お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 小山市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ

小山市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ

更新日:2022.5.12|公開日:2020.4.6
栃木県小山市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順をまとめました

粗大ごみっていつどうやって回収してくれるの?
粗大ごみを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ごみの処分方法って、意外とわからないもの。自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ごみの種類は異なります。

今回は、栃木県那須塩原市の粗大ごみの出し方とメリット&デメリットを詳しくご紹介。申し込み方法から分別ルール、回収にかかる料金まで、徹底解説いたします。

栃木県小山市で粗大ごみや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

プリンスくん笑顔の横顔
不用品回収のお片付けプリンスです!
プロの目線から栃木県那須塩原市の粗大ごみ収集ルールやメリット・デメリットを解説します!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

※本記事は2022年4月時点の情報を元に作成・更新しています。最新の情報は自治体の公式Webサイトにてご確認ください。

栃木県小山市の粗大ごみ回収

はじめに、栃木県小山市のごみ分別方法と、粗大ごみの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ごみとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

小山市のごみ分別方法

小山市では、ごみを8種類に分けています。

燃やすごみ

生ごみ、紙くず、木くず、紙おむつ、ぬいぐるみ、バケツ、グローブ、プラマークのないビニール、プラスチック類、スポンジ、ゴム製品、革製品、わたの入った衣類、座布団などが燃やすごみに該当します。

剪定枝

木の幹、木の枝などが剪定枝に該当します。

プラスチック製容器包装

プラマークの付いたビニール・プラスチック類、カップ麺、おかしの袋・レジ袋、パック類、発泡スチロール、ラベル、キャップなどが燃やすごみに該当します。

資源物(可燃系)

新聞紙、ダンボール、牛乳パック、空き箱、雑誌、マンガ、包装紙等雑紙、衣類、毛布などが可燃系の資源物に該当します。

資源物(不燃系)

びん・缶、ペットボトルが不燃系の資源物に該当します。

燃えないごみ

陶磁器、ガラスくず、包丁、缶詰の缶・ミルク缶、やかん、金属製品などが燃えないごみに該当します。

有害ごみ

電池類、蛍光灯、小型家電、スプレー缶・ガス缶、ライター、ガスコンロ、自転車などが有害ごみに該当します。

粗大ごみ

ここまでご紹介した7種類に含まれないごみが、小山市では粗大ごみとして扱われます。

小山市の粗大ごみの定義

小山市では、収集の予約が可能な粗大ごみを以下のように定義づけています。

  • 1辺が50cm以上のもの

主な品目例として、家具、ふとんなどが挙げられています。

小山市では回収してもらえないもの

小山市では、テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は回収してもらえません。

また、バイク、古タイヤ、コンクリート、消火器、バッテリー、廃油、ペンキ、農薬、建築廃材、ピアノ、石、砂、医療器具なども収集してもらえません。

直接持ち込みたい場合の方法

自分でごみを持ち込んで処分したい場合、小山市では「中央清掃センター」もしくは「リサイクルセンター」まで直接持ち込む必要があります。

処理手数料は無料ですが、収集できる品目であっても持ち込みを断られる場合があります。

栃木県小山市の粗大ごみ回収申し込み

栃木県小山市の粗大ごみ回収の概要がわかったところで、次は具体的な申し込み方法について見ていきましょう。

申し込み方法

他の自治体同様、小山市においても粗大ごみの回収には事前申し込みが必要です。

粗大ごみ回収の申し込みの流れは、以下の通りです。

  1. 小山市役所環境課に電話で申し込む
  2. 住所、氏名、電話番号、出したいごみの種類と個数を伝える
  3. 収集日・ごみを出す場所が案内されるのでメモしておく
  4. 収集日前週の金曜午前中までに手数料を支払い粗大ごみシールを受け取る

申し込み前に確認しておきたいこと

申し込み時には以下の情報が必要になるので、事前に調べておきましょう。

  • 依頼者の住所、氏名、電話番号
  • 粗大ごみの種類、数、大きさ
  • 収集車が家の前まで入れるかどうか

収集は最短でいつ?収集日の指定はできる?

小山市の粗大ごみ収集は、申し込み翌週以降の月曜日に収集されます。ただし、前週金曜日の午前中までに手数料の支払いが必要なため、申し込みも手数料納付に間に合うよう行う必要があります。

また、収集日は月曜日に固定されており、他の曜日を指定することはできません。

申し込み後に変更または予約の取り消しはできる?

基本的に申し込み内容の変更を収集当日に依頼することはできないため、申し込み時に申請しなかった粗大ごみは収集してもらえません。

申し込みの変更や取り消しは、できるだけ早く連絡するようにしましょう。

栃木県小山市の粗大ごみ処理手数料

栃木県小山市の粗大ごみ処理には、所定の手数料がかかります。

小山市の場合は、窓口にて直接手数料を支払います。

粗大ごみ処理手数料の納付方法

栃木県小山市の粗大ごみ処理手数料は、市役所環境課もしくは各出張所にて納付します。

支払いできるところがわからない場合は、申し込みの際に確認しましょう。

手数料を支払ったら

手数料を納付すると、引き換えに粗大ごみシールが交付されます。

受け取った粗大ごみシールを粗大ごみに貼り付け、収集日の朝8時までに家の前に出しましょう。

なお、収集に立ち会う必要はありません。

栃木県小山市に粗大ごみ収集を依頼するメリット・デメリット

小山市に粗大ごみの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

小山市の粗大ごみ収集最大のメリットは、その料金の安さです。

いわば行政サービスの一つですから、かかる費用も民間のサービスを利用する場合と比べると抑えられます。

粗大ごみ収集のもう一つのメリットは、行政サービスであるところから来る安心感。

民間業者に依頼して、もしそれが悪質な業者だった場合、法外な料金を請求されたり、回収品が不法投棄されていたりといったトラブルに巻き込まれる恐れがあります。小山市に回収を依頼すれば、そんな心配はまずありません。

デメリット

小山市に粗大ごみの処理を依頼する場合、いくつかのデメリットがある点には注意が必要です。

まず、小山市の粗大ごみ収集は電話による事前予約が必要という点が大きなデメリットです。

事情でなるべく早く処分したいと思っても、即日回収はまず不可能。時期によっては回収が数日先になることもあります。また、電話の受付時間も限られている為、時間の確保が難しい場合予約すら困難なことも。

次に、粗大ごみ収集には目的によっては利用に制限がある点もデメリットになります。

小山市では臨時で大量に発生したごみや事業系ごみの回収はしてもらえないため、引っ越しや退去時に出たごみをまとめて処分することはできません。

もう一つ、小山市の粗大ごみ収集は指定された場所まで粗大ごみを自身で運び出す必要がある点も大きなデメリットです。大きな家具や家電を自力で運び出せない人には、残念ながら不親切なサービスと言わざるを得ません。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、小山市ではなく、民間の不用品回収業者に粗大ごみの回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、回収日時を自由に希望できる点です。

行政と違い土日祝日でも回収してくれるだけでなく、24時間365日依頼を受け付けてくれるところも。面倒な手続きなく申し込める上、業者によっては依頼した当日、数十分のうちに回収に来てくれる場合もあります。このスピード感は行政では太刀打ちできません。

次に、不用品回収は大量の不用品をまとめて回収してくれる点も大きなメリットです。

小山市の粗大ごみ回収は引っ越しごみや臨時ごみ、事業系ごみの処分に利用できませんが、不用品回収業者なら問題なく回収してもらえます。どれだけ大量の不用品・粗大ごみであってもまとめて回収してくれますし、当日急に処分したい不用品が増えてもほとんどの場合対応してもらえます。

さらに、不用品回収業者は運び出しまで代行してくれるのも大きなメリットです。とても自力では運び出せないような大型の家具や家電でも、多くの業者は運び出しから積み込みまで全て代行してくれます。

デメリット

小山市の粗大ごみ収集と比較すると、不用品回収は粗大ごみの量によっては費用が割高になりがちな点がデメリットと言えます。ただし、対応のスピード感や、大量の不用品や大きな家具・家電などの粗大ごみを運び出す労力を加味すると、必ずしも割高とは言い切れません。

もう一つ、民間の不用品回収業者は無数にある為、慎重に依頼する業者を検討しないと悪質な業者に引っかかってしまう恐れも。「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回っている業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて回収に来ようとする業者には気をつけましょう。

信頼のできそうな不用品回収業者を選ぶことが肝心です。

まとめ

栃木県小山市の粗大ごみ収集は、こんな方に適しています。

  • どれだけ時間と手間がかかってもいいので、1円でも安く粗大ごみを処分したい
  • どうしても行政に処分を依頼したい

一方、以下のような場合には、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

  • できるだけ早く、可能なら今すぐ粗大ごみや不用品を処分したい
  • 自力で運び出せないものを回収してほしい
  • 回収日時を指定したい
  • 当日までに回収してほしい不用品が増える可能性が高い
  • リサイクル家電等自治体では収集してもらえない粗大ごみがある

粗大ごみを処分する際は、粗大ごみの内容だけでなく回収してほしい時期や予算、それぞれのメリット・デメリットをよく比較検討して、処分方法を選ぶことをおすすめします。

プリンスくん横顔
粗大ごみの運び出しが困難、数が多い、すぐに回収に来てほしい、まとめて処分したい…。
そんな時には不用品回収が便利でおすすめです!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・埼玉エリア

  • 東京都
  • 埼玉県

■神奈川・山梨エリア

  • 神奈川県
  • 山梨県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■広島・岡山エリア

  • 広島県
  • 岡山県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■九州エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • その他九州の県内一部地域

※九州エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
粗大ごみ処分比較の最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら