お片付けプリンスブログ

お片付けプリンス > お片付けプリンスブログ > コラム > サーフボードの処分方法とは?処分時のポイントや売却時のコツを解説
コラム 公開日:2022年8月29日

サーフボードの処分方法とは?処分時のポイントや売却時のコツを解説

お片付けプリンス
サーフボードのイメージ写真

近年、サーフィン人気が続いていることもあり、マイボードを購入した人も多いのではないでしょうか。

一方で、サーフボードはサイズが大きく、広い保管スペースが必要なので、あまりサーフィンをしない人であれば処分を考えているでしょう。

今回は、サーフボードの処分方法と処分時のポイントをまとめて解説します。

プリンスくん笑顔の横顔
不用品回収のプロ・お片付けプリンスがご紹介する不用品おすすめ処分方法!今回はサーフボードの処分方法や処分時の注意点を解説します!

サーフボード処分のポイント

それでは早速サーフボードの処分ポイントをみていきましょう。

サーフィンは人気スポーツなので、ごみとして処分する以外にも手放す方法があります。

中古需要が高く買い手もつきやすい

サーフボードは新品価格が高いため、中古でも高い需要があります。初心者であれば、金額的にもリーズナブルで、壊してもいい中古を選ぶ傾向があるためです。

また、サーフボードは種類やデザインが豊富なため、短期間で買い替えて楽しむ人も少なくありません。人気が高いブランドのものであれば10万円以上することもあり、中級者になっても中古品やレンタルを利用している人も多いのです。

地域によっては粗大ごみに出せない場合がある

サーフボードを自治体の収集に出す場合、ほとんどの自治体では粗大ごみに該当します。しかし、長さがあるサーフボードは自治体によっては収集・処分ができない「適正処理困難物」に指定されていることもあります。

粗大ごみの定義は自治体によって異なりますが、一辺が180cmを超えるサーフボードは収集してもらえない可能性があります。

自治体によっては、規定より短く切断することで収集してもらえる場合があります。一方で、切断しても収集してもらえない自治体も少なくないため、事前に収集ルールを確認しましょう。

サーフボードの処分方法

サーフボードのイメージ写真

それでは、サーフボードの処分方法について具体的にみていきましょう。

先述のとおり、サーフボードは中古品でも需要があるため、状態が良いものであれば売却も検討できます。

自治体の粗大ごみ収集で処分する

サーフボードを粗大ごみとして収集している地域であれば、自治体の粗大ごみ収集に出すのが手軽で簡単な方法です。

ただし、粗大ごみの処分ルールは地域によって異なります。事前に収集の予約を取ったり処分料の支払いをしなければならなかったりすることも多いため、計画的に処分を進める必要があります。

解体して一般ごみに出して処分する

自治体によっては、細かく切断することで一般ごみとして処分できる可能性があります。

一般的に、粗大ごみは一辺が30cmを超えるごみが該当します。一般ごみとして排出する場合は、粗大ごみに該当しないサイズまで小さくしなければなりません。

サーフボードは木材やポリウレタン樹脂でできているため、電動のこぎりがあればカットできるでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者にサーフボードの回収を依頼することもできます。

不用品回収なら要らなくなったものをなんでも引き取ってくれるため、粗大ごみとして出せないサーフボードも自宅で引き渡すだけで処分することができます。大型のボードでも切断の必要はなく、運び出しから代行してもらえます。

サーフボード以外のものもまとめて処分できるので、ウェットスーツなどの関連品をまとめて処分したい場合にも便利です。

サーフボードの回収ご依頼・ご相談はこちら>>

リサイクルショップや専門店に買い取ってもらう

中古品の需要が高いサーフボードは、一般的なリサイクルショップやサーフボード専門店で買い取ってもらうことができます。

新品で買ったもののあまり使わずじまいだったサーフボードや、人気ブランドのサーフボード、初心者向けのサーフボードであれば高値での買取も期待できるでしょう。

ただし、ノーブランド品はキレイな状態でも買い取ってもらえなかったり、ほとんど値がつかない可能性があります。

フリマアプリやオークションで売却する

フリマアプリやオークションサイトでサーフボードを売却することもできます。

フリマアプリやオークションで売却する場合、自分の希望の値段で売れる可能性があります。一方で、大きなサーフボードは梱包・配送料がかなりかかるため、場合によっては売値よりも配送にかかる費用のほうが高くつくケースもあるようです。

また、出品はできてもいつ買い手がつくかの保証はないため、すぐに手放したい人には向いていない方法といえます。

サーフボードを売却する際のコツ

サーフボードとウェットスーツのイメージ写真

できることならサーフボードを捨てるよりも売りたい、と考える人は多いでしょう。

そこで最後は、サーフボードを売却するときのコツを確認します。

ブランド物は専門店に売却がおすすめ

老舗ブランドや人気ブランドのサーフボードは、価値がわかる専門スタッフのいる店のほうが高額査定を期待できます。

汚れや黄ばみがひどいものやノーブランド品の場合は値がつかないこともありますが、値段がつかないものでも回収してくれる専門店もあります。

複数のサーフボードをまとめて売却したい場合は、出張買取がある業者を利用するのがおすすめです。

状態が良く使用年数の少ないものほど高値がつきやすい

サーフボードを査定に出すときは、事前にワックスやステッカーを剥がし、汚れを落としておくようにしましょう。サーフボードを少しでもキレイな状態にしておくことで、査定の際に高値がつきやすくなります。

ただし、凹みや傷、日焼けがあると高値での売却は難しいでしょう。使用せずとも保管しているだけで経年劣化は進むため、使っていないサーフボードを売却する場合は早めの決断がおすすめです。

需要の高まる夏シーズンに買取価格が上がりやすい

夏場はサーフィン初心者の需要が高まることから、人気ブランドでなくても値がつきやすくなる傾向があります。そのため、サーフボードを売却するなら春から夏にかけてがおすすめです。

業者によってはキャンペーンを行ってシーズン前に査定・買取を強化していることも多いため、売却するタイミングをよく見極めましょう。

逆にシーズンを逃してしまった場合は、無理に売却しようとしたり翌シーズンまで保管するよりも、早めに処分してしまった方がいいかもしれません。

ウェットスーツ等とまとめて売る

サーフボードを売却する際には、ウェットスーツやゴーグルといったサーフィンに使う道具をまとめて売ると査定額が上がる可能性があります。

サーフボード同様、関連品も新しいものや状態が良いものほど高値がつきやすくなります。そのため、今後しばらくサーフィンをする予定がないという人は、一式まとめて売却してしまってサーフィンを再開するときに買い直した方が安上がりになる場合もあります。

サーフボードの処分方法まとめ

今回はサーフボードの処分方法とポイントをご紹介しました。

サーフボードを処理困難物に指定している自治体の場合、サーフボードの処分にはどうしても手間がかかります。粗大ごみに出せないため、その他の処分方法を活用するしかありません。

サーフボードは中古需要が高いため、購入間もないものであればまずは売却を検討するのがおすすめです。人気ブランドの品や新品同様の状態であれば、時期にもよりますが高額査定が期待できます

ほとんど値がつかなかったりで売却が難しい場合や数が多く処分が大変な場合、また引っ越しなどの事情で急ぎでサーフボードを処分したい場合は、不用品回収の利用が便利です。運び出しや解体も依頼できるため、手間を最小限に抑えて処分が可能です。

プリンスくん笑顔の横顔
サーフボードは大きさや素材によっては粗大ごみに出せない場合があります。お片付けプリンスではサイズ・素材問わずどんなサーフボードも即日回収可能です、お気軽にご相談ください!

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

あなたの街の優良業者が即日訪問

不用品回収・遺品整理・オフィス店舗片付けならお片付けプリンス 地域最安値挑戦中!

こんなことでお困りではありませんか?

  • 捨て方の分からない不用品がある
  • 急ぎで処分してしまいたいものがある
  • 家具を処分したいが大きすぎて運べない
  • 引越しが迫っているのに粗大ごみの処分が間に合わない
  • 大量の不用品がありどう手をつけたらいいか分からない

お片付けプリンスなら不用品・粗大ごみ処分に関するお悩みをなんでも解決!
訪問お見積り完全無料、対応地域最短即日30分で回収に伺います。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

お片付けプリンス対応エリア一覧

■関西エリア

  • 大阪府
  • 京都府
  • 奈良県
  • 兵庫県阪神間(一部地域除く)

■東京・神奈川エリア

  • 東京都
  • 神奈川県

■埼玉エリア

  • 埼玉県

■千葉エリア

  • 千葉県

■静岡エリア

  • 静岡県

■東海三県エリア

  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 三重県

※静岡県からのご依頼・ご相談は「静岡エリア」窓口にてお受けいたします。

■北海道エリア

  • 北海道

※北海道エリアの詳しい対応地域は専用窓口よりお問い合せください。

■福岡エリア

  • 福岡県

不用品の一括処分はもちろん、引越しゴミや遺品・生前整理、ゴミ屋敷清掃もお気軽にご相談ください。

不用品回収のご依頼・ご相談はこちら>>

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら
粗大ゴミの最新記事一覧

最新の投稿

不用品カテゴリー

不用品お役立ちコラム

都道府県別粗大ごみ処分情報

タグ一覧

問い合わせ急増につき、登録業者様急募!詳しくはこちら