作業日誌・コラム

ホーム > 作業日誌・コラム > コラム > 大東市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
コラム 2020.03.31 03:01

大東市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ

お片付けプリンス お片付けプリンス
大東市で粗大ごみを処分したい方必見!粗大ごみの出し方と申し込み手順、メリット&デメリットまとめ
0

粗大ゴミっていつどうやって回収してくれるの?

粗大ゴミを出すのに申し込みや料金はいるの?

粗大ゴミの処分方法って、意外とわからないもの。

自治体によっても、手続き方法や受け付けてくれる粗大ゴミの種類は異なります。

今回は、大阪府大東市の粗大ゴミの出し方を詳しくご紹介します。

申し込み方法から出し方、回収にかかる料金、大東市に申し込んだ場合のメリットとデメリットまで、徹底解説いたします。

大東市で粗大ゴミや不用品の処分を検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

大阪府大東市の粗大ゴミ回収

はじめに、大東市のゴミ分別方法と、粗大ゴミの処分ルールをチェックしましょう。

どんなものを粗大ゴミとして処分してもらえるのか、事前に確認しておくことが大事です。

大東市のゴミ分別方法

大東市では、ゴミを5種類に分けています。

一般ゴミ

生ゴミ、紙おむつ、プラマークのないプラスチック、食用油の廃油、アルミ容器、竹串、紙くず、落ち葉、剪定枝葉、花火

ペットボトル・プラスチック製容器包装

ペットボトル、プラスチック製容器包装

空きビン・空き缶

空き缶、空きビンなど

燃えない小物

ガラス、陶器、割れた蛍光管、懐中電灯、皿、土鍋、花瓶、陶器の植木鉢

45リットルのゴミ袋に入る大きさの金属

粗大ゴミ

布団、毛布、バイク用ヘルメット、プラスチック類、家具類、木の枝、なべ、やかん、フライパン、ガスコンロ

波板、家庭電化製品、かさ、家庭用ミシン、スチール製ラック、自転車、スキー板、たたみ、ふすまなど

大東市の粗大ゴミの定義

大東市の粗大ゴミは燃える粗大ゴミと燃えない粗大ゴミに分けられています。

また、回収対象は家庭から出る大型ゴミが対象です。

具体的な回収品目などは大東市のゴミ分別アプリを参考にしてください。

大東市では回収してもらえないもの

大東市では次のようなものを回収することができません。

有害なものや危険なもの

●消化器

●優雅うない薬品類、シンナー、塗料

●LPガスボンベ、廃油、灯油、ガソリン

●ボタン型電池、充電用電池

●未使用の花火

適正な処理が困難なもの

●オートバイ、自動車

●金庫

●建築廃材

●カーポート

●ピアノ、エレクトーン

●エンジン、バッテリー、発電機

●介護用ベッド

●洗面台、流し台、浴槽、シャッター

●仏壇、仏具

●ロッカー、事務机(スチール製)

などが該当します。

大阪府大東市の粗大ゴミ回収申し込み

大東市の粗大ゴミ回収の概要がわかったところで、次は具体的な申し込み方法についてみていきましょう。

申し込み方法

大東市の粗大ゴミ回収の依頼はしに収集してもらう場合、事前の予約が必要です。予約方法は、主に電話とインターネットの二通りの方法があります。

電話での申し込み

電話による受付は「大東市粗大ゴミ受付センター」で行なっています。

予約の際は、住所・氏名・電話番号・粗大ゴミの内訳・数量などを聞かれますので事前に準備しておきましょう。

インターネットでの申し込み

平成26年以降に電話で予約し、氏名・住所・電話番号の履歴がある方のみインターネットからの申し込みが可能です。

それ以外の方や、市内で転居された方は電話予約をご利用ください。

電話申し込み前に確認しておきたいこと

申し込み時に、住所・氏名・電話番号の他、出すゴミの種類、個数、大きさなども尋ねられることがありますので、事前に準備をしておきましょう。

また、オペレーターから手数料や回収日、受付番号が案内されるので、メモの用意をしておくのが良いでしょう。

申し込み時の注意

1回の予約につき、申し込みできるのは6点までとなっており、そのうち大型家具は3点までです。

6点以上大型ゴミがあっても、続けて予約を入れることはできません。

申し込みは、収集つきの前々月の1日(土、日、年末年始を除く)より可能です。

予約内容の変更は3日前までですが、収集場所を変更することはできません。

大阪府大東市の粗大ゴミ処理手数料

大東市の粗大ゴミ処理の手数料は回収するものによって変わり、300から1500円程度です。

支払いは「大東市粗大ゴミ処理券」を購入し、必要な枚数処分する不用品に貼り付けることで対応しております。

粗大ゴミ処理手数料券の価格と種類

粗大ゴミの戸別回収処理は無料です。

7点以上の臨時ゴミは、回収する車によって軽トラック6,000円、2トントラック12,000円、パッカー車18,000円程度の間で料金が変動いたします。

 

粗大ゴミの戸別回収のまでにやっておくこと

電話の受付時に収集日と受付番号をご案内いたしますので、紙に「不用品・氏名・受付番号」を記載し、粗大ゴミの見えるところに貼っておきましょう。

燃える粗大ゴミと燃えない粗大ゴミは回収のタイミングが違いますので、同日中に処分した場合、両者を少し離して収集所に出してください。

持ち込みゴミの申し込み

大東市では粗大ゴミの戸別回収の他に持ち込んで処分をするという方法があります。

持ち込み処分の手順

持ち込み処分の際は東大阪都市清掃施設組合まで不用品を運んで処分を行います。

持ち込み予約専用の電話まで電話をして申し込みます。

持ち込みの2週間前から2日前まで予約できますが、当日に予約することはできません。

年末年始などはゴミの種類や量に制約がかかることもあるので事前に必ず問い合わせてください。

搬入可能な時間帯は平日は午後0時45分から午後3時30分までで、祝日は、午前9時30分から11時30分と、午後0時45分から午後3時30分までです。

持ち込み処分にかかる手数料

持ち込み処分の場合の粗大ゴミの処理手数料は重量制で、10kgあたり90円となっています。お支払いは現金が必要になりますので事前に確認しておきましょう。

持ち込み処分の際に注意したいこと

予約日当日は安全のため場内を徐行し、ゴミを下ろす前後で研鑽して、重量に見合った料金を現金で支払います。

車検証、印鑑のほか、運転免許証などの本人確認ができるものが必要です。また、1日に搬入可能な量は車両3台分以下、畳は1日1回15枚までです。

2トン車以下の車両で搬入し、安全のために2裏で乗車してください。1回計量でゴミ以外のものを積んでいると、料金に加算されてしまうため、ゴミ以外のものは車に積まないようにしましょう。

また、大東市での持ち込み処分は持ち込みできるものとできなものがありますのでご注意ください。

持ち込みができるもの

●大東市内の家庭や事業所で出たゴミ(一般廃棄物)

持ち込みができないもの

●他市で発生したゴミ

●市で収集できないもの(処理困難物、産業廃棄物、建築廃材、がれき類など)

大東市に粗大ゴミ収集を依頼するメリット・デメリット

大東市に粗大ゴミの処分を申し込む場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

最大のメリットは、その料金の安さです。

戸別回収は無料です。また、持ち込みの場合は10kg90円で処分が可能なのでかなり低価格で処分が可能になっています。

もう一つのメリットは、行政サービスであるところから来る安心感。

民間業者に依頼して、もしそれが悪質な業者だった場合、法外な料金を請求されたり、回収品が不法投棄されていたりといったトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

大東市に回収を依頼すれば、そんな心配はまずありません。

デメリット

大東市に粗大ゴミの処理を依頼する場合、いくつかのデメリットがある点には注意が必要です。

まず、電話による事前の予約が必要という点。

事情でなるべく早く処分したいと思っても、持ち込み回収でなければ即日回収は不可能です。

また、電話の受付日時も限られている為、日中お勤めをされている方にとっては対応時間内に電話をかけられないという問題点もあります。

次に、一度に6点までしか処分ができないという点です。

それ以上になると臨時ゴミでの対応になるため、大量処分を検討されている方にとって、利用しにくいサービスと言えるでしょう。

もう1点、指定された場所まで粗大ゴミを自身で運び出す必要がある点も大きなデメリットです。

大きな家具や家電を自力で運び出せない人には、残念ながら不親切なサービスと言わざるを得ません。

不用品回収業者に依頼するメリット・デメリット

次に、大東市ではなく、民間の不用品回収業者に粗大ゴミの回収を依頼する場合の、メリットとデメリットをまとめました。

メリット

不用品回収業者に依頼する最大のメリットは、回収日時の要望がしやすいこと。

行政と違い土日祝日でも回収してくれるだけでなく、24時間365日依頼を受け付けてくれるところも。

業者によっては依頼した当日、数十分のうちに回収に来てくれる場合もあります。

「粗大ゴミ処理券」のような手数料の代わりに貼り付けるようなものも購入不要なのも便利ですね。

民間業者だからできるこうしたスピード感は行政では太刀打ちできません。

次に、大量の不用品をまとめて回収してくれる点。

大東市の粗大ゴミ回収は一度に6点までの制限がありますが、不用品回収業者なら点数の制限はまずありません。

どれだけ大量の不用品・粗大ゴミであってもまとめて回収してくれますし、当日急に処分したい不用品が増えてもほとんどの場合対応してもらえます。

さらに、不用品回収業者の場合、運び出しまで代行してくれることが多いのも大きなメリットです。

とても自力では運び出せないような大型の家具や家電でも、多くの業者は運び出しから積み込みまで全て代行してくれます。

デメリット

不用品回収業者に依頼する場合のデメリットは、大東市の粗大ゴミ回収と比較して、どうしても費用が割高になる点。

ただし、対応のスピード感や、大量の不用品や大きな家具・家電などの粗大ゴミを運び出す労力を加味すると、必ずしも割高とは言い切れません。

もう1点、民間の不用品回収業者は無数にある為、慎重に依頼する業者を検討しないと、悪質な業者に引っかかってしまうこともあります。

「無料回収」を謳ってトラックで直接回収に回っている業者や、「不用品はないか」と電話をかけてきて回収に来ようとする業者には気をつけましょう。

信頼のできそうな不用品回収業者を選ぶことが肝心です。

まとめ

大東市で粗大ゴミを処分する方法やその手順、そしてメリットとデメリットについて、ご紹介してきました。

大東市の粗大ゴミ回収は料金が安いという大きなメリットがあるものの、事前予約制で回収までに時間がかかることや、一度に8点までしか処分ができないという制限が大きなデメリットになります。

粗大ゴミを指定された場所まで自身で運び出す必要がある点も、大きな不用品・粗大ゴミを処分したい方にとってはデメリットですね。

大東市内で、大量の不用品・粗大ゴミをまとめて処分したい、事情がありとにかくすぐに不用品を処分したい、大きな家具や家電を処分したいがとても自力では運び出せない…。

そんな方は、ぜひともお片付けプリンスの不用品・粗大ゴミ回収サービスにご依頼ください。

対象エリアならご依頼の当日最短30分でお伺い、運び出しから積み込みまで全て代行いたします。

安心の明朗会計、お見積りでご提示した金額を超える請求は、絶対にありません。

月間200件以上の実績で、抜群の信頼感。

24時間365日ご依頼受付中、土日祝日・深夜早朝も回収可能です。

不用品・粗大ゴミの回収処分をご検討中の方、お片付けプリンスに今すぐお問い合わせください。

0