火の近くで作業しないように注意してください。

一部の香水のボトルは、簡単には蓋が開かないようになっています。金属の留め金があるものは、ドライバーやニッパーを使って剥がすように外さなければなりません。

開ける際に誤って香水が飛び散らないように、新聞紙やビニールシートの上で作業をするのがオススメです。

リサイクルショップやフリマアプリを活用して売却

香水によっては、リサイクルショップやブランド品買取業者、フリマアプリを活用して売却することもできます。

ただし、売却できる香水は、新品なら人気ブランドの一部、開封済みなら高級ブランドのアイテムにほぼ限られます。リサイクルショップの買取り業者のWebサイトには、買取対象となる香水が掲載されているので、持っている香水が売れるのか確認するとよいでしょう。

フリマアプリを使って売却する場合は、リサイクルショップや買取業者が買い取っていない香水についても買い手の見つかる可能性があります。処分を急がない場合は、一度出品してみてもよいでしょう。

ただし、個人間の取引はトラブルも多いため、使用済みの香水を売却するときは、開封時期や残量、ボトルの状態を明記しておきましょう。

不用品回収業者に処分を依頼

香水の処分は、不用品回収業者に依頼することも可能です。

不用品回収に依頼する場合、自治体の収集と異なり、香水の中身を取り出したりボトルやチューブを分別したりする必要はありません。自宅まで業者が取りに来てくれるので、香水をそのまま引き渡すだけで簡単に処分できます。

手軽に処分できる一方で、出張料など処分費用以外の手数料がかかるため、香水だけを処分したい場合には他の方法よりも費用がかさむ傾向にあります。不用品の数が多ければ多いほどコストパフォーマンスが良くなるため、その他の不用品とあわせて回収を依頼するのがオススメです。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

香水を捨てる前に確認すべきポイント

中身の入った香水ボトルのイメージ写真

最後は、香水を捨てる前に確認しておきたいポイントを3つ紹介します。

香水の使用期限は未開封で3年、開封済みなら1年

実は、香水にも使用期限があります。

未開封の香水は3年間、開封済みの香水なら1年間が期限です。しかし、使用期限について香水の外箱などに記載されていることはほとんどなく、購入時期から推測しなければなりません。

使用期限を過ぎると、劣化したり、使用されているアルコール分が気化したりして、香りが変化してしまいます。変化してもすぐに人体に影響があるわけではないですが、かぶれなどの肌トラブルにつながりかねないため要注意です。

中身が概ね半分以上残っていれば売却できる

香水を売却する場合は、残量にも注意が必要です。

リサイクルショップやブランド買取り業者に売る場合、半分以上が残っていれば買い取ってもらえる可能性があります。残量が少なすぎると、状態が良い・高級ブランド品であっても売却が難しくなります。

フリマアプリであれば、買い手が合意することで、残量にかかわらず売却できる可能性があります。売却後に残量についてトラブルにならないよう、写真を掲載したり、残量を明記したりしましょう。

ルームフレグランスとして再利用も可能

使わなくなった香水は、捨てなくてもルームフレグランスとして利用できます。不要となった香水ビンにリードスティックや竹串を差せば、簡単にルームフレグランスが完成します

そのほか、保冷剤の中身を出し、香水を垂らしても芳香剤として使うことも可能。

お気に入りの香水だけどなかなか使う機会が少なく、使用期限が迫っているのにたくさん余っているというような場合には、フレグランスとして再利用してみるのもオススメです。

香水の間違った&正しい処分方法まとめ

香水の処分方法はさまざまありますが、最大の注意点はトイレや洗面台に流さないこと。安易に流してしまうと、体調不良やトラブルにつながる恐れがあります。

購入間もなく、半分以上残っているなら、売却できる可能性があります。フリマアプリやオークションでも売却可能ですが、トラブルのリスクもあるため、リサイクルショップへの持ち込みがオススメです。

古くて手放したい香水が多数あり中身もほとんど残っているという場合は、不用品回収業者に処分を依頼すると手軽に処分可能。中身を出したり、分別したりする手間がなくなるので、労力も時間もかけずに処分できるでしょう。

生前整理や遺品整理で大量の香水が出てきて困っている、というような場合にも不用品回収は活用できます。困った時には、ぜひ利用を検討してみましょう。

プリンスくん笑顔の横顔
香水の中身を洗面台に流したり、中身の入ったままごみ収集に出すことは絶対にやめましょう!
大量のいらない香水の処分に困っている、分別が大変なのでそのまま捨てたいという場合には、お片付けプリンスまでご相談ください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)
  • 和歌山県北西部(一部地域除く)

※滋賀県からのご依頼・ご相談は「東海・滋賀エリア」窓口にてお受けいたします。

■関東エリア

  • 東京都
  • 千葉県(一部地域除く)
  • 埼玉県(一部地域除く)
  • 神奈川県(一部地域除く)

■北関東エリア

  • 栃木県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 福島県

■東海・滋賀エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 滋賀県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら

最新の投稿

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

月別アーカイブ

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら