お片付けマッハくん > お片付けマッハくんブログ > コラム > ぬいぐるみの処分方法7選と捨てる際のポイント・注意点

ぬいぐるみの処分方法7選と捨てる際のポイント・注意点

更新日:2023.11.27|公開日:2023.11.2

誕生日や記念日、旅行のお土産など、気が付いたら家にぬいぐるみが溜まっていたという人は多いのではないでしょうか。

一方で、増えすぎたからと数を減らそうとしても、ごみとしては処分しにくく、扱いに困りがちです。

本記事ではぬいぐるみの処分方法と、捨てるときのポイントや注意点をまとめてお伝えします。

マッハくん笑顔の横顔
不用品回収のプロ・お片付けマッハくんがご紹介する不用品おすすめ処分方法!今回はぬいぐるみの処分方法とごみに出せない理由、処分時のポイントについて解説します!

この記事で分かること

  • ぬいぐるみは普通ゴミや粗大ごみに出せる
  • 処分に抵抗がある場合は、神社やお寺でのお焚き上げがおすすめ
  • ぬいぐるみを捨てると「運気が下がる」は迷信
  • 現在では、ぬいぐるみを燃やして処分すると、廃棄物処理法違反となる

ぬいぐるみの処分方法7選

ぬいぐるみを処分する方法は、主に以下の7つです。

  • 普通ごみや粗大ごみに出す
  • 神社やお寺でお焚き上げしてもらう
  • リサイクルショップ等に売却する
  • メルカリやヤフオクに出品して売却する
  • 友人知人に譲渡する
  • 施設や支援団体に寄付する
  • 不用品回収業者に回収してもらう

普通ごみや粗大ごみに出す

ぬいぐるみをごみとして処分することに抵抗がないという人は、普通ごみや粗大ごみとして出すことができます。

ぬいぐるみは布や綿でできていることが多いため、可燃ごみに含まれるのが一般的です。金具を含む場合は、複雑ごみに含まれるなど、分別のルールは自治体によって異なります。また、1辺が30cmを超えるような大きなぬいぐるみは、粗大ごみとして扱われます。

神社やお寺でお焚き上げしてもらう

ぬいぐるみをごみとして処分するのに抵抗があるという人は、「お焚き上げ」をしてもらうのがおすすめです。「お焚き上げ」とは、主に神社やお寺で行われている、思いのこもった品を燃やして供養する宗教儀式です。

「お焚き上げ」を行うことで、思い出のあるぬいぐるみに感謝を伝え、天に還すことができます

近くに神社やお寺がなくても郵送で受け付けているところもあるので、住んでいる場所を問わず利用できます。ぬいぐるみを手放すときの気持ちが、ぐっと楽になるでしょう。

リサイクルショップ等に売却する

ぬいぐるみをリサイクルショップなどに売ることで、捨てることなく手放すことができます

売却できるぬいぐるみは限られますが、お金を手元に残せるかもしれません。値が付くのは主に、ブランドものや限定品、アンティークとして価値があるもの、人気のキャラクターなどのぬいぐるみとなります。

一方で、ノーブランドのぬいぐるみや、ニオイ・汚れが付いたものは、値が付かない傾向があります。

メルカリやヤフオクに出品して売却する

ぬいぐるみをリサイクルショップのほか、メルカリやヤフオクなどに出品する方法もあります。個人間の取引となるので、リサイクルショップでは売れなかったぬいぐるみでも買い手が付く可能性があります。

オンラインマーケットのユーザーは近年増加傾向にあり、コレクターや思い出のあるぬいぐるみを欲しいと考えている方などが大勢集まっています。

ただし、ぬいぐるみはかさ張りがちですので、出品前にキチンと箱詰めし、郵送料金を正しく計算し把握しておくことを忘れないようにしましょう

友人知人に譲渡する

友人や知人にぬいぐるみを譲渡する手もあります。大切にしてきたぬいぐるみが新たな家で可愛がってもらえると考えれば、捨てるよりも手放しやすいのではないでしょうか

知り合いや親戚に子どもがいると、捨てるなら欲しいという人がいるかもしれません。一度、希望者を募ってみてもよいでしょう。

施設や支援団体に寄付する

売却や譲渡も難しいという場合は、児童養護施設などの福祉施設や貧しい国の子どもを支援する団体に、”ぬいぐるみを寄付する”という方法を検討してみてはいかがでしょうか。

一般的に福祉施設や支援団体では資金も物品も不足しがちです。新しいぬいぐるみが欲しくても買ってもらえない子どもも珍しくありません

ぬいぐるみの寄付を募っている施設や団体に送れば、喜ばれるでしょう。

不用品回収業者に回収してもらう

大量にぬいぐるみがあるという場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は自宅まで引き取りに来てくれるため、運び出しの手間がありません。

そのほか、引っ越しまで時間がないなどの理由から、早急に処分したい場合にも便利です。なかには、「お焚き上げ」に対応している業者もあります。

ただし、出張料や車両代がかかることもあり、その他の方法よりも処分にかかる費用はかさみがちです。ぬいぐるみが大量にある、ぬいぐるみ以外にも処分したい不用品があるような場合での利用が向いています。

ぬいぐるみの回収ご依頼・ご相談はこちら>>

ぬいぐるみを捨てるのは怖くない?

ぬいぐるみの処分を考えるときに、罪悪感や何とも言えない怖さを感じる人は珍しくありません。

ここでは、ぬいぐるみを捨てるのに抵抗がある人向けの内容をお伝えします。

ぬいぐるみを捨てると「運気が下がる」は迷信

ぬいぐるみを捨てることに対して、「運気が下がる」という話を耳にした人もいるでしょう。

ただし、ぬいぐるみを捨てること自体が運気に直接的な影響を与えるという証拠は存在していないため、科学的な根拠はありません

運気や幸運についての信念は個人的なものであり、どのように信じるかはあなた次第です。
あなた自身が信じることに合った行動をとりましょう。

ごみに出すのが気になるならお清めをしよう

それでも、ごみとして捨てるのは気になるという人は多いでしょう。そのようなときは、お塩を振ってお清めをしてから処分するのがおすすめです。

ぬいぐるみが捨てにくい理由の1つに、生き物と近い姿かたちをしている点が挙げられます。白い布や布で目隠しするなどの工夫をすれば、袋に入れやすくなるでしょう

自分でのお清めでは物足りないと感じる人は、神社やお寺にお焚き上げをしてもらうと安心できるかもしれません。

置きっぱなしにしている方が健康を害するかも

ぬいぐるみを置きっぱなしにしていると、ホコリやハウスダストが溜まってしまいます。長く放置していると、カビが生えることもあるでしょう。

汚れた状態のぬいぐるみが長く置いてあると、アレルギーやぜんそく、肺アスペルギルス症などの疾患を引き起こすリスクがあります。

健康を害することのないよう、古く使わないぬいぐるみでも、普段から清掃・お手入れをするように心がけましょう

ぬいぐるみを処分する際の注意点

最後は、ぬいぐるみを処分するときに覚えておきたい注意点をまとめて確認しておきましょう。

自分で燃やして処分すると法律違反に

昔は、野焼きや自宅の焼却炉でごみを燃やす家庭も多くありました。しかし、現在では自宅でごみを燃やす行為は廃棄物処理法違反となってしまいます。ごみを燃やして処分した場合、1,000万円以下の罰金または5年以下の懲役、もしくはその両方が科せられます。

燃やすことで近隣の迷惑になったり火事になる危険もあるため、ぬいぐるみを燃やすのは絶対にやめましょう

寄付・売却する場合はキレイにしてから

これまで大切にしてきたぬいぐるみへの感謝も込めて、寄付や売却、譲渡の前には洗濯や掃除をしておきましょう

寄付や譲渡を受けた人がキレイなぬいぐるみを見れば、より大切にしようという気持ちがわくことでしょう。ぬいぐるみのキレイさは、売却時には査定額に影響することも考えられます

電池で動くぬいぐるみは電池を抜いて捨てる

電池で動くぬいぐるみを捨てるときは、中の電池を抜いておきましょう。多くの自治体で電池は不燃ごみや有害ごみなどに分類されます。

一方、ボタン電池の場合はごみとして収集していない地域が大半で、ホームセンターや家電量販店などに設置された回収ボックスに入れて処分します。

電池を捨てるときは電極にセロハンテープやビニールテープを張ってり、電気が流れない状態にしてください。テープを張らないと、使用済みの電池でも大量に集まれば電気が流れ、発火する危険性があります。

 

ぬいぐるみの処分方法まとめ

今回は、ぬいぐるみの処分方法と処分時のポイント・注意点をまとめて解説しました。

ぬいぐるみはごみとして捨てることができるものの、数ある不用品のなかでも心理的に捨てにくい品といえます。

ごみとして捨てるのに抵抗があるという人は神社やお寺に「お焚き上げ」をしてもらうことをおすすめします。処分を急ぐという場合は、お塩で清めるだけでも捨てることへの抵抗感が薄れるかもしれません。

大量のぬいぐるみや他にも不用品があるという場合は、不用品回収業者への依頼が向いています。なかには「お焚き上げ」に対応している業者もあるので、依頼前にサービスの有無を確認してみましょう。

ぬいぐるみの処分にお困りならお片付けマッハくんにおまかせください

不用品回収のお片付けマッハくんでは、ぬいぐるみの回収処分を最短当日から承ります。訪問お見積りは完全無料、電話・メール・LINEから手軽にご依頼いただけます。靴の処分にお困りの際は、ぜひご相談ください。

ぬいぐるみの回収ご依頼・ご相談はこちら>>

マッハくんくん笑顔の横顔
ぬいぐるみを処分したくても多くて捨てられない、金属部品の分別をするのは面倒といった悩みがつきもの。お片付けマッハくんでは金属部品を外すなどの手間ひまをかけることなく、完全代行で即日回収可能です、お気軽にご相談ください!

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けマッハくん 地域最安値挑戦中!

不用品の処分にお困りですか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けマッハくんなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

お片付けマッハくん > お片付けマッハくんブログ > コラム > ぬいぐるみの処分方法7選と捨てる際のポイント・注意点

最新の記事

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら