作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 苛性ソーダの捨て方は?手作り石鹸や掃除にも使える便利アイテムも適切に処分しよう!
コラム 2020.09.30 12:00

苛性ソーダの捨て方は?手作り石鹸や掃除にも使える便利アイテムも適切に処分しよう!

お片付けプリンス お片付けプリンス
0

薬局などで入手でき、一般の人でも使用することができる苛性ソーダ。

実は劇物に指定されており、気軽にゴミ箱へ…という処分方法で廃棄できません。
手軽に買えてしまうものであるため、「余った分を処分したいのに捨てられないの?」とびっくりする方も多いのではないでしょうか?

この記事では、苛性ソーダとはそもそもどのようなものなのかや主な用途に加えて、適切な処分方法についてもご紹介しています。

プリンスくん笑顔の横顔
手作り石鹸を作るために購入した苛性ソーダ、どう捨てればいいの?と悩む声は少なくありません。
適切な処分方法や、おすすめの処分方法をプリンスくんが詳しくご紹介します!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム

苛性ソーダとはどんなもの?

苛性ソーダとは「水酸化ナトリウム」とも呼ばれ、強いアルカリ性を持つ物質です。
固形状のものもあれば液状のものもあり、白いフレークのような形状をしているものもあります。

濃度5%以上のものは劇物として扱われるため、万が一目に入ってしまった場合には失明の恐れがあるような物質です。
購入する際は用途を明示し、身分証明書や印鑑を持参しなければなりません。

苛性ソーダは水が付着すると発熱する特徴を持っており、容器に入れずにおいている状態でさえ、空気中の水分を吸湿して発熱することがあります。
使用する際には細心の注意を払う必要があり、同様に処分する際も一般ごみと同じ扱いはできないと覚えておきましょう。

苛性ソーダは一般家庭でどんな用途で使用する?

劇物の苛性ソーダ、家庭では一体どのように使用することがあるのでしょうか?
ここでは、一般的な使用方法の例について見ていきましょう。

なお、実際に使用する際は、目や肌に付着しないようゴーグルやマスク、手袋などを用いる必要があります。
取り扱いには十分に注意しましょう。

手作り石鹸の材料

苛性ソーダを油脂と混ぜることで、手作り石鹸を作ることができます。
一般的にはオリーブオイルやココナッツオイルなどを用いることが多く、場合によってはアロマオイルなどを加えることもあります。

しかし、苛性ソーダには強い腐食性もあるため、軽量用器具の素材によってはサビを発生させる可能性があるため注意が必要です。
使用する器具の素材や混ぜ合わせる分量などを間違えないように、事前に確認しておくことが大切です。

油汚れなどの掃除に使う

苛性ソーダは強いアルカリ性を持つ物質のため、油汚れの掃除には抜群の効果を発揮します。
水5Lに対して苛性ソーダ大さじ1杯を目安に溶かし混ぜて、布に漬けて拭き掃除を行うことができます。

しかし、上述のとおり腐食を発生させることがあるため、苛性ソーダを薄めずに直接振りまいたり、濃い液体を作ったりしないように注意しましょう。
また、水溶液を作る際は、苛性ソーダに水を加えるのではなく、水に苛性ソーダを少量ずつ加えて混ぜるようにしてください。

苛性ソーダの処分方法について

一般ゴミとして処分できない苛性ソーダは、どのようにして処分すれば良いのでしょうか?
ここでは、具体的な処分方法について見ていきましょう。

扱う際は危険が伴いますので、準備をしっかりと行うか、難しい場合はプロの業者に任せることをおすすめします。

掃除などで少しずつ使う

余っている苛性ソーダが少量なのであれば、掃除に使用することで処理してしまう方法があります。

大量の水で溶く必要があるほか、使用する際に使用する分量だけを作る必要があるため、苛性ソーダが大量に残っている場合には適していません。
処分に時間がかかるため、小さなお子様がいたりペットを飼っていたりして早めに処分したい、という場合には、業者へ依頼して処分してもらいましょう。

クエン酸などで中和処理して処分する

苛性ソーダは、強いアルカリ性を持つ物質のため、酸性の物質と混ぜて中和処理を行い、処分することができます。

中和処理に使用するのはクエン酸などの酸性物質になりますが、中和に必要な量を算出する計算式が複雑で、一般の方には難しい処分方法です。
分子量や物質量から算出しなければならないため、きちんと中和できていなければ、排水管などに穴が開いてしまう恐れもあります。

穴の開いた排水管の修理費用は高額になるため、化学物質の扱いに長けている・知識があるという場合以外は、業者に処分依頼した方が安心です。

不用品回収業者に依頼する

苛性ソーダの処分を不用品回収業者に依頼するのも、廃棄方法の1つです。
不用品回収業者へ依頼すれば自宅まで回収に来てもらえるため、処理場などに持ち込む必要がないためスムーズに処分可能です。

ただし、全ての業者が回収に対応しているわけではないため、依頼時に回収が可能かを必ず確認しましょう。
法外な回収費用を請求してきたり、不法投棄を行っていたりするような悪質な業者もいますので、身元のはっきりしない業者に依頼するのも避けた方が賢明です。

苛性ソーダの処分に困ったらお片付けプリンスにお任せください!

苛性ソーダを捨てたい、でもどう捨てたらいいか分からない…。
そんな方は、ぜひお片付けプリンスにご相談ください。

お片付けプリンスでは、苛性ソーダの回収処分をお引き受け可能です。
一部の危険物や発火物を覗き、お片付けプリンスでは一般ごみ・事業ごみ問わずどんなものでも回収致します。
どんな不用品もまとめて回収できますから、「苛性ソーダの処分ついでに一緒に使った器具なども処分しようかな」という場合も、ぜひご活用ください。

お片付けプリンスなら24時間受付、年中無休でお見積りいたします。
苛性ソーダの処分に困ったら、ぜひお気軽にお片付けプリンスまでお問い合わせください!

>>お片付けプリンス対応エリアはこちら

プリンスくん笑顔の横顔
処分に困る苛性ソーダもお片付けプリンスなら回収可能!
対応エリアにお住まいの方で処分にお困りの方、ぜひお気軽にお問い合わせください!
  • 無料見積もりはフリーダイヤル0120365635 かんたん1分24時間受付 ボタンを押して今すぐ電話
  • ネット見積りはこちら Webでかんたん無料お見積りフォーム
0