作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 羽曳野市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
コラム 2020.03.31 03:00

羽曳野市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ

お片付けプリンス お片付けプリンス
羽曳野市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
0

粗大ゴミっていつどうやって回収してくれるの?

粗大ゴミを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ゴミの処分方法って、意外とわからないもの。

自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ゴミの種類は異なります。

今回は、大阪府羽曳野市の粗大ゴミの出し方を詳しくご紹介します。

申し込み方法から出し方、回収にかかる料金、羽曳野市に申し込んだ場合のメリットとデメリットまで、徹底解説いたします。

羽曳野市で粗大ゴミや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

大阪府羽曳野市の粗大ゴミ回収

はじめに、羽曳野市のゴミ分別方法と、粗大ゴミの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ゴミとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

羽曳野市のゴミ分別方法

羽曳野市では、ゴミを4種類に分けています。

もえるゴミ

調理クズ、生ゴミ、タバコの吸いガラ、ゴム皮革布製品、紙類、ビデオテープ、CD、レコード、ふとん、プラスチック製品、植木ゴミ

もえないゴミ

家電製品(エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、洗濯乾燥機、テレビ、パソコンは除く)

セトモノ類、ガラス食器、花びん、ガラス、自転車、こたつ、ミシン、スキー用品、やかん、なべ、食用空き缶、飲料用以外の缶、ビン類、座椅子、ベビーカー、チャイルドシート、電子オルガン

シャンプー・リンス、天ぷら油、液体ワックスなどのプラスチックボトルなど

もえる大きなゴミ

タンス等、木、布、プラスチック製品、じゅうたん、ラグ、ホットカーペット、応接セット、机、椅子、ポリタンク、クーラーボックス、衣装ケース、木製ベッド

資源ゴミ

飲料用空き缶、空きビン、食用空きビン、スプレー缶、割れたビン等

羽曳野市の粗大ゴミの定義

羽曳野市では、家具、カーペットなど他にも50cm以上のプラスチック製品なども対象に含まれています。

また、解体、分解した場合でも、元の大きさで粗大ゴミとなるものは粗大ゴミとして処理する必要があります。

もえないゴミともえる大きなゴミが粗大ゴミに分類されます。

それぞれ2ヶ月に一回回収日があり、それぞれ奇数月と偶数月で回収できるタイミングが違います。

もえないゴミ:偶数月

大きなもえるゴミ:奇数月

羽曳野市では回収してもらえないもの

羽曳野市では次のようなものを回収することができません。

●リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの

●事業活動によって生じた粗大ゴミ

●電子オルガンなど、重量があるものは収集できない場合があります

●有害性・危険性のあるもの、著しく悪臭を発するもの

大阪市羽曳野市の粗大ゴミの出し方

羽曳野市では粗大ゴミの定期回収を行っているので、申し込みの必要はありません。

その代わりにもえないゴミともえる大きなゴミを分別しておく必要があります。

羽曳野市の粗大ゴミの分別方法

羽曳野市では粗大ゴミを次のように分別して、対応する収集日に回収場所まで運び出しておく必要があります。

●もえないゴミ

家電製品(リサイクル4品目は除く)

セトモノ類

自転車、ポット、ミシン、アイロン、やかん、ナベなど

●もえる大きなゴミ

木、布、プラスチック製の大きなもの

タンス

じゅうたん、ホットカーペット、机、椅子

ポリタンク、クーラーボックス、衣装ケース

50cm衣装のプラスチック製品

木製ベッドなど

持ち込み処分の方法

羽曳野市で粗大ゴミを持ち込み処分したい場合「羽曳野市役所 環境衛生課」申し込みを行い搬入時間中に不用品の搬入を行います。

搬入時間は月~金、午前9時~午後4時までで、(祝日と年末年始は受け付けておりません)

持ち込み処分時の注意

羽曳野市でゴミを持ち込み処分する場合、搬出から運び出しまで運んで来られた方に行ってもらうようお願いしております。

そのため安全面も考慮し、車での運搬は必ず2人以上乗車の上で起こしください。

羽曳野市に粗大ゴミ収集を依頼するメリット・デメリット

羽曳野市に粗大ゴミの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

最大のメリットは、その料金の安さです。

羽曳野市では、粗大ゴミの定期回収を行っているため、一部特殊なゴミを除き、基本的に無料でゴミを処分することができます。

もう一つのメリットは、行政サービスであるところから来る安心感。

民間業者に依頼して、もしそれが悪質な業者だった場合、法外な料金を請求されたり、回収品が不法投棄されていたりといったトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

羽曳野市に回収を依頼すれば、そんな心配はまずありません。

デメリット

羽曳野市に粗大ゴミの処理を依頼する場合、いくつかのデメリットがある点には注意が必要です。

まず、定期回収が2ヶ月に1回しか回ってこないこと。

事情でなるべく早く処分したいと思っても、持ち込み回収でなければ即日回収は不可能です。

もう1点は、指定された場所まで粗大ゴミを自身で運び出す必要がある点も大きなデメリットです。

大きな家具や家電を自力で運び出せない人には、残念ながら不親切なサービスと言わざるを得ません。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、羽曳野市ではなく、民間の不用品回収業者に粗大ゴミの回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、回収日時の要望がしやすいこと。

行政と違い土日祝日でも回収してくれるだけでなく、24時間365日依頼を受け付けてくれるところも。

業者によっては依頼した当日、数十分のうちに回収に来てくれる場合もあります。

「粗大ゴミ処理券」のような手数料の代わりに貼り付けるようなものも購入不要なのも便利ですね。

民間業者だからできるこうしたスピード感は行政では太刀打ちできません。

次に、大量の不用品をまとめて回収してくれる点。

羽曳野市の粗大ゴミ回収にいくつかの制限がありますが、不用品回収業者なら点数の制限はまずありません。

どれだけ大量の不用品・粗大ゴミであってもまとめて回収してくれますし、当日急に処分したい不用品が増えてもほとんどの場合対応してもらえます。

さらに、不用品回収業者の場合、運び出しまで代行してくれることが多いのも大きなメリットです。

とても自力では運び出せないような大型の家具や家電でも、多くの業者は運び出しから積み込みまで全て代行してくれます。

デメリット

不用品回収業者に依頼する場合のデメリットは、羽曳野市の粗大ゴミ回収と比較して、どうしても費用が割高になる点。

ただし、対応のスピード感や、大量の不用品や大きな家具・家電などの粗大ゴミを運び出す労力を加味すると、必ずしも割高とは言い切れません。

もう1点、民間の不用品回収業者は無数にある為、慎重に依頼する業者を検討しないと、悪質な業者に引っかかってしまうこともあります。

「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回っている業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて回収に来ようとする業者には気をつけましょう。

信頼のできそうな不用品回収業者を選ぶことが肝心です。

まとめ

羽曳野市で粗大ゴミを処分する方法やその手順、そしてメリットとデメリットについて、ご紹介してきました。

羽曳野市の粗大ゴミ回収は料金が安いという大きなメリットがあるものの、事前予約制で回収までに時間がかかることや、一度にたくさんの処分ができないという制限が大きなデメリットになります。

粗大ゴミを指定された場所まで自身で運び出す必要がある点も、大きな不用品・粗大ゴミを処分したい方にとってはデメリットですね。

羽曳野市内で、大量の不用品・粗大ゴミをまとめて処分したい、事情がありとにかくすぐに不用品を処分したい、大きな家具や家電を処分したいがとても自力では運び出せない…。

そんな方は、ぜひともお片付けプリンスの不用品・粗大ゴミ回収サービスにご依頼ください。

対象エリアならご依頼の当日最短30分でお伺い、運び出しから積み込みまで全て代行いたします。

安心の明朗会計、お見積りでご提示した金額を超える請求は、絶対にありません。

月間200件以上の実績で、抜群の信頼感。

24時間365日ご依頼受付中、土日祝日・深夜早朝も回収可能です。

不用品・粗大ゴミの回収処分をご検討中の方、お片付けプリンスに今すぐお問い合わせください。

0