お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 農機具の処分方法とは?処分・売却の方法や農業器具との違いを解説
コラム 公開日:2022年8月29日

農機具の処分方法とは?処分・売却の方法や農業器具との違いを解説

お片付けプリンス
農機具のイメージ写真

農業や家庭菜園で使用する農機具は、一般的に自治体のごみ収集に出すことができません。

大型の機具が多く個人では運搬解体ともに困難なため、処分するには専門業者を介する必要のある場合がほとんどです。

今回は、農機具の処分方法と処分時の注意点について解説します。

プリンスくん笑顔の横顔
不用品回収のプロ・お片付けプリンスがご紹介する不用品おすすめ処分方法!今回は農機具の処分方法や処分時の注意点を解説します!

農機具は「適正処理困難物」

農機具はほとんどの自治体で「適正処理困難物」に指定されています。

分解すれば排出できる自治体もありますが、分解には専門知識と工具が必要です。基本的には、自治体のごみ収集では処分できないと考えましょう。

また、農業で使用したものは「事業系廃棄物」に該当します。事業系廃棄物は廃棄物処理法によって「事業者の責任」で適正に処分することが決められています。そのため、やはり自治体の収集を利用することはできず、自治体が指定する業者に処分を委託しなければなりません。

農機具を処分する方法

農機具のイメージ写真

ここからは、農機具を処分する方法を具体的に解説していきましょう。

まずは、農機具を廃棄処分する方法を3つご紹介します。

不用品回収業者に依頼する

農機具の処分は不用品回収に依頼することができます。不用品回収業者は、品目を問わず不要なものを引き取ってくれるサービスを提供しています。業者は全国にあるため、日本のほぼ全ての地域で利用できる点が大きなメリットです。

業者によっては即日回収にも対応している上、大きな農機具の解体や運び出しも依頼できます。また状態にもよりますが、農機具の買取に対応している業者もあります。

一般的に処分費の他に作業運搬費や車両費がかかる場合が多いため、依頼の際は見積りをとることをおすすめします。

農機具の回収ご依頼・ご相談はこちら>>

スクラップ業者に依頼する

古い農機具や壊れた農機具などの場合は、スクラップ業者に「金属ごみ」として引き取ってもらう方法があります。

スクラップ業者の場合、農機具を解体した上で金属を取り出し、その金属を買い取ってもらえます。買取金額は、金属の種類や量によって変わります。

注意点として、あくまでも解体の上で金属だけを買い取る仕組みのため、買取価格にあまり期待はできません。また、農機具の解体や引き取りに対応しているかは業者によっても異なります。

希望者を募って譲渡する

まだ使える農機具であれば、希望者を募って譲渡するのがおすすめです。

農機具は新しく購入するとかなり高額な製品もあります。農業をやっている親戚や知人に欲しい人が入れば、有効な手段となるでしょう。相手の希望次第では、農業器具等もまとめて譲ることができるかもしれません。

また、知り合いに希望者がいなくても「ジモティー」などのマッチングアプリを活用すれば、農機具を欲している人に引き渡すことができます。ただし後々トラブルとならないよう、引き渡しの方法もしっかり取り決めておきましょう。

農機具を買い取ってもらう方法

まだまだ使用できる農機具の場合は、売却して処分することができます。

ここからは農機具の売却方法についてご紹介していきます。

買い替え時に下取りに出す

新しく農機具を購入するという場合は、古い農機具の下取りをしてくれることがあります。

下取りの場合、新しい農機具の納品時にそのまま引き取ってもらえるため、運搬等の手間なく処分することができます。

下取り価格は業者によって異なるため、新しい農機具を購入する際は下取り価格も踏まえて業者選びをするといいでしょう。

地元の農協に相談する

農機具の売却先が見つからない場合は、地元の農協に相談してみるのも一つの手です。農協によっては、農機具を買い取ってくれる場合があります

普段から親交がある農協スタッフが対応してくれるので、取引に安心感のある点が魅力です。処分以外でも農機具に関して困ったことがある場合、相談に乗ってもらえます。

ただし、金額面では買取業者に売却した方が高値が付きやすい場合もあります。売却価格が気になる場合は、ひとまず査定額を聞いた上で、その他の売却方法と比較検討すると良いでしょう。

農機具の買取業者に買い取ってもらう

農機具を一般的なリサイクルショップに売ることは困難ですが、農機具の買取専門業者に売却することは可能です。

農機具の専門業者の場合、農機具のメーカーや製造年、稼働時間、駆動タイプ、保存状態などを総合的に見て査定してもらえます。電話やネットで簡単に査定してもらえるところもあるため、状態のいい農機具を処分したい場合は一度査定を申し込むと良いでしょう。

査定の際には、汚れを落として綺麗にしておくだけでなく、メンテナンスを証明できるものを用意してくことで高値がつきやすくなります。

ネットオークション等で自力で売却する

ネットオークションやフリマアプリに農機具を出品・売却することも可能です。実際に「ヤフオク!」や「メルカリ」ではの出品や取引が多数行われています。

ネットオークションやフリマアプリの場合、壊れている農機具や部品だけを出品することもできます。壊れたものや部品だけであっても、修理用の部品として売れる可能性があります。

ただし、売れた場合の配送コストや、とくに大きな農機具の場合売れるまでの保管コストなどを考慮する必要もあり、農機具の売却方法としてはデメリットも多い点に注意が必要です。

農機具と農業器具の違い

農機具と農業器具の倉庫のイメージ写真

農機具を処分するときに覚えておきたいことが、農機具と農業器具は異なるという点です。

農機具はトラクターや耕運機などエンジンや「バッテリーを搭載したもの」を指します。一方の農業器具は、鍬や鎌、一輪車など「人力や家畜の力を借りて動かすもの」が該当します。

一般的に農業器具は、家庭菜園や自宅のガーデニングなどで使用されており、略して「農具」と呼ばれることもあります。

農業器具の場合、事業で使用したものでなければ燃えないごみや粗大ごみとして出すことができます。分別ルールは自治体によって異なり、種類によっては処理困難物に該当する自治体もあるため、自治体のルールをよく確認してから出すようにしましょう。

農機具の処分方法まとめ

農機具は「適正処理困難物」に該当するため、自治体では収集してもらえません。エンジン・バッテリーなどが搭載された大型の機具が多く、個人では解体や運搬も困難です。処分にあたっては、専門業者に依頼して処分や売却することになります。

急ぎで処分したい場合や農協や買取業者を利用できない場合は、運搬解体も依頼できる不用品回収業者の利用がおすすめ。農機具のほかに、土や農薬など処分に困りやすいその他のものもまとめて処分できる点も便利です。

プリンスくん笑顔の横顔
農機具は業者に処分を依頼するのが基本の処分方法です。お片付けプリンスでは農機具の運搬・解体から完全代行で回収可能です、お気軽にご相談ください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・神奈川エリア

  • 東京都
  • 神奈川県

■埼玉エリア

  • 埼玉県

■千葉エリア

  • 千葉県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■福岡エリア

  • 福岡県

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
粗大ゴミの最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら