お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > 目黒区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順・メリット&デメリットまとめ

目黒区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順・メリット&デメリットまとめ

更新日:2022.6.14|公開日:2020.4.1
東京都目黒区で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方・申し込み手順をまとめました

粗大ごみっていつどうやって回収してくれるの?
粗大ごみを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ごみの処分方法って、意外とわからないもの。自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ごみの種類は異なります。

今回は、東京都目黒区の粗大ごみの出し方を詳しくご紹介。申し込み方法から出し方、回収にかかる料金、目黒区に申し込んだ場合のメリットとデメリットまで、徹底解説いたします。

目黒区で粗大ごみや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

プリンスくん笑顔の横顔
不用品回収のお片付けプリンスです!
プロの目線から東京都目黒区の粗大ごみ収集ルールやメリット・デメリットを解説します!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

※本記事は2022年4月時点の情報を元に作成・更新しています。最新の情報は自治体の公式Webサイトにてご確認ください。

東京都目黒区の粗大ごみ回収

はじめに、目黒区のごみ分別方法と、粗大ごみの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ごみとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

目黒区のごみ分別方法

目黒区では、ごみを6種類に分けています。

燃やすごみ

生ごみ、食用油、衣類・布製品、枝葉・落ち葉、皮革・ゴム製品、CD・ビデオテープ・文房具・日用品・おもちゃ・プラスチックや木製ハンバーなどプラマークの付いていないプラスチック製品、汚れの落ちないペットボトル・プラスチック製容器包装、古紙として回収できない紙類、衛生用品・保冷剤などが、燃やすごみに該当します。

燃やすごみを出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 生ごみは水分をよく切ってから出す
  • 食用油は古紙や古布に染み込ませるか、凝固剤で固めて出す
  • 枝葉は1回につき4束まで、50cmくらいに切り直径30cm以内にまとめて出す
  • おむつなど衛生用品は汚物をトイレに流してから出す

燃やさないごみ

陶磁器・ガラス、フライパン、やかん、アルミホイル、針金ハンガー、カイロ、ハサミ、包丁、かさなどの金属類、スプレー缶・ライター・カセットボンベ、小型家電などが、燃やさないごみに該当します。

燃やさないごみを出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 刃物など鋭利なものや割れたものは紙などに包んで「危険」と書いて出す
  • スプレー缶やライターは必ず使い切り、穴を空けずに別の袋に入れて「危険」と書いて出す
  • 出すときはふた付きの容器または中身の見える袋に入れる

水銀を含む製品

蛍光管・電球形蛍光管、水銀体温計・水銀血圧計、その他水銀を含む製品が該当します。

水銀を含む製品を出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 蛍光管や電球形蛍光管は箱や袋に入れて「蛍光管」と書いて出す
  • 水銀を含む体温計や血圧計は袋に「水銀体温計・水銀血圧計」と書いて出す
  • 燃やさないごみとは別の袋に入れて出す
  • ごみストッカーには入れない

古紙回収

新聞・段ボール・雑誌類が、古紙に該当します。

古紙を回収に出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 品目ごとに束ねてひもでしばって出す
  • 折込チラシは新聞と一緒に束ねて出す
  • 段ボールは必ずたたんで出す、粘着テープでまとめない
  • 雑がみはビニール部分やセロファン、宛名ラベル、金具を取り除いて出す

資源

プラマークのついているプラスチック製の容器・包装、カップ類、トレイ類、ボトル類、袋類、緩衝材・発砲スチロール類、ラベルやキャップ・ふた、商品の外装フィルム、ペットボトル、びん、缶などが、資源に該当します。

資源を出す際は、以下の点に注意しましょう。

  • プラスチック製の容器・包装は汚れを落とし水を切って出す
  • ペットボトルはキャップとラベルを外し横方向に潰して出す
  • びんはキャップとラベルを外し、すすいで水を切って出す
  • 缶はすすいで水を切り、ふたがある場合は軽く締めて一緒に出す

粗大ごみ

ここまでご紹介した5種類に含まれないごみが、目黒区では粗大ごみとして扱われます。

目黒区の粗大ごみの定義

目黒区では、粗大ごみを以下のように定義づけています。

  • 一辺の長さが、おおむね30センチ以上の大きなごみ

主な品目例として、家具やふとん、自転車などが挙げられます。

目黒区では回収してもらえないもの

目黒区では、以下のようなものは回収してもらえません。

  • 家電リサイクル法の対象品目のエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機など
  • 家庭用パソコン
  • 長さが概ね200cmを超えるもの
  • 事業者が事業活動に伴って生じた廃棄物
  • ピアノ・消火器・耐火金庫・バッテリー・タイヤ
  • その他有害性・危険性等のある適正処理困難物

直接持ち込みたい場合の方法

目黒区では、粗大ごみの持込処分は行われていません。

どうしても戸別収集を利用できない場合は、不用品回収等他の処分方法を利用しましょう。

東京都目黒区の粗大ごみ回収申し込み

目黒区の粗大ごみ回収の概要がわかったところで、次は具体的な申し込み方法について見ていきましょう。

申し込み方法

他の自治体同様、目黒区でも粗大ごみの回収には事前申し込みが必要です。

  1. 申込専用電話またはインターネットから申し込む
  2. 収集日や収集場所、受付番号、有料粗大ごみ処理券の必要枚数を確認する
  3. 必要枚数分の有料粗大ごみ処理券を購入し、収集日と受付番号または氏名を記入する

申込専用電話の受付時間は、月〜土(祝日含む、年末年始を除く)の午前8時~午後7時までです。インターネットでは、24時間申し込みを受け付けています。

申し込み前に確認しておきたいこと

申し込み時には以下の情報が必要になるので、事前に調べておきましょう。

  • 依頼者の住所、氏名、電話番号
  • 粗大ごみの種類、数、大きさ
  • 収集車が家の前まで入れるかどうか

なお、インターネット受付の場合、申し込める数は1回につき5点までです。

収集は最短でいつ?収集日の指定はできる?

目黒区の粗大ごみ収集は、地域ごとに収集曜日が決まっています。そのため、収集曜日以外の任意の日を指定することはできません。

収集は申し込み順に行われるため、なるべく早めの申し込みが必要です。なお、インターネット受付では「収集日の3日前」に収集日の確認メールが届くシステムのため、それよりも前に申し込みを済ませておく必要があります。

申し込み後に変更または取り消したいときは?

インターネットで申し込んだ場合は、収集予定日の4日前までならインターネットから変更、取り消しの手続きが可能です。

3日前以降の変更・キャンセルや電話で申し込んだ場合は、目黒区粗大ごみ受付センターに直接連絡する必要があります。

東京都目黒区の粗大ごみ処理手数料

目黒区の粗大ごみ収集には、所定の手数料がかかります。

目黒区の場合は、「有料粗大ごみ処理券」を事前に購入することで、手数料を支払います。

有料粗大ごみ処理券の価格と種類

目黒区の有料粗大ごみ処理券は、以下の2種類です。

  • A券(200円)
  • B券(300円)

申し込みの際に何枚買えばいいか教えてもらえますから、必ずメモを取っておきましょう。

なお、目黒区の発行する処理券は目黒区内での使用に限定されます。他の区で購入した処理券を目黒区で使用することもできないため、注意しましょう。

有料粗大ごみ処理券が買えるところ

目黒区の粗大ごみ処理手数料券は、区内の「目黒区有料粗大ごみ処理券取扱所」で購入できます。

  • 区役所内売店
  • スーパー
  • 酒店・米店・商店
  • コンビニエンスストア

コンビニでは、以下のコンビニ各店で購入が可能です。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ポプラ

有料粗大ごみ処理券を購入したら

有料粗大ごみ処理券を購入したら、収集日と受付番号または氏名を券に記入して、粗大ごみに直接貼り付けます。

収集時に貼り付けた券がよく見えるように、粗大ごみの目立つところに貼りましょう。

また、有料粗大ごみ処理券領収書は収集が終わるまで必ず保管しておきましょう。

目黒区に粗大ごみ収集を依頼するメリット・デメリット

目黒区に粗大ごみの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 収集料金が安い
  • 行政サービスなのでトラブルのリスクが低い

目黒区の粗大ごみ収集は行政サービスの一つなので、処分にかかる費用を抑えられるのが大きなメリットです。

また、行政サービスということでトラブルに巻き込まれるリスクが低く、安心して利用しやすい点もメリットといえます。

デメリット

  • 電話・インターネットともに事前予約が必要
  • 回収までに数日〜数週間かかる場合がある
  • 申し込める回数や点数に制限がある
  • 収集場所まで自力で運び出す必要がある

目黒区の粗大ごみ収集は、電話・インターネットともに事前予約が必要です。さらに、地域で収集する曜日が決まっているため、急ぎで粗大ごみを処分したい場合には不向きです。

また、インターネット受付では一度に処分できるのが5点までと申し込める点数に制限がある点や、収集場所まで自力で運び出す必要がある点もデメリットといえます。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、不用品回収業者に回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 申し込み当日に回収してもらえる
  • 土日祝日も申し込み、回収依頼ができる
  • 回収品目や数量に制限がない
  • 運び出しや解体も依頼できる

不用品回収業者の最大のメリットは、申し込み当日に回収に来てもらえる点です。自治体では対応できない土日祝日や夜間早朝の回収も依頼できます。

また、回収品目や数量に制限がない点や、家からの運び出し、部屋から出せない家具の解体等を依頼できる点も、目黒区の粗大ごみ収集にはないメリットといえます。

デメリット

  • 自治体の収集と比較すると料金が高い
  • 悪質な業者に依頼しないよう注意が必要

不用品回収業者のデメリットは、目黒区の粗大ごみ収集と比較すると、サービスが手厚い分料金も割高となる点。軽くて小さな粗大ごみを少量だけ処分したいというような場合は、急ぎでなければ自治体の収集を利用する方が安く済みます。

また、民間の不用品回収業者は無数にあるため、業者選びにも注意が必要です。とくに「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回る業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて一方的に回収しようとする業者には注意が必要です。

まとめ

東京都目黒区の粗大ごみ収集は、こんな方に適しています。

  • 時間と手間をかけてでも安く粗大ごみを捨てたい
  • 民間サービスはちょっと不安なので行政に依頼したい

一方、以下のような方には、不用品回収業者の利用がおすすめです。

  • できるだけ早く粗大ごみや不用品を処分したい
  • 運び出しや解体から依頼したい
  • 処分したい粗大ごみや不用品の量が多い
  • 自治体で回収していない不用品を処分したい

粗大ごみを処分する際は、粗大ごみの品目はもちろんのこと、数量や回収してほしいタイミング、予算を踏まえて、自治体と不用品回収業者それぞれのメリット・デメリットをよく比較検討し、処分方法を選ぶことが大切です。

プリンスくん横顔
粗大ごみの運び出しが困難、数が多い、すぐに回収に来てほしい、まとめて処分したい…。
そんな時には不用品回収が便利でおすすめです!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・埼玉エリア

  • 東京都
  • 埼玉県

■神奈川・山梨エリア

  • 神奈川県
  • 山梨県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■広島・岡山エリア

  • 広島県
  • 岡山県

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■九州エリア

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • その他九州の県内一部地域

※九州エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
東京23区の最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら