作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > ハンガーラックの処分は意外に大変!?おすすめ処分方法やメリット・デメリットをまとめました
コラム 2020.10.22 10:00

ハンガーラックの処分は意外に大変!?おすすめ処分方法やメリット・デメリットをまとめました

お片付けプリンス お片付けプリンス
0

ハンガーラックとは、衣類などハンガーで吊り下げておくためのもので、一般家庭やショップ店舗などさまざまなところで使用されています。

家庭によっては複数のハンガーラックを愛用している場合もあり、引っ越しや買い替えなどで処分する際に手間がかかるものの1つです。

この記事では、ハンガーラックの一般的な処分方法や処分方法ごとのメリット・デメリットについて紹介しています。
処分方法を検討する材料として、お役立ていただければ幸いです。

プリンスくん笑顔の横顔
部屋干しも一般的になり、ハンガーラックはほとんどのご家庭に一つはあるのではないでしょうか?
プリンスくんと一緒に、ハンガーラックの処分方法について詳しくなりましょう!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム

ハンガーラックの種類や素材について

ハンガーラックの種類や素材によって処分方法が異なる場合があるため、まずは種類・素材を確認しておきましょう。

ハンガーラックの種類

ハンガーラックの種類には、以下のようなものがあります。

  • 突っ張り型(天井と床・壁と壁で突っ張りを作るタイプ)
  • ポールハンガーラック(支柱が1本のもの)
  • 鏡付きハンガーラック
  • カーテン付きハンガーラック
  • カバー付きハンガーラック
  • コートハンガーラック

一般家庭向けのものから、ショップで使用するような業務用のものまでさまざまなものがあります。

デザインやカラーバリエーションが豊富なことも特徴で、素材によって異なる印象になるのも魅力です。

ハンガーラックはどんな素材でできてる?

ハンガーラックの素材は、耐久性が高いスチール(鉄)製のものが多くあります。

一方で、アルミ製や木製のものもあり、用途によって素材の種類も豊富にあるため処分する際に悩む方も多いのではないでしょうか?

また、さらに丈夫な物で「ロートアイアン」と呼ばれる素材のものもあります。
これは、鉄を真っ赤になるまで熱した上で叩いたり曲げ伸ばしを行って鍛えたものです。
強度の高さと経年による風合いの変化が楽しめることから、アンティークなイメージのデザインに使用されていることが多くあります。

さらに、支柱にスチールが採用されているものの、部分的に木材や布、ラタン(籐)などを組み合わせたようなタイプがあるのも特徴です。

ハンガーラックの一般的な処分方法は?


ハンガーラックの一般的な処分方法について見ていきましょう。

サイズや材質によって処分方法が異なる場合もあるため、自分の持っているハンガーラックの種類に合わせた処分を行う必要があります。

分解して資源ゴミ・可燃ゴミとして処分する

比較的大きさが小さいものや分解できるようなハンガーラックであれば、分解して素材ごとに分別し、資源ゴミ・可燃ゴミとして処分できます。

ただし、自力で分解できないものは規定のサイズに収まらないため、30cm角以上になる場合は粗大ゴミ扱いになる点に注意が必要です。

自治体の粗大ゴミ回収に出す

自力で分解できないものや分解する手間を省きたいという場合には、自治体の粗大ゴミ回収サービスに依頼する方法があります。

コンビニや郵便局などで粗大ゴミ処理券を購入し、処分を依頼したいハンガーラックに貼り付けて回収場所に出しておけばOKです。

自治体の電話やホームページなどから処分を依頼する必要がありますので、事前に手配しておきましょう。
数が複数ある場合は同数の処理券が必要になるため、金額なども合わせて確認しておくと安心です。

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に処分を依頼するのも、ハンガーラックを処分する方法の1つです。

搬出が困難なものや数が多い場合でも、まとめて処分してもらうことができます。
処分するハンガーラックの数が多い場合やほかの不用品もまとめて処分したい場合、自分で1つずつ粗大ゴミの手配をするよりも安く済むことも。

業者によって回収可能なものの種類が異なるため、処分したいものが回収可能かを事前に確認しておきましょう。

処分方法ごとのメリット・デメリットを確認しておこう!


ハンガーラックを処分する方法はいくつかありますが、自分の状況に合う処分方法はどのように選択すればいいのでしょうか?

ここでは、それぞれの処分方法ごとのメリット・デメリットについて紹介していますので、処分方法を検討する際に役立てていただければと思います。

分解して処分するメリット・デメリット

ハンガーラックを分解して処分するメリットは、処分費用がかからない点です。
比較的数が少ない場合や分解・分別することが苦ではない場合は、この方法がもっとも費用をかけずに処分することができます。

しかし、複数ある場合は処分作業に時間がかかる上に、分解したパーツで怪我をする場合もあるでしょう。
自治体や住んでいる地域によってはゴミを出す曜日が決まっているところも多く、ゴミの日まで保管しなければならないのも不便です。

できるだけ早く手放したいという場合や、数が多くて分解が大変なものには適していない方法だと考えられます。

自治体の粗大ゴミ回収に出すメリット・デメリット

自治体の粗大ゴミ回収に出す場合、分解する手間が省けるというメリットがあります。
大型のものやさまざまな素材でできているものも、分別する必要がありません。

しかし、回収依頼や粗大ゴミ処理券の手配などが必要になるなど、数が多ければ負担も増加するというデメリットがあります。

比較的費用は安く抑えられるものの、粗大ゴミ回収場所まで自力で搬出する必要があるため、状況によっては処分が難しい場合もあるのではないでしょうか。

不用品回収業者に処分を依頼するメリット・デメリット

不用品回収業者に処分を依頼するメリットは、分解や分別、搬出作業をすべて任せられる点にあります。
また、ハンガーラックだけでなく、ほかの家具や家電もまとめて処分することができるため、手放すものが多い場合にとても便利です。

自治体の収集と違い、即日や希望日に回収してもらえる点も大きなメリットになります。
急ぎで処分したい場合などには、不用品回収はとても便利な選択肢です。

一方で、数が少ない場合や少し分解すれば自力で処分できる物の場合、自治体のごみ収集と比較してどうしても費用がかかります。
見積もりだけなら無料の業者も多いため、見積もりをとってから検討するのがおすすめです。

ハンガーラックを手間なくすぐに処分したいなら不用品回収の利用が便利!

ハンガーラックをすぐに処分したい、解体できない大きさでごみとして処分できない、重くて搬出できず粗大ごみとして出すのが難しい…。
こういった事情があるときは、不用品回収業者の利用が便利です。

不用品回収なら、運び出しや解体も代行してくれるので、手間がかかりません。
また、ハンガーラックと一緒に不要になったハンガーや衣類の処分も、同時に依頼が可能です。
自治体の粗大ごみ収集では一度に出せる点数に限度があったり、家電などは回収してもらえませんが、不用品回収ならその制限もありません。

ハンガーラックを手間なくすぐに処分したいなら、不用品回収の利用がおすすめです!

ハンガーラックの処分はお片付けプリンスにお任せください!

不用品・粗大ゴミ回収のお片付けプリンスでは、ハンガーラックの処分ももちろん大歓迎です。

解体可能な小さなものから、解体の難しい大きなもの、重たいものまで、サイズ種類問わずどんなハンガーラックでも回収OK。
不要になったハンガーや衣類、カバーなども全部まとめて回収可能です!

ハンガーラック1点からの回収はもちろん、ベッドやソファーなどの家具や、冷蔵庫や洗濯機といったリサイクル家電等とまとめて回収も大歓迎!
他の業者では対応が難しい量や品でも、お片付けプリンスなら回収いたします!
また、店舗移転や閉店などに伴う大量廃棄も対応可能です。

対応エリアなら当日最短30分でお見積もりに伺います。
ハンガーラックの処分をご検討中の方、ぜひお片付けプリンスまでお気軽にお問い合わせください!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

プリンスくん笑顔の横顔
お片付けプリンスならどんな形、サイズのハンガーラックでも種類を問わず回収いたします!
ハンガーラックの処分に困ったときは、お片付けプリンスまでご相談ください!
  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム
0