お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 美容室の不用品はどう処分するのがおすすめ?専門的な用具の処分方法を詳しく解説します!
コラム 2021.03.08 10:00

美容室の不用品はどう処分するのがおすすめ?専門的な用具の処分方法を詳しく解説します!

お片付けプリンス

美容室の改装や移転、また止むを得ず閉店することになった際、不用品が発生するケースがあります。

美容室から発生する不用品は、一般的な家庭から出る不用品とは全く異なることもあり、どう処分すればいいのか分からないものが多くなりがちです。また、大型機器の場合、解体が必要になるケースも少なくありません。

今回は、美容室の不用品として出てくるものが何ごみに分類されるのかなどを含め、美容室から発生する不用品の処分方法について詳しく解説します。

プリンスくん笑顔の横顔
美容室で使った専門器具の数々、捨て方に悩む人は多いのでは?
プリンスくんが美容室の不用品処分方法と注意点を詳しく解説します!

美容室の不用品は何ごみに分類される?

美容室の不用品は事業系ごみに分類されるため、「産業廃棄物」「事業系一般廃棄物」として処分しなければなりません

美容室から発生したごみは「事業系ごみ」

一般家庭であれば、粗大ごみとして自治体の回収サービスを利用して処分することもできますが、いわゆる事業系ごみは異なります。自分で搬出して処理場に持ち込んで処分するか、対応している業者に依頼して引き取ってもらわなければなりません。

ただし、処分するものが多い場合や不用品にリサイクル家電を含む場合は、回収可能な業者が限られる場合もあり、注意が必要です。

事業系ごみの回収を業者に依頼する際は、回収にかかる費用だけではなく、まとめて処分を依頼できるかなど多角的な視点で業者を選択することをオススメします。

美容室で出る主な不用品の種類

美容室を閉店する場合、居抜き物件やスケルトン渡しとして、装飾品なども含めて店まるごと処分する必要がでてきます。

とくにスケルトン渡しの場合、原状回復義務が生じるためパーテーションや受付スペースの台など、設置してあるものを解体する必要があります。

このような店舗全体を解体するような場合を除き、一般的な美容室で出る不用品にはどのような種類のものがあるでしょうか?

ハサミや溶剤ボトルなどの小物類

美容室から出る不用品には、ハサミや溶剤ボトル・パーマのカーラー・ドライヤーなど、さまざまな小物があります。

小物類であっても、処分する際は事業系一般廃棄物として適切な手段で処分をしなければなりません

家庭で普通に使用するようなものであっても、美容室で使用した場合には家庭ごみと同様の処分はできないということを理解しておく必要があります。

鏡や椅子・ワゴンなどの備品

鏡や椅子・ワゴンなどの備品は、美容室から出る不用品の中でも数が多く、処分が面倒なものの代表格です。

状態によっては売却や譲渡できる場合がありますが、処分する際はやはり業者に引き取りを依頼するか、処分場に持ち込む必要があります。

なお、自力で処分場に持ち込む場合は、搬出などの作業が必要になります。その際、破損している備品などで怪我をする恐れがあるため、処分する際は充分に注意して作業するようにしてください。

パーマ機やスチーマー・シャンプー台などの大型器具

美容室から出る不用品の中には、パーマ機やスチーマー・シャンプー台などの大型器具もあります。

自立している器具であれば搬出も比較的容易ですが、天井や床に設置してあるようなものであれば、処分する際に取り外し作業が必要になります。

配管や配線などが含まれている場合も多くあるため、事故などを防ぐためにも、専門の業者に依頼して取り外しを行ってもらうことをオススメします。

美容室の不用品を処分する方法

美容室の不用品には、小物類から取り外しが必要になるような大型の器具までさまざまな種類があります。

業者によっては、小物は回収できるが大型のものは回収できない、回収はできるが取り外し作業はできない、など違いがあることに注意が必要です。また、状態のいいものであれば、処分するよりも売却を検討することもあるでしょう。

ここからは、美容室から出る不用品の体表的な処分方法について、ご紹介していきます。

リサイクルショップやフリマアプリで売却

美容室から出た不用品を、リサイクルショップやフリマアプリ等を利用して売却し、手放す方法があります。

美容室は全国各地に数多くあることから、理美容製品専門のリサイクルショップもあるほど中古品には高いニーズがあります。なかでも高く売却しやすいものとして、カットハサミや業務用のドライヤー、未開封の業務用シャンプーなどがあります。

カウンセリング場所に使用するようなテーブルや椅子・ソファなどは、やや売却が難しい傾向にあるとされています。専門サイト以外で売却できるものもありますが、搬出や発送手配が必要になります。

ただし、あまり値段がつかないようなものは、素直に処分した方が手間をかけずに済む場合もあります。

知人や友人に譲る

美容室から出た不用品を知人や友人に譲渡するのも、手放す方法の1つです。知人に美容室を経営している同業者がいれば、中古品を引き取りたいと申し出てくれる場合もあるでしょう。

また、美容室専売のシャンプーや美容ドライヤーなどは、一般の人ではなかなか手に入れられず、引き取りたいと考える人も多いアイテムです。

もし、周囲に引き取りを希望する人がいるのであれば、譲渡した方が不用品の処分にかかる費用を抑えられる場合もあります。

不用品回収業者に処分を依頼

美容室で発生する不用品は、不用品回収業者に処分を依頼することもできます。

不用品を売却や譲渡する場合、搬出作業や手入れ、譲渡日の設定などにどうしても時間と手間がかかります。一方、不用品回収であれば、早ければ当日中に回収に来てもらえる上、搬出や解体といった作業も全て依頼できます。

小物から大きな器具まで一括して処分を行いたい場合や、事情で急いで不用品を処分しなければならない場合には、不用品回収がとくに便利です

スケルトン化が必要なケースでは、内装の解体作業や撤去作業も必要になる場合があります。不用品回収業者によっては、解体・撤去作業まで請け負ってくれる場合もあるので、依頼時に相談してみるのもいいでしょう。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

美容室の不用品処分にお悩みなら、お片付けプリンスにお任せ!

美容室の不用品をまるごと撤去する場合は、分別や搬出・解体など、多くの作業や人手が必要になります。

解体と回収を別の業者に依頼すると、日時をずらす必要があるなど、対応に手間がかかる心配もあるかもしれません。

お片付けプリンスなら、美容室で発生した不用品の回収はもちろんのこと、機器や内装の解体撤去も承ります。
分別や搬出も全て代行可能だから、面倒な作業をすべて丸投げ可能。

もちろん、不用品1点だけの回収も大歓迎。
不用品回収や店舗片付けに関することなら、ご要望に合わせて幅広く対応いたします。

美容室の不用品処分や撤去解体をご検討の際は、ぜひお気軽にお片付けプリンスまでお問い合わせください!

プリンスくん笑顔の横顔
お片付けプリンスなら美容室の不用品丸ごと回収も可能!
急ぎの処分をご希望の場合や、解体が必要な場合の時は、お気軽にご相談ください!

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)
  • 和歌山県北西部(一部地域除く)

※滋賀県からのご依頼・ご相談は「東海・滋賀エリア」窓口にてお受けいたします。

■関東エリア

  • 東京都
  • 千葉県(一部地域除く)
  • 埼玉県(一部地域除く)
  • 神奈川県(一部地域除く)

■北関東エリア

  • 栃木県
  • 茨城県
  • 群馬県
  • 福島県

■東海・滋賀エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県
  • 滋賀県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら

最新の投稿

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

月別アーカイブ

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら