作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 四條畷市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
コラム 2020.03.31 03:22

四條畷市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ

お片付けプリンス お片付けプリンス
四條畷市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
0

粗大ゴミっていつどうやって回収してくれるの?

粗大ゴミを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ゴミの処分方法って、意外とわからないもの。

自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ゴミの種類は異なります。

今回は、大阪府四條畷市の粗大ゴミの出し方を詳しくご紹介します。

申し込み方法から出し方、回収にかかる料金、四條畷市に申し込んだ場合のメリットとデメリットまで、徹底解説いたします。

四條畷市で粗大ゴミや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

大阪府四條畷市の粗大ゴミ回収

はじめに、四條畷市のゴミ分別方法と、粗大ゴミの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ゴミとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

四條畷市のゴミ分別方法

四條畷市では、ゴミを5種類に分けています。

可燃ゴミ

生ゴミ、リサイクルできない紙類・布類、プラスチック製の商品、太さ5センチ、長さ50センチ以下の木くず、皮革製品、ビニール類

ペットボトル・プラスチック製容器包装

飲料容器、炭酸飲料容器、トレイ、カップ麺容器、シャンプー容器など

リサイクルマークの付いているプラスチック製品が回収対象です。

空き缶・空きビン

スチール缶、アルミ缶・食べ物・飲み物のびん・無色透明の化粧品のびんなどが該当します。

スプレー缶も回収可能ですが、必ず中を空にして、屋外で穴を開けて処分してください。

有害資源ゴミ

主に大型の電気機械器具や市指定のゴミ袋に入らないものが、粗大ゴミに該当します。

詳しくは次の項目で詳しくご紹介します。

処理困難物

使用済み乾電池、使用済み蛍光管

不燃ゴミ

処分に申し込みが必要なゴミです。1辺が1m未満の燃やすことのできないゴミを袋かダンボール(棒状のものは束ねる)にまとめて処分を行います。

粗大ゴミ

幅・奥行き・高さのどれかが1m以上のゴミに当たります。

1m以上の1辺が増えるごとに応じて手数料が加算されていく仕組みです。

四條畷市の粗大ゴミの定義

四條畷市では、縦・奥行き・高さの大きさによってゴミの料金変化します。

●大型のゴミで1辺以上が1mより大きいものが該当します。

●また、1m以上の辺が増えるごとに300円ずつ料金が追加となります。

1辺が1m以上のものは300円

2辺が1m以上のものは600円

3辺が1m以上のものは900円

このようになります。

四條畷市では回収してもらえないもの

四條畷市では次のような不用品は回収ができません。

エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコンなど、リサイクル家電に該当するもの

建築廃材やブロック、瓦、レンガ、石、ガラ、コンクリート製品、土・砂、汚泥など

建具、自動車やその部品(ドア、バンパー、マフラー、サスペンション、タイヤ、ホイール、バッテリー)

原動機付自転車、単車及びその部品

ピアノ、電子オルガン

ガスボンベ(カセット用ボンベは除く)、耐火金庫、ボウリング球

薬剤・ペンキ・ドラム缶、廃油・灯油・ガソリン等の油類

また、事業活動で生じた粗大ごみも回収ができません。

大阪府四條畷市の粗大ゴミ回収申し込み

四條畷市の粗大ゴミ回収の概要がわかったところで、次は具体的な申し込み方法について見ていきましょう。

申し込み方法

四條畷市で粗大ゴミの処分を行うには事前の申し込みが必要です。

電話で「粗大ゴミ受付センター」に問い合わせて申し込みを行います。

電話の受付時間は月~金の午前9時から午後5時まで受け付けてくれます。(祝日も受付可能)

申し込み方法

他の自治体同様、四條畷市でも粗大ゴミの回収には事前申し込みが必要です。

①粗大ゴミ受付センター申し込み、収集日を決めます。

②申し込み時に伝えられた手数料分の「粗大ゴミ処理手数料券」を購入します。

③「粗大ゴミ処理手数料券」に名前か受付ナンバーなどを記入し、不用品1点につき1枚見えやすい場所に貼り付けします。

④収集日当日の朝9時までに自宅前(または指定の場所)に出しておくと、そのままゴミを回収してもらえます。立会いの必要はありません。

(手数料券が足りないなど不備があった場合、粗大ゴミが回収されませんのでご注意ください。)

申し込みはパソコン、スマートフォン、タブレット端末、または電話で行うことができます。

インターネットでは24時間、電話での受付は月~土の午前9時から午後5時まで、祝日でも受け付けてくれます。(年末年始を除く)

固定電話と携帯電話・PHS・一部IP電話では電話番号が異なりますので、おかけ間違いのないようにご注意ください。

申し込み前に確認しておきたいこと

申し込み時に、住所・氏名・電話番号の他、出すゴミの種類、個数、大きさを尋ねられます。

また、粗大ゴミの受付番号や回収の流れについての案内があるのであらかじめメモの準備をしておくのも良いでしょう。

申し込みの手順

①申込専用電話番号に電話

②電話口でゴミの種類や個数、大きさなどを伝える

③収集日や収集場所、受付番号、粗大ゴミ処理手数料などを教えてもらう

申し込み後に変更または取り消したいときは?

電話申し込み完了後に申し込み内容を変更したい場合は、電話で粗大ゴミ受付センターに連絡する必要があります。

四條畷市の粗大ゴミ処理手数料

四條畷市の粗大ゴミ処理には、所定の手数料がかかります。

四條畷市の場合は、「四條畷市証紙」というものを必要な枚数だけ、事前にご自身で購入しておく必要があります。

粗大ゴミ処理手数料券の価格と種類

証紙は1枚300円です。

粗大ゴミに貼り付ける際は、証紙1枚ごとに氏名と受付番号を記入し、目立つところに張り出してください。

 

粗大ゴミ処理手数料券が買えるところ

四條畷市の粗大ゴミ処理手数料券は、四條畷市の市役所(生活環境課)や田原支所、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、市内の酒店、米穀店などで購入できます。

レジで「四條畷市証紙をください」と言えば購入できます。

買った粗大ゴミ処理手数料券をどうすればいい?

必要な枚数だけ四條畷市証紙を買ったら、粗大ゴミに貼り付けます。

貼り付ける際は、収集時に受付番号が見えるよう、目立つ場所に貼るようにしましょう。一度貼ると貼り直しができませんので、注意が必要です。

また、四條畷市証紙の領収書は、収集が終わるまで必ず保管しておきましょう。

直接持ち込みたい場合の方法

自分で粗大ゴミを持ち込む処分する場合は「四交クリーンセンター」に事前電話で持ち込みの予約を入れておく必要があります。

事前申し込みやゴミの分別が不十分な場合、引き取りを断られることもありますのでご注意ください。

持ち込み処分の手順

「四交クリーンセンター」に電話で予約を入れます。電話、搬入の受付時間は午前9時から正午まで、午後1時から午後5時の間で、営業日は月~金で、土・日は原則持ち込みはできません。

また、年末年始や祝日も電話、持ち込み共にできません。

①四交クリーンセンターに電話の予約をする。

②氏名、住所、電話番号をお伺いします。

③ゴミの内容をお聞きします。

●家庭から出たゴミか

●点数、品目、サイズ、材質など

④ゴミ処理手数料をお伝えいたします。

⑤持ち込み希望日時をお聞きします。

持ち込み処分にかかる手数料

持ち込み処分の場合も四條畷市証紙が必要です。

粗大ゴミ5点ごとに300円の手数料がかかります。

持ち込み処分の際に注意したいこと

クリーンセンターに持ち込みが可能なゴミは四條畷市から出たものに限り、申し込みを行った方のみ持ち込みが可能です。

そのため、身分証明として運転免許証や保険証などを用意しておきましょう。

また、四條畷市にお住まいであっても、市街から出たゴミを持ち込むことはできませんのでご注意ください。

持ち込みの場合はあらかじめゴミの分別を行っておくことが大切です。

分別不十分な場合荷物の積み下ろしに時間がかかり、周りに迷惑がかかるだけでなく、持ち込みを断られてしまう場合もあります。

四條畷市に粗大ゴミ収集を依頼するメリット・デメリット

四條畷市に粗大ゴミの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

最大のメリットは、その料金の安さです。

戸別回収では引き取り額が300円からですし、持ち込み回収の場合は5点ごとに300円の手数料しかかからないのでかなり格安です。

もう一つのメリットは、行政サービスであるところから来る安心感。

民間業者に依頼して、もしそれが悪質な業者だった場合、法外な料金を請求されたり、回収品が不法投棄されていたりといったトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

四條畷市に回収を依頼すれば、そんな心配はまずありません。

デメリット

四條畷市に粗大ゴミの処理を依頼する場合、いくつかのデメリットがある点には注意が必要です。

まず、電話による事前の予約が必要という点。

事情でなるべく早く処分したいと思っても、持ち込み回収でなければ即日回収は不可能です。

また、上限のある定員制なので時期によっては回収時期が伸びたり、回収時間の希望が通らなかったりする場合もあります。

また、電話の受付日時も限られている為、日中お勤めをされている方にとっては対応時間内に電話をかけられないという問題点もあります。

次に、一度に収集してもらえる数に制限がある点。

四條畷市では戸別回収で一度に処分できる不用品は5点までとなっており、持ち込みの場合でも5点ごとに料金が追加になります。

そのため、大量処分を検討されている方にとって、利用しにくいサービスと言えるでしょう。

もう1点、指定された場所まで粗大ゴミを自身で運び出す必要がある点も大きなデメリットです。

大きな家具や家電を自力で運び出せない人には、残念ながら不親切なサービスと言わざるを得ません。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、四條畷市ではなく、民間の不用品回収業者に粗大ゴミの回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、回収日時の要望がしやすいこと。

行政と違い土日祝日でも回収してくれるだけでなく、24時間365日依頼を受け付けてくれるところも。

業者によっては依頼した当日、数十分のうちに回収に来てくれる場合もあります。

「粗大ゴミ処理券」のような手数料の代わりに貼り付けるようなものも購入不要なのも便利ですね。

民間業者だからできるこうしたスピード感は行政では太刀打ちできません。

次に、大量の不用品をまとめて回収してくれる点。

四條畷市の粗大ゴミ回収は一度に5点までの制限がありますが、不用品回収業者なら点数の制限はまずありません。

どれだけ大量の不用品・粗大ゴミであってもまとめて回収してくれますし、当日急に処分したい不用品が増えてもほとんどの場合対応してもらえます。

さらに、不用品回収業者の場合、運び出しまで代行してくれることが多いのも大きなメリットです。

とても自力では運び出せないような大型の家具や家電でも、多くの業者は運び出しから積み込みまで全て代行してくれます。

デメリット

不用品回収業者に依頼する場合のデメリットは、四條畷市の粗大ゴミ回収と比較して、どうしても費用が割高になる点。

ただし、対応のスピード感や、大量の不用品や大きな家具・家電などの粗大ゴミを運び出す労力を加味すると、必ずしも割高とは言い切れません。

もう1点、民間の不用品回収業者は無数にある為、慎重に依頼する業者を検討しないと、悪質な業者に引っかかってしまうこともあります。

「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回っている業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて回収に来ようとする業者には気をつけましょう。

信頼のできそうな不用品回収業者を選ぶことが肝心です。

まとめ

四條畷市で粗大ゴミを処分する方法やその手順、そしてメリットとデメリットについて、ご紹介してきました。

四條畷市の粗大ゴミ回収は料金が安いという大きなメリットがあるものの、事前予約制で回収までに時間がかかることや、一度の収集で5点までという制限が大きなデメリットになります。

粗大ゴミを指定された場所まで自身で運び出す必要がある点も、大きな不用品・粗大ゴミを処分したい方にとってはデメリットですね。

四條畷市内で、大量の不用品・粗大ゴミをまとめて処分したい、事情がありとにかくすぐに不用品を処分したい、大きな家具や家電を処分したいがとても自力では運び出せない…。

そんな方は、ぜひともお片付けプリンスの不用品・粗大ゴミ回収サービスにご依頼ください。

対象エリアならご依頼の当日最短30分でお伺い、運び出しから積み込みまで全て代行いたします。

安心の明朗会計、お見積りでご提示した金額を超える請求は、絶対にありません。

月間200件以上の実績で、抜群の信頼感。

24時間365日ご依頼受付中、土日祝日・深夜早朝も回収可能です。

不用品・粗大ゴミの回収処分をご検討中の方、お片付けプリンスに今すぐお問い合わせください。

0