お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 漫画の処分方法を解説!おすすめの仕分け方と知っておきたいポイント

漫画の処分方法を解説!おすすめの仕分け方と知っておきたいポイント

更新日:2022.10.13|公開日:2022.5.26
処分したい漫画のイメージ写真

大量の漫画の処分にお困りではありませんか?なかには、処分を考えても、「何冊かは残したいがどう仕分けるか…」「量が多くて面倒」「できればお金に換えたい」となかなか踏み切れない人もいるのではないでしょうか。

本記事では、漫画の処分方法を、処分時のポイントと併せてお伝えします。

プリンスくん笑顔の横顔
漫画は数冊程度なら処分も用意ですが、何十冊ともなると捨てるのも売るのも一苦労…。
プリンスくんが処分する漫画の仕分け方やおすすめの処分方法を解説します!

漫画をごみ・資源として処分する方法

廃品回収に出された漫画のイメージ写真

それでは、漫画を処分するときの方法をみていきましょう。

まずは、漫画をごみ、または資源として手放す場合の3つの選択肢をお伝えします。

自治体の資源ごみや廃品回収に出す

自治体や地域の収集を利用して漫画を処分する方法が、最もスタンダード。

自治体のごみ収集では、漫画は資源、とくに古紙として収集されます。どの地域でも定期的に収集されており、処分費もかかりません。

また、町内会や子ども会など地域の団体が、定期的に資源を回収する「廃品回収」を利用しても処分することができます。地域によっては、こちらの方がスタンダードな処分方法かもしれません。

地域の古紙回収センター・回収ボックスを利用する

自治体が運営する古紙回収センターや資源の回収ボックスを利用して、漫画を処分する方法もあります。

自治体のごみ収集や廃品回収は、収集日が決まっているため処分のタイミングを自分で決められません。しかし、自分で持ち込む形式の処分方法なら、都合の良いタイミングで処分できます。

回収ボックスは、ホームセンターやスーパーマーケットに設置されているため、少量の漫画であればとくに利用しやすいでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者を利用しても漫画を処分することができます。

不用品回収業者は希望の日時に自宅まで引き取りに来てくれるため、漫画の量が多くてごみ収集に出すのが大変、ごみ収集まで処分を待てないという場合に便利です。ただし、自治体の収集や廃品回収と異なり、民間サービスであるため利用には料金が必要です。

引っ越し等の事情で、大量の漫画を急ぎで処分したい、自治体の収集を待っていられないという場合に活用がおすすめです。また漫画以外の書籍や本棚も処分してもらえるため、生前整理や遺品整理、書庫や倉庫の整理といった場合にも便利です。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

漫画を売却して処分する方法

漫画を売却しようとしているイメージ写真

まだ読める漫画は、売却して手放すこともできます。

漫画は手軽に売却できるため、処分方法としては有力な候補といえるでしょう。

フリマアプリやオークションで売却する

現在もっとも手軽な漫画の売却方法は、フリマアプリやオークションサイトに漫画を出品して売却することです。とくにフリマアプリの「メルカリ」では、漫画の出品や取引が活発に行われています。

梱包・発送を自力で行う必要があるため、少量の場合や希少本の売却に向いています。漫画の量によっては送料がそれなりにかかるため、売り手・買い手どちらが負担するのかあらかじめ決めておきたいところです。

古本屋やリサイクルショップに売却する

昔ながらの方法として古本屋やリサイクルショップでの売却も挙げられます。

フリマアプリやオークションサイトを利用すると、出品はできてもいつ売れるのか、買い手が付くのか保証がありません。一方、古本屋やリサイクルショップであれば、持ち込んだその場で査定し、値が付けば買い取ってもらうことができます。

漫画の数量や状態、お店までの運搬手段の有無にもよりますが、即日漫画を売却したいという場合におすすめの方法です。

ネットの宅配買取サービスを利用する

古本屋やリサイクルショップのなかには、インターネットで査定・買取を申し込めるサービスを行っているところがあります。店舗まで漫画を運ぶ必要がないため、大量に処分したい漫画がある場合に便利です。

ただし、宅配買取サービスの場合、査定して値が付かなかった漫画の返却には送料がかかるのが一般的。値が付かないのであれば手元に残しておきたいという場合には、あまり向かない方法といえます。

後悔しない処分する漫画の仕分け方

漫画に付箋を挟んだイメージ写真

処分する漫画は、最初にしっかり仕分けておくと後悔せずに済みます。

そこでここでは、おすすめの漫画の仕分け方を3つご紹介します。

長編ものや名作は思い切って処分しよう

長編や名作は絶版になりにくく、中古でも多く出回っているため、手軽に買い直すことができます。もし今後もう一度読みたくなっても、手に入らないということはないので、今は手放しても良いでしょう。

長編ものであれば、保管スペースがネックになるため、これを機に単行本は処分し、読みたくなったときに電子書籍で買い直すのも一手です。

惰性で買っている漫画も処分がおすすめ

とくにお気に入りのわけではないが、「ここまで買ったから…」と惰性で買い続けている漫画もあるでしょう。この場合、思い切って処分すれば惰性で買い続けることをやめられるため、無駄な出費を控えることにもつながります

続きが気になるときは、安価に漫画が読めるレンタルコミックなどのサービスを利用すると良いでしょう。

電子化された漫画は処分して買い直す

漫画の電子書籍化は進んでおり、古い漫画であってもインターネット上で読めるようになってきました。

電子書籍は紙と違い値引き販売があるので安く買い直せるうえ、単行本のように保管スペースが必要ありません。「電子化されている漫画から手放す」と決めておくと、処分するか判断しやすいでしょう。

漫画を処分する際に知っておきたいポイント

積み上げられた漫画のイメージ写真

最後は、漫画を処分するときに知っておきたいポイントをまとめておきます。

廃品回収に出す場合・売却する場合・業者に処分を依頼するほうがお得な場合の3点についてみていきましょう。

廃品回収に出す場合は地域・自治体のルールを要チェック

自治体の資源収集や廃品回収に出す場合、排出方法にルールがあります。紐で縛る、または紙袋に入れるよう指示されるのが一般的です。

また、古紙は水にぬれるとリサイクルできなくなることがあるため、収集日が雨の日は排出を控えるように呼びかける自治体や、ビニールで包むよう指示している自治体があります。

シリーズものはまとめて売却すると高値で売れやすい

シリーズものを売却する場合は、まとめて売りに出すことで高値が付きやすくなります。途中の数冊が抜けていても、まとめて売るほうが高く売れるケースが多いようです。全巻揃っている、完結していなくても既巻が揃っているとなお良いでしょう。

ただし、刊行されてから日が経ってない新刊に限っては、単巻しかなくても早く売ったほうが、より高値がつく可能性があります。

引っ越しや遺品整理で処分するなら業者に依頼が安上がりなことも

引っ越しや遺品整理等の事情で大量の漫画を処分するなら、不用品回収等の業者に処分を依頼した方が安上がりな場合があります。

例えば状態が悪く売れそうにない漫画が大量にあるとか、雑誌や新聞などほかの古紙類も混じっている場合、売却は困難ですし、自治体の収集を利用するにも分別が必要です。不用品回収であれば、分別や梱包のされてない漫画や紙類もまとめて回収してもらえます。

紙は少量であれば大した重量はありませんが、数十冊〜数百冊ともなるとかなりの重量です。廃棄するにしても売却するにしても大変な手間と労力が必要なので、とにかく処分を優先したい場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

漫画の処分方法まとめ

今回は、漫画を廃棄するときの処分方法、売却するときの処分方法を紹介しました。

漫画は中古品でも需要があるため、よほど古いものでなければ、査定に出して良いでしょう。

査定に出すのは面倒、とにかく処分したいという場合は、自治体のごみ収集を利用すると無料で処分できます。

冊数が多かったり、収集日に排出する時間が取れないとき、また遺品整理やゴミ屋敷の片付けで大量の本を処分したい場合は、不用品回収業者を利用することで手っ取り早く処分が進みます。

プリンスくん笑顔の横顔
漫画の処分は数が増えれば増えるほど大変で、引っ越しや遺品整理の際はとくに手間がかかります。
不用品回収なら漫画の処分を運び出しから依頼できます、大量の漫画の処分にお困りの際はぜひご相談ください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・埼玉エリア

  • 東京都
  • 埼玉県

■神奈川・山梨エリア

  • 神奈川県
  • 山梨県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■広島・岡山エリア

  • 広島県
  • 岡山県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■九州エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • その他九州の県内一部地域

※九州エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら